スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月16日ウィーン少Aプロ@オペラシティ

満席御礼寸前の客席と舞台のうえのベーゼンドルファー。
今年の最終公演が始まります。
昨日の公演で、ハーモニーにツアーはじめの頃にはなかった艶がでてきたなあと漠然と感じていましたが、今日それが確信に変わりました。(何書いてんだか)

ガウダーテは看板ソリストコンビ Michi&アッシャー組。
合唱ももたつくことなくよくまとまりさっそうとした雰囲気。
なんだか良いコンサートになる予感が。
ラストのMichi少年の装飾音符の入ったオブリガートソロがびしっと決まってました。

ガルス Pueri Conciniteはレガート・テヌート系でしっとり。う~ん、なんていうんでしょう、水の質感。
指揮者が違うと音楽って全くかわるんですねえ。

モーツアルトのカンタータもつややかで滑らかな演奏でした。
聴いた感じではところどころ3声? 前半途中のソプラノ2の内声部が印象に残り、帰宅途中そのあたりのフレーズが頭の中でリピートしてました。

白状します。
M.ハイドンのアニマノストラのKim先生が弾くピアノの前奏部分(プログラム曲の中で最も長い前奏)でワタシ、心をわしづかみにされました。ウィーン少のコンサートで初めての体験です。
同じ曲を取り上げた2009年の編曲名人だったカぺルマイスターさんが、今日は大丈夫かと毎回ひやひやしていたのとくらべると大違い。
私が聴いた中では、ベーゼンドルファーをあんなに綺麗に鳴らしたのは歴代カぺルマイスターのなかで先生が初めて。柔らかいタッチと流麗なピアノの響きがぴったりでした。
Michi,アッシャー、マサヤ少年たちのソロアンサンブルも合唱も見事に決まりお見事でした。

メンデルスゾーンのludate Pueriも慎ましく華やかに。
ボーイソプラノとアルトが醸し出す雰囲気でじんわりと沁みる演奏でした。
メンデルスゾーンはご本家トマーナか英語歌詞だったら英国聖歌隊がマイベストなんですけど、ウィーン少の歌うメンデルスゾーンも優美でいいですね~。

ヴィルト先生日本初演の曲紹介はマリオ君。
今日は完璧にこなしました。

今年もコンサート中の曲目紹介は団員さんが担当していて、いろんな意味で客席を沸かせてました。
何気に日本語MCが一番上手だったのはアルトセンターで、クールに歌っていたイヴァン少年。

曲は エヴァン・先生の楽譜&カンペメモ撤収担当少年・Michi、カルロ少年たちのソロアンサンブルが登場しますが、Agnus daiではじまり、Dona nobis pacemで終わるボーイズ4声にしてはとても骨太な曲。
Michi少年のソロが映えてました。
Tomorrow shall be my dancing dayはアッシャー少年のソロがマッチするチャーミングな曲。
ぐぐったら11番まで歌詞があるそうです。(!)
アッシャー少年はソロ以外のときはソプラノ2を歌うので、そのぶんソロフレーズが目立ちます。
歌詞の♪My love, My loveにどぎまぎしちゃう不届きものはきっとワタシだけですね。

ローレライは歌い出しの♪Ich weiss nicht was soll es bedeuten~のフレーズは爽やかでしたがその後、気温30度、湿度60%、真夏のまったりしすぎたライン川的な雰囲気(いったことないです)。

セルビア民謡は、5月に聴いたときはわりとさっぱりで、昨年のほうがいいかなあなんて思ってましたが、最終公演では粘っこく泥臭い(良い意味で)雰囲気に変わっていました。
アコーデイオン担当のミハイル少年は先生の指揮をがん見。
昨日のように客席に向かってにっこりという雰囲気はなかったです。
先生とピアノを連弾するカルロ少年は目の前を指揮する先生の腕がぶんぶんしていても、まったく動揺せずクールに弾いていて、曲の雰囲気が変わる箇所ではしっかり先生の横顔をみて確認してました。

伝統曲と世界の歌で聴かせる音楽の表情の豊かさを楽しみました。

そうそう。
この日になって Michi少年がソプラノ前列センターにいる理由がわかりました。
ウィーン少の舞台配置は、基本型は先生の左側にソプラノ、右側にアルト。今年は1列目がソプラノ1、2列目がソプラノ2という配置ではなく、成人合唱団と同じ配置だったんだと最終日に気づいた次第です。

