スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレスデン聖十字架合唱団 Ihr Kinderlein kommet を聴きました

せわしないけど、どこか閑散とし始めた町の中。

29日のお昼すぎに仕事納めとなりました。
時間や書類、PHSに追っかけられる生活から一時の解放。
電車待ちの合間プラットホームから見上げた空がとてもきれい。日差しがやさしく、幸せ気分になってひと駅分歩いて帰宅しました。
ヘッドフォンから流れるクロイツコアのハーモニーが心地よく 吸い込む空気の新鮮さに疾風怒濤の12月でへろへろになった心と体が洗われていくような気がしました。

クロイツコア2005年のリリースのアルバム。
録音が2002年1月と2004年10月と二つの時期になっています。
宗教曲から民謡のふんわりした曲まで多彩、クリスマスシーズンのための合唱曲集です。

Dresden Choir Sings Christmas Songs


1.Oh Heiland, reiss Die Himmel auf(J.Brahms)
2.Nun komm, der Heiden Heiland(M.praetorius)
3.Es kommt ein Schiff geladen(M.Reger)
4.Taeublein weiss(J.Brahms)
5.Ave Maria(A.Bruckner)
6.Uebers Gebirg Maria geht(J.Eccard)
7.Maria durch ein Dornwald ging(H.Kaminski)
8.Tochter Zion, freue dich(G.F.Haendel)
9.Warum toben die Heiden(F.Mendelssohon Bartholdy)
10.Maria auf dem Berge
11.Joseph, lieber Joseph
12.Schlaf, mein Kindelein(M.Reger)
13.Lasst uns lauschen
14.Ihr Kinderlein kommet
15.Angelus ad pastores ait(H.L.Hassler)
16.In dulci jubilo
17.Es ist ein Ros entsprungen
18.Leise rieselt der Schnee
19.Lieb Nachtigall, wach auf
20.Froehlich soll mein Herze springen(A.Mendelssohn)
21.Stille Nacht, heilige Nacht(F.Gruber)

いずれも語り口の明晰で、ドイツ語やラテン語歌詞が美しく、柔らかいクロイツコアのハーモニーは、親しみやすさに満ちています。
クロイツコアのまろやかなサウンドは年代を問わずとても好きです。
時々無性に聴きたくなります。

ブラームスの合唱曲集、ドイツの古い民謡がもと歌だそうでヨハネスの手によって立体的な音楽になっています。メンデルスゾーンは比較的そうではないと思いますが、ブラームスの合唱曲はなかなかコドモソプラノで聴けないからうれしい。
クロイツコアの生真面目な合唱、ソプラノの飾り気のない素直な歌声だけでなくて、彼らの音楽を統率するクライレ先生好きなのかも。マタイを指揮する先生の後ろ姿かっこよかたしなぁ。

今年ハイドンコアでさんざん聴いたブルックナーのAve maria。文節がくっきり聞こえて可憐な雰囲気,
ソプラノとアルトのハーモニーで泣きそうになりました。
クロイツコアのアルトパート、ハンサムな声でお気に入りです。

Maria Durch Ein Dornwald Ging、重厚なアカペラアレンジ、きりっとしたボーイズ・パートがいいです。
Warum Toben Die Heidenは4声×2のクロイツコアのアンサンブルがそれは見事。途中にソロアンサンブルが登場したり、音楽がドラマティックに変化していくのは迫力あります。凄いなぁ。
アルバム後半は民謡をアレンジしたものが登場です。

Lasst Uns Lauschenでは4パートに分かれたテナー・バスをバックにソプラノソロが登場です。ソプラノソロのやさしい声と兄さんたちの甘やかなハーモニーがなんともぜいたく。
クロイツコアでソプラノやアルトを経て成長した彼らの声は音色が安定していて、深みがあります。



Ihr Kinderlein Kommetは4部から、ボーイズの3部、ソプラノソロとテナーバスのバックコーラス(このソロがクロイツコアらしい)、お兄さんたちの4部、全員での合唱と続きます。
Es Ist Ein Ros Entsprungenはすっきりさっぱり歌っています。弾むような明るさ。

Frohlich Soll Mein Herze Springenはアルノルト・メンデルスゾーンの児童合唱のためのモテトからとのことです。3部にわかれたボーイズパートがしゃきしゃきとしていてあら、いいわぁ。
アルノルトさんはメンデルスゾーンファミリーの方、調べてみるとフェリックスとファニー姉・弟の父方兼母方両方のいとこの子供さんですって。
締めはきよしこの夜。
重厚なハーモニーとドイツ語の発音が心地よいですわ。



You tubeで見つけたこちらの動画。
55秒過ぎに登場するソロアンサンブルがお見事。
教会で聴いてみたいなあ。


店舗に張り出された年末年始の営業のお知らせ、集合住宅やオフィスビルの玄関先に飾られたしめ縄やら門松が目に飛び込んでくる年末年始モードの東京でしんみり聴いていました。
クリスマスアルバムはこれで聴き納め、来年はもう少し聴けるといいんだけどな。

目の前の仕事に追われなんだか落ち着かないときに聴いたときは耳元でメロディーが鳴っているだけでちっとも心に響いてこなかったのに。
不思議。


皆さま良いお年をお迎えください。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。