スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハモリ倶楽部と、

ハモリ倶楽部みました。

登場する東北の中学生君たちが初々しくて、可愛らしかったです。

彼らの登場部分はわずかでしたね。しかたない。
13日のコンサート会場に、NHKの腕章をつけられた女性と、1階席の右隅にテレビカメラの姿がありました。タケミツ・メモリアルの客席で、音響バランスがよい席である〈←私が思い込んでいる)1階席13列センターに2つの空席。通りかかってあ~モッタイナイな~と思いましたが、実はこの日の放映のための席だったんですね。

もう少し、歌っているところをしっかりと見たかったですが、インタビューがあったからま、いっかと思うことにしました。
収録が行われたのは、ホテルのバンケットか、レストランの個室でしょうか?
シンタロウ君、ヤコブ君、トーマス〈大)君、そして先生、私服で登場です。
2006年のドイツ語講座でのインタビューでは制服姿でしたよね。

内容はうろ覚えです。
彼らが、コンサート・ツアーで取り上げる日本のポップスにいくつか候補があるとか、手紙は団員さんたちにも好評だったとか。〈昨年の千の風は、どうだったんんだろう~)
未来の自分に手紙を書くということが、とても新鮮に感じたとか。
そっか。
ジャスト・エイジの世代はあの歌を歌ったり、歌詞の意味を考えたりするときには、どきどきしながら自分の未来を想像するんですね。いっぽう、手紙を受け取る世代に属する方は、はるか記憶の彼方になった15歳の頃を想いながら聴くのかな。
実は、あの曲の結び~拝啓、この手紙、読んでいるあなたが幸せな事を願います~はどっちからのメッセージなんだろうかと、曲を聴くたびに思っておりました。
15歳の僕からなのか、手紙を読んだ大人になった僕なのか、はたまたアンジェラさん自身からのメッセージなのか・・どうでしょう?

また、手紙はシンタロウ君が日本に帰省しているときに耳にして とても気に入ったとか・・。
実際には日本語の発音では、特に『ばらばら』という箇所が難しかったとか。
そういえば、コンサートでもあの箇所のみ、アクセントがついていたように思います。
そんなに強調しなくても、と思って聴いていましたが、実は発音が難しかったんですね。

トーマス君12歳のテロップ以上に、ハモリ隊の女子が、私は15歳なんですけど、と言ったときにはお姉さんびっくりですわぁ~。

さっき、録画しておいたハズの番組を再チェックしようとしたところ、なんと。
またも録画ミスに気づきテンション
諦め悪く、再放送ないかな~とNHKのページをふらふらしていたところでこんなページを発見。
Nコンアーカイブ
昭和30年代から、現在までのNコン歴代の課題曲と、最優秀学校の演奏アーカイブが聴けますよ。
小学校4年から6年と、中学2年間、合唱にどっぷりハマっていた私には懐かしい曲がいっぱい。
え、どの曲・・?それは、ヒ・ミ・ツ。






コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<04 | 2017/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。