え~このまま後半に突入したいところですが、FC2が重くて入力に時間がかかるため、残りは後日。




エヴァン少年が2階P席に登場し、トランペットのバンダではじまる第2部。
軽騎兵序曲とか前書きましたが、ウィリアムテル序曲のいちばん盛り上がるところでした・・
1部でさんざん歌って、ソロアンサンブルもこなして、あの♪てててっつを完璧に吹きこなすのは難しいですよ。(たぶん)
ワンダフルデイはワタシにとっては2006年以降のウィーン少を代表する1曲。
まさに現在の彼らの歌声にマッチしている明るくて楽しいです。
曲のつくりもミュージカルって感じに転調を繰り返したりして飽きないです。

ライオンキングからの愛を感じてはアッシャー少年のソロ、アッシャー少年の声と歌の雰囲気がぴったりでした。

花は咲くも聴きおさめ。
先生が手首をしゃっと返す仕草で、列を崩さず舞台そでに向かいガーベラを受け取る。そのまま再び舞台に1列のまま戻って、きれいに並ぶお行儀のよさは今年のコアの特徴でした。
今までのコアだったら、ばらけて袖に向かい、ばらけて再整列、しかも立ち位置忘れちゃうなんて風になりそうな気がするんですけど・・
CD音源よりテンポを少し早めた演奏だったと気づきました。
ソプラノユニゾンが長く、途中からメゾが彩りを添え、アルトパートの参加は後半から。
歌詞の♪愛おしい~の和声でほろり。
震災で生き残った人は体験したこと話をすることできるけど、亡くなられた人々の思いは聞くことができない。という岩井監督の言葉を読み(今更)、この歌の世界を納得したわけです。

ふるさとでは隊列センターのユウ&ラファエル年少さんぴいんとした声がきれいに聴こえてまいりました。
伸び盛りなんですね。

民謡では8名のダンサーズとミハイル少年のアコーディオン。
ミハイル少年は手元を見ずに 先生のアッチェレランドの指示にもしっかりついていきました。
ダンスの様子をみていて、フリのせいもあって、皆様国技館で大相撲見学できたのかしらなあんて思ってしまいました。客席大うけです。

ウィーンわが夢の町はロマンチックに。
ニコライ少年のヴァイオリンとMichi少年のソロ。リアルファン友に貸してもらった59年いつか来た道を、みたばかりだったので、なんかどこかでみた風景だなあと。

♪ちゃ、ちゃかちゃかちゃっちゃ、×2、ちゃちゃちゃちゃちちゃん がっこおおおおん・・・以上。
シュトラウス作品はさらさらっと。
そうえばなんかの曲で手足のながあーい兄さんと姉さんがくるくると回りながら舞台を横切ってました。

アンコールは先生の掛け声の入ったホジャホー、をはじめ3曲。
いろんな方も指摘されていますが、アカペラFor the Longest timeでのマサヤ君のソロには驚いた。歌い方がファルセットというかカウンターテナー風になっていてソプラノ1はきつくてもソプラノ2くらいの音域が軽々。しかも声量がたっぷり。
4年前はソプラノの端っこで歌っていたのに、あらまあ とびっくり。

大きな拍手と大歓声(大盛り上がりでした)のなか、大きな紙を持って舞台に再登場。整列して 大きな画用紙をくるっと表に反し「また、お会いしましょう」のメッセージが完成しました。客席に紙テープを投げ込み今年のツアーは終了。
ステージに近い席だったこともあり、ひらがなが書かれた紙の裏には「oben」 と小さな文字が記されているのが見えてしまいましたww

新たなファンを獲得し、今年のツアーは終了。
Kim先生、モーコアの皆様お疲れさまでした。


終演後、ホワイエでのファンサービスは最終公演ともあって前日よりさらに凄いことに。
お立ち台を十重二十重(は大げさ)に囲んでおしくらまんじゅう状態でした。
シン様ありがとうございました。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

詳細な報告を有難うございます。
何度も読み返し、その場面を想像しました。
キム先生の成功した指導の結果が伝わって来る記事です。
昔のウィ―ン少年合唱団を懐かしく思い浮かべました。
オペレッタが無くなった代わりにユニークな催しが加わっているのですね。ウィ―ン少年合唱団のコンサートとはもうずいぶんと離れていましたので今回の演奏会の記事等をいろいろなサイトで読んでみて、この舞台の変化には興味をそそられました。
次の記事を楽しみにしております。

Re: No title

ponko様、日本では2014年コンサートチケットの前売りがはじまる季節になってしまいました。
すっかり返信が遅くなりましたがコメントありがとうございました。
今年もコンサートを聴きに行く予定ですのでよろしくお願い致します。
ponko様のブログ、楽しく拝読させていただいております。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。