スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山にむかいて目を上げよ 

F.メンデルスゾーン作オラトリオ「エリア」、第28曲「山にむかいて目を上げよ」が突如聴きたくなりました。
第2幕の初めのほうで歌われる3天使の歌、コンサートでは(舞台形式でした)2006年サイトウキネンで聴きました。
会場にすっと一陣の風が吹いたかと思うような涼しげなテルツェットだったと記憶しています。

エリアの初演は1846年8月英国だったそうです。(wikiのうけうり)。
いくつかの改訂を経て本国で演奏されたのが翌年10月。
そしてメンデルスゾーンが没したのは翌月です。

まずはドイツ語歌詞、ゆったりめのテンポで歌われるこども3天使のハーモニー。
わずか39小節の世界。



1982年録音か放映のテルツの動画。
3天使の画面向かって左端のメンバーは、もしかしてバイエルンの天使たちのモデルになった少年ではないでしょうか?

ソプラノの高貴な歌声と丁寧な歌は味わい深い。さりげないアルトの深みもはっとさせられますね。


実はこちらの動画、聴いているとあれ、というようなテルツのカンマーコア(推定)らしからぬ実にかわいらしいミスらしき箇所が1つだけあるのです。

いや、もしかしたら、動画の持ち主さんがリピしまくってもとのテープが傷んでしまっただけかもしれません。

譜面をチェックしてみると、左端君は基本的に第1ソプラノのようですが、とちゅうで第2ソプラノの旋律を歌ったりと、第1ソプラノと第2ソプラノの旋律が実はちゃんぽん状態。
すごいことしています、テルツの皆さま。

左端君の声にツボって動画をリピートしまくっていて気付きました。
「姉さん事件です」的なあと、左端君は何事もなかったように第2ソプラノの旋律を歌い、また第1ソプラノの旋律にもどっているような気がします。
なんてすごいんだ左端君(暑さのせいでもうろう、はんぱなく妄想↑↑です)
たしかバイエルンの・・の作者の方は左端君の声はコンサート向けの声で、あまり録音に残っていないなんて記載されておりました。


続いては英語歌詞バージョン。
トリニティー少年合唱団の演奏です。
http://www.youtube.com/watch?v=8EUtcq7M1qY

ドイツ語・英語どちらの歌詞できいても、いい曲ですねぇ。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。