スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50 Jahre Wiener Sängerknaben

ハイドンやモーツアルトの宗教曲はウィーン少+コルスヴィエネンシスの布陣で聴くと落ち着きますねえ。
最近こちらを聴いています。

50 Jahre WSK

元祖(何が?)ウィーン少年合唱団とコルスヴィエネンシス、1975年発売のアルバムです。
収録曲は

J.Haydn Tedeum Hob.XXIIIc:2
W.A Mozart  Vesperae solennes de confessore  K.339
I.Dixit 
II.Confitebor 
III. Beatus vir 
IV.Laudate pueri 
V.Laudate Dominum 
VI. Magnificat

演奏は ウィーン少年合唱団、コルスヴィエネンシス、Wiener Kammerorchestra 、指揮はギレスベルガー先生、ソロはソプラノ・アルトがウィーン少年合唱団員、テノールがK.Equiluz,バスがE.Jankowitsch。

ええ、そうなんです、声楽陣が全員新旧取り混ぜたウィーン少年合唱団員というゴージャスさ。

こちらのアルバムはRCAレーベルからリリースされ、国内でも販売されていました。
78年日本公演パンフレットには最新録音と紹介されています。

くどいようですけど、CDの話じゃないですよ。
40年近く前の レコードですレコード

発売されてから40年近く経過してはいても、検索すると入手しやすいアルバムの1つです。
聴き倒されて(これはこれでいいことなんだけど)ノイズ聴いてんだか音楽聴いているんだかわからないようなレコードではなくて、きれいな音盤に遭遇できる可能性が高いアルバムです。
ということは、あまり売れなかったのかなあ

第1次世界大戦後  解散の憂き目にあってしまった宮廷付属聖歌隊からウィーン少年合唱団として再スタートをきったのが1924年。それから50年、世界的に有名な合唱団となるまでには、さらなる第二次世界大戦、戦後の窮乏など 社会情勢のあおりをくらいまくった時代を乗り越える激動の半世紀だったようです。
アルバムがプレスされた1975年当時であれば 少年合唱団の再スタート時からシュニット神父とともに苦労をともにされた方々も存命されていていたでしょうし、ちょうどこの年はシュニット神父没後20年にあたるメモリアルイヤーでもあったのですね。

アルバムに関していうと、残念なのが録音時期が不明ということ。
ジャスト1974年なのかそれ以前の録音をレコード企画にしたのか謎めいてます。
1974年の記念行事事業の一環で録音されたていたら、アルバムに記載がありそうなんですけどねえ。
いろいろ話がちこちに飛びましたが。

ハイドンのテ・デウムとあわせて実によい演奏だと思います。
何が良いかというと、ギレスベルガー先生指揮のもと、オケの音色とコーラスワークの一体感が素晴らしい。
音ひとつひとつに独特の、ウィーンの団体にしか醸し出せない雰囲気があるのです。
なんていうのかな、聴いていると音楽に残り香みたいのがあって(音に匂いはありませんが)、音符やフレーズの余韻がとても心地よいです。
最近の演奏スタイルではあまり耳にしなくなったなあ、なんて思います。

ハイドンのテ・デウムは、マリア・テレジアのためのテ・デウム Hob.XXIIIc:2のほうです。
聴いていると漠然とちからが湧いてくるような作品。ギレスベルガー先生監督のもと、一糸乱れぬということばがぴったりの合唱がこれまた素晴らしいです。

あれ?この曲のみCDになっているようです。

Requiem (Classical Nav
W.A. Mozart
B000025LG3


なんでだ?
しかも録音1976年になってるし・・。

ついでに スカパープレミアム番組のクラシカジャパンで昨年12月現地で行われたMuThのオープニングガラコンサートの模様が来月放映予定となっていて、そのプログラムに登場していますよ。
MuThオープニングガラコンサート放映


テ・デウムが朝課の音楽なら、晩課の音楽としてモーツアルトのK339が登場です。
339は2006年シュテファンドームでのモーツアルトお誕生記念コンサートで演奏されていましたね。
これより古いオケ付き録音は1950年代 Jankowitsch先生が少年時代のソロにまでさかのぼらないと音源ないです。
しかも、あれはLuadate dominumだけだし。
339全曲をフルオケで聴けるのは唯一このアルバムだけです。

合唱の切れ味とオケのグルーブ感がたまらないDixit かっこいい旋律のオンパレードであるConfitebor、華やかなBeatus vir 。力強いLaudate pueri この曲のあとに339の看板曲Laudate Dominumが登場。
柔らかい音色のヴァイオリンの旋律に絡むファゴットがいいですねえ。
ゆったりとした前奏のあとに登場するソプラノソリスト君、冒頭のフレーズがブレスでぷちっと切れちゃいますが、そのあとのたっぷりと抒情的に歌ってます。曲の折り返し地点でソプラノソロの後合唱がすっとはいって、豊かな4声に展開するところは何度聞いてもいいです。
終曲Magnificat は晴れ晴れとしてます。

全体を通して合唱も肌理が細かく、表情豊かだし K.Equiluz先生とE.Jankowitsch先生の声は朗々としていて聴いていてうっとり。もちろん団員さんが担当のソプラノソロはよく伸びる声で堂々としてるしアルトソロも立派。各曲に登場する短いフレーズのソロアンサンブルも息がぴったりです。

CD化されていないんなら自分でやるしかないとLP→MD→PC経由でデジタル化に成功しました。
そこからPC上でトラック別に分け→MP3に変換という作業を経て、iPhoneに入れて聴いてます。

ふふっ アルバムアートワークだって完璧♡

こんな感じ


あ、曲順おかしいのがばればれだ(笑)


コメント

No title

hiromian様
この記事を読んでいると、聞いてもいない音楽を聞いているような錯覚を覚えます。梅干を想像してつばが出て来るような・・・へへ。
この表現力は才能ですね。
私も、こんな風に聞いた曲を表現できたら楽しいだろうなァ・
私は合唱曲をただ黙って聴いているだけです。
自分の感覚が、これは合わない、この音が少し調子外れだ、メロディーが狂ってる・・となんだかんだ文句を付けて来て、かなり多くの曲をボイコットしています。
YOUTUBEでも、最近の曲がかなりアップロードされていますが、最初の20秒で切ってしまうものがたくさんあります。
なんだか、64年時代までに舌が奢ってしまったような気がしています。ですから、このサイトで良い曲に出会ってとても嬉しかったですよ。64年以降でも素晴らしいソリストがたくさんでていますね
レコードからiphoneですか。若い方の利点ですね。私はPCの使い方もまだよくわからんのですよ。とほほ・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<08 | 2017/09 | 10>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。