スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・ボエーム@6月19日NHkホール

去年の夏の盛り、上野で聴いたラ・ボエーム。
ことしは日曜日の夜、NHKホール。

震災と原発事故で、指揮者、キャストの交替。

さて、METのラ・ボエーム。

甘美で抒情的な音楽にのせて語られる、夢見るお気楽な日々、記憶のなかの人物。
遠い追憶の物語に登場する若くてはつらつとした人々のほとんどはおそらくすでにこの世にもういない。

すべてはすぎさった遠い過去のもの・・・なんですかねぇ。


ミミを演じるフリットリさんの輝く透明感ある声は、大勢のアンサンブルの中にあっても必ず、すうっと聴こえてくるし、はっとするようなp,pp、フレーズのあとの余韻にはうっとり。
ロドルフォに愛を告げる第1幕のシーン、フリットリさんはもしかして 私達にむけて愛を告げてくださっているのかもと思えて勝手に泣いていました。

フリットリさん愛しています、from hiromian

ラ・ボエームの楽しみはなんといっても、2幕のカフェ・モミュス。
幕が上がると同時に客席から拍手喝采。

よ待っていました、とワタシも拍手。

2階建てのセットにあふれんばかりの人々。
舞台の上に2階だてのセットを見るのは、新宿コマ劇場での「美空ひばり物語」の収録以来だわ・・・。

代々木の森に19世紀、クリスマスの夜の興奮と喧騒のパリの街があらわれた。
そのゴージャスさにわくわく。

子ども役の東京FM少年合唱団はお見事。
歌に演技に大活躍、大人たちのこってりした歌声に、すがすがしくのびのあるボーイソプラノが混じって嬉しくなりました。
こどもたちがたくさん登場するオペラって楽しいなぁ。
ワンフレーズのボーイソプラノソロ、かわいかったぁ。
2幕と言えば、ムゼッタの独断場。
赤×ショッキングピンクとお世辞にも上品とはいえないドレスに身を包んだムゼッタがパワフルで、コケティッシュでおもいっきりはじけまくっていて大満足です。
生命力にあふれた綺麗で若い女の子と一緒にいたいと切に願うオッサンの気持ち、わかるわぁ、と妙なところで共感。

演出が異なると登場人物の性格付けも微妙に違ってくるものなんですねぇ。
とても楽しめました。
昨年のトリノのミミはなんていうのか、いやぁなタイプの女性だったものですから。
同じ人が歌っているのにねぇ。

カーテンコール、オケピットのみなさんの退散があまりにはやくてしょぼんとしていたら、こんなサプライズが。

RIMG0037.jpg

METのみなさん、ありがとうございました。
とても楽しかったです。

そうそう、ワタシ主人公2名は昨年上野でお目にかかっておりました。

ロドルフォのこんもりしたお腹をオペラグラス越しに見て「あれ~なんだか見覚えある、はてどなたさんでしたっけ・・」(⇒失礼極まりないです)
アルバレスさんって去年のトリノ王立歌劇場のロドルフォだったと、帰宅してから気付きました。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。