スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月19日 Aプロ@オリンパスホール八王子

たいがい土曜日の午後は家で行き倒れているか、勤務先に顔をだしているかのどちらか。
都心から郊外に向かう電車の中でのーんびりした土曜日の昼下がりを満喫してました。

八王子公演聴いて参りました。
日頃オリンパスにはお世話になっているものですから・・。

駅に近い複合型ビル4階にある白とベンゲを基調とした内装がおされなホールでした。

まだ若いホールになるのかな。
舞台上にはぴかぴかのスタインウェイ。

お客さんの入りは7割5分くらい。
ワタシの周囲はアンバーではなくアーバンな雰囲気・・・

さて名古屋、富山、長岡、大阪公演などを経て2週間ぶりの東京公演。
舞台に登場したのはアルト9名あれ、一人足らない、あれ、ソプラノ16人一人多い、と思ったらアンドレス君がソプラノ後列に移動してました。
曲によってはソプラノ2列とアルト1列の間を黙々と移動している。
前半イヴァン君が譜面入りのファイルを持っていた以外、全員譜面なし。

ヴィヴァルディは軽やかに始まり、ラウダムステはマティアス君とパウル君のコンビ。
この組み合わせワタシ大好きです。
ガルスは最大4部に分かれるている模様。アルト後列の低音、深みがあって、はっとさせられます。
頭数の少ないパートはカスパー&パウル君、この二人の声量がこれまた半端ない。
シューベルトNachthelle D892 はイヴァン君のソプラノが絶好調。
ソロだけじゃなく、合唱も表情豊かだし先生のピアノもいい雰囲気です。
何度聴いてもゾクゾクするです。

プログラムはA,クラトホヴィル作品がが銅鑼付きのカルミナ・ブラーナに変更となっていました。
あわわ、なんて残念な。
なんとなく、2010年のパレストリーナを髣髴させます。
すごく合唱の映える曲なんだけどなぁ。
おお運命の女神よ はダイナミクスが見事です。

民謡では手拍子マスターのマティアス君とパウル君が舞台前に出てくるのですけど、客席乗ってくれず、パウル君不思議そうな顔をしていました。

日本語の曲名紹介がクリアになってきていました。
関東初日の「たぶんきっとこれは日本語のようだけど、何言ってるかわかんなぁい、でもかあいいわぁ むふふ」というお姉さま方の反応はどこも同じ。

ハンガリー万歳、タイマー先生のアレンジで伝統の1曲ですね。Heyの掛け声に毎回びくっとしてます。

ドナウ川音楽紀行シリーズ、耳が馴れてくるとさらに楽しいです。

アルト後列が一塊になった低音パートでハーモニーがぐっとしまります。
フローリアン君、シモン君、ウラデイスラフ君、エンリコ君たちの落ち着きはいいです。

虹の彼方にはアレンジいじりすぎて、どこに行く~と心配していたのが嘘のようにすっきりとまとまって魅力的になっていました。
なんだか安心しました。

上を向いて歩こう、歌詞にちりばめられた季節がやっぱり迷走しますが、全員でスナップフィンガーとなっていました。マクシミリアンH君、ノリノリ。
アルトが旋律を歌い、ソプラノがオブリガートをつけるところが好きです。
客席が和やかになるので、もっと好きです。
見上げてごらん夜の星をは、まさしくあの時代に青春をおくって おられたワタシの周囲の方々がじいんと聴いている雰囲気・・。

アンコールはチロルの民族衣装に着替えたマクシミリアンG、マティアス、ダーヴィッド、カスパー、ケンシ君のダンス登場。客席のぶふふふ最高潮。
律義者のカスパー君、歌いながらダンスしてました。


前の公演から中5日目の登板ちがったコンサート、11公演中9公演目のAプロとなると、いい意味での落ち着きがでているコンサートでした。
譜面ファイルがなくなって、豪快にくるのかなと思いきや若干おとなしく、こじんまりとした印象。
珍しく歌いだしのズレ、ひやっとするような箇所があり、あれ、どうしたのかな~と気になってしまいました。

ワタシの席が舞台に近かったからかなぁ。

アンコール3曲目は先生の指示なしにマクシミリアンG君を先頭にソプラノ前列がすたすたと袖にむかったと思いきや、全員で舞台前方にでてきて1列になり曲が始まりました。
にぎやかな歓声のなかコンサート終了。





コンサート終了後、ホワイエに登場。

RIMG0657.jpg



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。