スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月なのに春の声

日が暮れるのが早くなりましたね~。

さて先週のドライブ時に、久しぶりにこのアルバムを聞きました。

Vienna Boy's Choir : Exsultate, Jubilate
Vienna Boy's Choir : Exsultate, Jubilate

マックス様の超ストレートな高音を聴きながら、そういえば、春の声のピアノ伴奏って2人がかりじゃなかったっけ、ピアノは誰かなぁ、と気になっていました。

ライナーノートを確認すると、こちらのフィリップス版、録音は1989年10月23-26日、ピアノ伴奏にはロマン・オルトナー教授の名前がクレジットされています。
ソングブックで絶妙なピアノを聞かせてくださったあの方です。

オルトナー先生だけ?
あれ、勘違いかな?
ウィーン少の音源にはカペルマイスター2人によるピアノ伴奏バージョンがあったと思うのだけど。

あった、あった(喜)!

マックス様の歌う春の声は92年来日記念アルバムとしてリリースされた「エーデルワイス&ドレミの歌」にも収録されています。こちらでのピアノ伴奏がシュタンゲルベルガー先生&ヤーメ・ミランダー先生(カペルマイスター)。

録音日はいつかな、とライナーノートをチェックすると、春の声を除き「エーデルワイス&ドレミの歌」録音日は1991年11月11,12,14,15日Baumgartner Casino,Wien。

あれま、春の声の録音日は記述なしですよ。

てっきり上記の89年フィリップス版と同じ音源だと思っていたのですが・・・・。

ウィーン少、もといマックス様の春の声には89年バージョンと、録音年月日不明バージョンの二つが存在することになるのかなぁ。

むむ。

面白い事に、演奏時間は両方とも5分45秒。

聞き比べしよっかなぁと思いましたが、多分いまマックス様のがっつ~んと鋭い高音を聴いたら
眠れなくなりそうなのでやめときます、おやすみなさい~

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。