スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月6日ウィーン少Bプロ@サントリーホール

5月が去っていく前に(その2)

2日続けての六本木通い。

ホールに到着して、客席に向かう途中のこと。
1階席入口の水飲み場にリアルファン友の姿を見かけました。
若い男の子と立ち話中。
どなたかしら・・ってお顔を拝見すると、かつて舞台の上で歌っていたメンバーではないですか。

休憩時間。
ロビー中央で、若い男の子が2名「お~久しぶり~」って挨拶している声が聴こえてきました。 お、いい声してるわね、合唱男子学生ちゃんかしら、なんて、声のほうをちらと見ると・・まあ、こちらもかつて舞台の上にいたメンバーではありませんか。

微笑ましい風景に遭遇した1日でした。

前置きが長くなりましたが・・

いろいろな感想を拝見すると今年はBプロの評判がとても良いです。
個人的にプログラム選曲的がA<Bでしたので、なんでかしらと気になってたので聴いてみて納得しました。

デュモンのSalve Reginaを歌いながら入場。
古い時代の歌なので単旋律なんですね。
拍手が邪魔でしたけど、ユニゾンの美しさにぞわっときましたよ。

クープラン、モンテヴェルディ、とてもきれいで満足。
ボーイズ3-5声って日本ではウィーン少でしか聴けない構成、そして今の彼らの歌声には中世の歌が映えます。

ペルゴレージのStabat Materは2声で合唱スタイル。
ウィーン少のペルゴレージ スタバートマーテルの録音は30年代(奇跡の録音リマスタリングと個人的に思ってます)しかないはず。
装飾音符をアルトパート全員がこなしているのには驚いた。
ソプラノ後列トップにいるフロリアン少年とルーカス少年のソロデュエットは情感あって良かったですし、ラストのアーメンコーラスの迫力にはびっくり。
こちらの曲は ボーイソプラノ&カウンターテノールあるいは ボーイソプラノ&ボーイアルトのソロデュエット+古楽アンサンブルだけじゃなくて、ボーイズ2声合唱スタイル+ときどきソロ+ピアノ伴奏というのも十分アリだなあと感服しました。

ヴェルディ 聖母マリアの讃歌は迫力満点。
4声のハーモニーが力強くサントリーに響きました。
今年のコアの音色、とても面白いです。

楽しみだったブリテン金曜の午後。
ピアノはルーカス少年。
グラムフォン93年録音のピアノが合唱を圧倒しがちだったがっちり系ガブリーロフさんのイメージだったので、合唱と調和のよい(音楽の方向性が同じって意味で)ルーカス少年のピアノのほうがいいなあ~なんて思いながら聴きました。


サウンドオブミュージックメドレーはお楽しみ満載。
ドレミの歌はルーカス少年がソロを歌いながら合唱する皆さんを指揮する・・確かに映画のワンシーンのよう。
平明なはなしことばが歌、立体的なハーモニーになっていくのをわくわくして聴きました。
エーデルワイスはタミーノ少年がギター片手に舞台端に腰かけてソロを歌いました。
まあ、なんてステキ。

ビリージョエルのウィーンはフローリアン少年のソロ、昨年の隠し玉アンコールだったロンゲストタイムは全員参加(先生退場してました)のアカペラ・ミュージカル仕様となっておりました。
舞台の上で全員が動きながら歌う姿に・・え~とセントジョンズの皆様が一人一声×人数分の超複雑な現代曲を舞台の上を思索する哲学者的に動きながら披露したときの衝撃に近いものがありました。

オペレッタ復活を望む気持ちがありながら、ボーイソプラノの声量と2000人収容のコンサートホールではマイク越しじゃないと音響的にきびちいかな~と思ってあきらめております。
しかあし、現地で新しく付属劇場が完成してからは音楽劇に取り組んでおられるようですので、もしかしたら今後オペレッタまではいかなくても音楽劇(らしきもの)復活は期待できるかも~・・できればヘンゼルとグレーテル(72年版)がいいなあ~と妄想期待はふくらむばかり。

第2部
流浪の民 昨日のAプロで、感じたことが確信になりました。
今年のコア伝統曲もさっくりと巧い。
安心してきけます。
イスラエルの歌はしっとり。
コンドルは飛んでいく、タミーノ少年のソロでしみじみ。
シェナンドーは合唱、こちらは、やっぱり93年のAround the worldのたおやかなソプラノメロディーが浮かんできます。
アレンジは違ったかな。
インドの曲はノリノリ・・あれ、記憶が飛んでる。

花は咲く、今回もピアノの情感にもうるっときました。

春の声、どうくる?とドキドキワクワクでした。
ワタシの中ではボーイソプラノ版春の声=マックス様でしたが、合唱+ソロデュエットスタイルの今年のバージョンは楽しめました。
ショートカットヴァージョンだったので安心しましたよ。

こちらの曲、その昔オケで初見大会のヴァイオリンパートを弾いたことがあります。
上がるの、え、また下がるの、どっちなのよ~八分音符のうねうねした音型のむずかしさに翻弄されたイタイ記憶が・・。
皆様が歌詞をつけてきっちりと歌いこなしているのにはびっくり。
ヴィンセント&ジーノ少年の突き抜けるようなソロパートもスパイスとなっていて楽しかった。

シュトラウスメドレーはさっくり、だったかな。
先生のピアノが煽ってテンポアップしても、かるがると歌いこなす皆様。


勢いありすぎて、元気良すぎて時折出だしがビミョウにずれたり、ときおりフレーズがでこぼこしたりすることもあるけど、コンサートプログラム伝統曲を拍子抜けするぐらいあっさりとかるがる歌いこなしている今年のコア、このあとのコンサートが楽しみになってまいりました。

コンサート終了後のファンサービス

RIMG1006.jpgRIMG1003.jpgRIMG1000.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。