スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その時

地震が起きた時 ワタシは勤務先の18階フロアにいました。
突き上げられるような衝撃のあと、回旋するような揺れがはじまりました。
スタッフはぱっとに持ち場へ散り、ベッドや重要機器を押さえたり、おびえて泣く人たちを慰めたりしていました。
揺れはいつまで続くのだろうと思うくらい長い間続き、若いスタッフの顔は強張っていました。
怖い、という声を飲み込みながら、大丈夫ですよ、すぐ治まりますからね、と動けない人々へ語りかける姿をあちこちで目にしました。

ワタシはグラグラ揺れるなか階段をよろけながら(まっすぐ歩けない)ひとつ下のフロアに降りて見回りました。
そこも持ち場で必死に頑張る若いスタッフたちの姿が。

しばらくすると窓の向こうに台場のビル火災から上がる黒煙、窓の下ではオフィスビルの表や公園に集う大勢の人々の不安そうな様子が見えました。

あ、と気付くと隣のビルの最階上にあるオフィスはもぬけの殻。

大きなゆれが、3回続く中 フロア二つを行き来し歩き回っているうちに吐き気すら催してきました。
たとえて言うなら国鉄時代の特急しなのに乗って、まさに振り子状態がピークの時に通路を歩いて行く感じ。

地震酔いっていう言葉初めて知りました。

夕方、オフィスビルの方々が食糧調達に走り始めるころ、職場も帰宅が難しい人たちに共同スペースを開放しはじめました。

エレベーターが停止していたので、1階まで階段で下りて(これも目が回る)、控室で交通機関の復帰を待っていましたが、どうやら無理そう。
かといってそのまま勤務先に残るになれず、21時過ぎにを勤務先を出ることにしました。
時折突き上げるような余震を感じながら1時間半かけて歩いて帰宅。
外気温6度、風はなくてもほんのり寒い。

幹線道路は交通渋滞、車で埋め尽くされ、歩道は家路をもくもくと歩む人々の列が続いていました。
ラッシュアワーの街並みとなんら変わらないその風景は淡々として、落ち着きはらった人々の様子に驚きました。

帰宅して部屋の中の様子は。
真っ暗な部屋に明かりがついていて、おやと思ったら冷蔵庫の扉が開いたままでした。
電気をつけるとそれなりの状況。
冷蔵庫から飛び出し床で見事に割れている卵、粉々になったコップやマグカップ。
CDキャビネットは倒れているし、冷蔵庫の上の電子レンジが落ちかかっているのを見たとき、地震のエネルギーの大きさにぞっとしました。。
都内の家は程度の差すらあっても、こんな感じだったのではないでしょうか?

あとで知ったのですが、2フロア上の水道管が破裂し、階上のお部屋を経て水漏れがあったそうで、不在中に管理人のおじさんが掃除してくれたようです。

あれからずっと絶え間なく余震が続いています。

でも。

テレビで繰り返し放映される東北地方の状況には胸がかきむしられるような気持ちになります。

救助を待つ人々、救助に携わる人々。

どうか無事で。

そして災害の連鎖がこれ以上続きませんように。




コメント

No title

色付きの文字11日の地震、本当に長く怖かった・・・新潟では殆ど何か落ちたりしないのですが、気持ち悪い揺れでしたね。東京で働いている息子のビルも相当揺れたようです。千葉に住むので、6~7時間かけて家に戻ったそうです。
それにしても、テレビで写し出される状況の悲惨なことに胸が痛みますね。海外の友人の反応も早く、多くの方々から日本への応援メッセージが届いています(合唱団関連も)。これ以上の災害連鎖がありませんように・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

natalさんのお住まいの地域もかなり揺れたんですね。
怖かったですよね。
息子さん、6-7時間歩いて帰られたのですか、うわぁ大変でしたね。
タクシーの運転手さんとお話する機会がありましたが、あの日は都内から千葉や横浜まで4-5時間くらいはかかったそうです。
そういえば、浦安在住の人が、住居周囲が液状化してしまい家での生活ができず、勤務先の寮で仮暮らしを始めています。
息子さんのお住まいの地域は大丈夫ですか?
茫然と過ごした1週間で音楽を聴くどころではありませんでしたが、natalさんのところのショショローザの動画を拝見して、力づけられました。
すごいパワー!
ありがとうございました!


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。