スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50年代の歌

3月3日動画を張り逃げしたWohin?、シューベルトの美しき水車小屋の娘の第2曲、小川のほとりにたたずむ若者が さらさらと流れる水面を眺めてもの想う風景が思い浮かぶほど、情感ある世界とりわけ小川のせせらぎそのもののピアノが印象的。
ざっと調べたところこちらのWohin?はCDには収録されていないし、ひょっとすると楽曲自体の録音もこれしかないかもしれません。

手持ちのレコードを調べてみると、1980年リリースのこちらのアルバムに発見しました。

15pc-125.jpg
クリアでぴかぴか磨いたような音になっていて、聴き比べてはて、これって同じ録音なのかいな、と思うくらい別の音楽。ジャケット裏の解説には同じ音源であることを示すデータが記載されているのですけど、不思議。
80年リリースでありながら実は55-60年代の録音だとは・・・。

79年リリースのコンピレーションアルバムにも発見しましたよ。

SFW115-16.jpg

録音状態によるばらつきが無いように、サウンド調整されていてびっくり。
アナログらしい空気感がしっかりあって(レコードで聴いているから当たり前なんですけど)、知らずに聴いていると、若干古めの録音かしらと思う程度。ところがどっこいまさかまさか50年代の音源だとは気付かないです。

こちらの2枚組には、さすらい人の夜の歌が収録されていまして、これがまた佳品、絶品。
しかも後半のソロの気高く美しいことといったら・・永久保存版。
短い曲ながらデジタル化の過程で消えてしまった楽曲だと思うとなんだか愛おしいです。
国内レコード各社からリリースされたコンピレーションアルバムは あまり気に留めなかったのですけど、侮れないですなぁ。

同じレコードでも初期盤で聴くのと大量にプレスされた盤で聴くのでは音楽が違って聴こえるらしい・・です。
それもそうだけど、再生装置でもっと変わるそうで。

嗚呼なんて奥深いアナログ道。
嗚呼なんて罪深いオーディオ道。

ものすごく憧れです、ああでも踏み込んだら大変だろうなぁ。

来日協議中とのことですが、今年のBプロに登場するシューベルト詩篇第23番ます ってどんな曲なんだろう。

↓は50年代の合唱バージョンの鱒です。


[高画質で再生]

Die Forelle  [ブログ引越し]


合唱版鱒、お気に入りです。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。