スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eustache Du Caurroy Requiem Mass and Motetsを聴きました

Eustache Du Caurroy: Requiem M
Choir of New College Oxford
B00006LIUJ


少年合唱ジャンルに足を踏み入れて知ったのは、ルネサンスやバロック時代の宗教曲&海外通販の楽しみ。
同じ神様に捧げられる典礼の音楽であっても、実は時代・地域で微妙な違いがあってその多種多様さはとても新鮮です。確実に音楽史を逆行中、いきつく先はどこか・・若干不安。
え~通販に関しては海外から届く荷物にドキドキ。カラフルな切手にわくわく。
最近ではニューカレッジから届いたCDの梱包を開ける瞬間、鼻を突っ込んでイギリスの空気を深呼吸しました。・・・ちょこっと賢くなれました。

そういえばニューカレッジを聴いていないなぁ、と聴いていないCDコーナーからひっぱりだしたのがこちら。
じつのところタイトルのレクイエムはちょっと、と躊躇しました。
で、聴いてみて旋律の美しさとハーモニーの見事さにあっけなくハマリました。
アルバムタイトルのMissa pro defunctisだけでなく短い宗教曲がこれまた聴きどころ満載。


さてEustache Du Caurroy、(ウスタシュ・デュ・コーロワ)フランスの後期ルネサンス時代の作曲家さん。フランス王室とゆかりがあり、まずは王室専用の聖歌隊員から音楽家のキャリアをスタートさせ、その後音楽家としてリーダー的存在になって当時のヨーロッパ業界では有名だったらしい・・演奏機会も少ないうえに、楽譜もかなり散逸してしまっているとのこと。

後期ルネサンスのポリフォニーをヒギンズボトム先生率いるニューカレッジが1996年9月に録音。
CRDレーベルのリリースは2002年。

残響豊かな録音で繊細なハーモニーが映えます。
カレッジのチャペルではなくて、フランスの教会で録音。
収録曲は

Veni sancte spiritus
Missa pro defunctis
Benedicanus Domino
Ave Maria
Ave virgo gloriosa
Salve Regina
Christe,qui lux es
Victimae Paschali

7曲から構成されるMissa pro defunctisはアンリ4世の葬儀で演奏されて以来長いことフランス王室の葬儀で演奏されていた音楽。
クラッシィな音楽をおそらく往時のスタイルで再現した格調高い演奏、おりなすハーモニーの美しくはかないこと。
ヒギンズボトム先生にしか生み出せない音色がまたいいのですよ。
兄さんたちの歌声のみのTrack13、14、15を除いてニューカレッジのトレブルパートが大人っぽく涼しげな声です。
トレブルパートがいなくても、ゆらゆらとしたハーモニーは甘やかで抜群に心地いいです。

最近の録音をきくとニューカレッジのトレブルパートはテルツ化した?と思うような声になっていてえらく驚きましたが、もしかしたら往時のトレブルパートの歌声ってこんな感じだったのかもと、思うようにしています。

ニューカレッジの90年代初期から中期の声って垢ぬけていて好きだなぁ。

粛々とポリフォニーが展開していく様はしっとりと心に響いてきます。
旋律がとても優美でふわっと漂うその様はスーパークールビズ。
アヴェマリアは聴いていると過ぎてゆく時間を忘れてしまいそうです。
たおやかなハーモニーの美しさはこの世のものとは思えません。

アルバムラストがこちら


その昔ヒーリングミュージックとしてグレゴリオ聖歌がずいぶんとはやったことがございました。うら若き乙女だったワタシもはやりに便乗してCDを購入し 真っ暗な部屋の中で再生したんですけど、おばけがでそう~と怖いよう、どこがヒーリングじゃ状態でした。

もし当時このアルバムを聴いていたらなぁなんて思ってしまいました。
まさか自分がルネサンス後期のポリフォニーにはまるなんて想像もつかなかった、です。






コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。