スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーノンクール指揮 バッハ ミサ曲ロ短調@サントリーホール公演を聴きました。

素晴らしいコンサートでした
この先こんなコンサートにはもう出会えないかも・・ってそんなことすら感じました。


繊細で緻密な柔らかい合唱と管弦楽。
アーノンクルのブレスとともに、信じがたい優しさと温かみに満ちた音楽がホールに満ちていきました。
艶やかなアルノルト・シェーンベルク合唱団の合唱、まろやかなコンツェントゥス・ムジクス・ウィーンの音。ソリストさんたち同士の典雅な微笑みと音楽に溶け込んだ歌。

シロウト耳には斬新過ぎず、古めかし過ぎず、余分なものがなく、でも欠けるものも一切無いバッハの音楽の包容力と懐の深さ。親しげで穏やかな音楽、信じられないような奇蹟の瞬間の連続。
自分自身を通り抜けていく音楽の優しく穏やかなこと。
演目が重厚な宗教曲なのに、ワタシには夢のような時間でした。

終曲「Dona nobis paecam」 でアーノンクールの右腕が優雅に振り下ろされ、ゆっくりと動きを止めた瞬間。
ホールにきえてゆく音を その時間が終わった事に信じられない気持ちで、誰もがそしてその余韻を惜しむかのように追い求めていたのではないかと思います。しばらくの間 舞台上の皆様も、客席も静まり返っていました。おずおずと静かに沸き起こった拍手が間もなく会場を揺るがすような喝采になり、とともにあちこちから賛辞を叫ぶ声でホールがいっぱいになりました。
静かに涙を拭うお客さん、静かに涙ぐむ舞台の上の奏者さんたち。
うん、これでいいわという第1ヴァイオリンのトップサイドにおられたアリス夫人の控え目な笑み。

ワタシも気づくといつの間にか立ち上がってだらだらと涙をながしながら夢中で手を叩いていました。何かに吸い寄せられるように舞台へと近づき通路や空席となった場所に移動して、喝采をおくるお客さんの姿も。最大の喝采が長いこと続きました。
アーノンクール御大は、熱狂している客席を見渡し、なにか言葉をつぶやき、うんうんとうなずいていました。

至福の時間は終わってしまったけど、その記憶は一生褪せることないです。

アーノンクールのロ短調のCDは新・旧ともに押さえてありますが、この日の演奏の記憶を永久保存版
CDの再生はしばらく凍結します・・・まだ余韻に浸っていたいから。

アーノンクール・CMV・アルノルト・シェーンベルク合唱団コンビのバッハ声楽曲公演は今回が日本公演だったんですね。

プログラムを開いて気づきました。

なんだかラストというコトバだけが先歩きしたプロモートにあんまりい感じを持っていなかったので それに気づくのに時間がかかりました。
たぶんおそらく絶対にラストの日本公演になるんだとしても、あんまりラストラストとかいわないでよぅ・・・・

今度の週末のハイドン天地創造も、アーノンクール・CMV・アルノルト・シェーンベルク合唱団コンビの演奏は日本初なんですよぉ。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。