スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリップ・ジャルスキー&アンサンブル・アルタセルセ@7月23日紀尾井ホールを聴いてまいりました。

海外演奏家の公演が立て続けにキャンセルになったり、キャストが変更になったり・・となると、コンサートのお知らせがあっても、実際に来てくださるのかしらと、すっかり開催を危ぶむ癖がついてしまいました。
そんな状態でしたので、サモンさんからのお知らせメールが無かったらマジで逃すところでした。

フィリップ・ジャルスキーの3度目の来日公演。

チケット争奪にしっかり乗り遅れながらも、土曜日のコンサートを楽しんでまいりました。

ツアー初日の会場、こぢんまりとしたホールの客席は7-8割方は埋まっていました。
外国の方が多く、またフジコ・ヘミングさんのお姿も。
偶然、ホール前でタクシーから降りられたところを拝見しましたが、独特のオーラがありますねぇ。
オトナ感いっぱい、ちょいセレブな雰囲気漂う初日でした。


以下音楽性皆無の感想。

当日は例年の夏にしては涼しかったのだけど、基本的には亜熱帯ジャパン、湿度の高い盛夏のコンサートとなるとデリケートなガット弦張った弦楽器のチューニングは大変なんだろうなあ・・なんてことを思わせる感もありましたが、第1部の宗教曲は硬いながらも、ジャルスキーさんの声は華やか・あでやか。
神様大喜び、ワタシも大喜びです。
透明度がたかく、輪郭のすっきりした声で聴くヴィヴァルディは面白かったです。

一部のトリを務めるのがNisi Dominus、大好きな曲になりました。

生で聴く歌のあまりの見事さに圧倒されたのか、モテットからフライング拍手とブラボーの連続でした。
フライング拍手は 音楽を聴く楽しみでは重要な要素である、楽曲と楽曲の間やホールに消えていく音の余韻を楽しみたい方には無粋極まりなかったでしょう。
ホールを包み込むような歌声の美しさ・迫力・技巧に驚かれた方にとって、おお、これは凄いとつい拍手しちゃった、ブラボーって言っちゃったとなると、まあこれもライブ(コンサート)の楽しみ方かなのかなと。
「コンサートっちゅうのは一期一会」学生時代のオケで指揮をしてくださっていたかわいしょうちゃんセンセの言葉を思い返してしまいました。

ワタシはモテットが終わってもお隣の外国の男性が拍手しなかったので、あ、そうか宗教曲は拍手お控えくださいまたは禁止だったっけと混乱してしまってました。

クラシック音楽の聴き方は難しい。


第2部の世俗曲はジャルスキーさんの魅力たっぷり。
歌詞とかわからなくても、歌の世界にひきこまれました。
勇壮な青年になったり、恋い焦がれる若者だったり。
音楽の表情がはっきりしていて、うっとり。

ヴィヴァルディの豊饒な音楽を奏でるアンサンブル・アルタセルセとジャルスキーさんの歌の世界はとりわけ弱音が美しくて凄く素敵、とても贅沢な気分になりました。

2部の目玉(?)唯一の器楽曲グロッソ・ダモールのヴァイオリンソロは楽しかったぁ。
技巧もお見事でしたけど、どう?楽しいかい?っていうような遊び心がたっぷりの演奏の連続で、席の後ろのヴィヴァルディ大好き西洋人兄さん(推定)の「うふっ♡」という反応に ワタシにはヴィヴァルディが舞台の上でスキップしているのが見えましたよ。


さて、ジャルスキーさん。
細身の体躯でブラックスーツにグレーのシャツがこれまたオサレ。
2部では遠目でも白のシャツ(間違ってもワイシャツじゃあない)にお着替えしてました。
舞台に立つその姿は、足長いし(ルパン三世のようだ)、顔ちっさ。
歌うときはジャケットの前を開けたままだったのでコロラチューラでの激しい呼吸筋の運動に目が釘付け。しかし舞台から退出するときには片手でジャケットのボタンをささっとかけていました。

あら、マックス様と逆だわ・・なんてどうでもいいですよね。

アンコール2曲でコンサート終了。

終演後のサイン会、長い行列にしっかり並び、サインいただきました。
会場で手に入れられたCDにサインをいただく皆さまに混じり、「これに、ゴールドのマーカーでサインください」とご本人の前に出したのはとある家電。
差し出された家電にびっくりなさいながらも、器用にappleマークを避けてサインしてくださりました。

ジャルスキーさんとアルタセルセのみなさま、ありがとうございました。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。