スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Volks-&Kinderlieder

Volks-Kinderlieder.jpg

国内ではジャケット写真を変えて、「野ばら、眠りの精」のタイトルで販売されていたアルバム。

国内版は廃盤ですが、ヤフオクで時折見かけます。
国内アマゾン輸入版リンク
UKアマゾンのリンク

1981年9月ウィーンでの録音となっています。
アナログで発売され、同時もしくは後にCD化された音源。

かくいうワタシも輸入版(1982年西独プレス?)をアマゾンUKのマーケットプレイスで手に入れました。
手にした輸入版は 全曲ドイツ語歌詞、英語・仏語対訳が掲載された分厚いブックレット付。

Harre先生指揮、ウィーンカンマーフィルの管弦楽伴奏付のゴージャスアルバム、その内容はアルバムのオリジナルタイトルにあるように「民謡集・こどもの歌」です。
あ、そういえばFarnberger先生ピアノを忘れちゃいけない。

さて内容は、

1 Liebe Schwester, tanz mit mir さあ私と踊りましょう   
2 Es tanzt ein Bibabutzemann ビバブツェマンが踊る   
3. Auf einem Baum ein Kuckuck sass 木にとまっているカッコウ   
4. Der Kuckuck und der Esel カッコウとロバ   
5. Zum Muttertag 母の日に   
6. Es klappert die Mühle 水車がまわる   
7. Heidenröslein 野ばら(ウェルナー)   
8. Ein Männlein steht im Walde ひとりの小人が森に   
9. Mit dem Pfeil, dem Bogen 狩のうた   
10. Guter Mond, du gehest so stille 月は静かに    
11. Abendlied (Der Mond ist aufgegangen) 夕べの歌(月が昇って)   
12. Wer hat die schönsten Schäfchen 子羊をもつ人は
13 Als Mops ein Möpschen war うちの犬が子犬だったとき
14 Kommt ein Vogerl geflogen 小鳥がとんできて
15 Gesternabend ging ich aus ゆうべ私は出かけた
16 Summ, summ, summ, Bienchen summ herum ブンブンブン蜂がとぶ
17 Es regnet, die Erde wird nass 雨がふって大地がぬれる
18 Der Jäger aus Kurpfaltz クルプファルツの狩人
19 Sehnsucht nach dem Frühling (Komm, lieber Mai) 春へのあこがれ
20 Kuckuck, Kuckuck, ruft's aus dem Wald 森でなくカッコウ
21 Wie lieblich schallt なんとすてきなひびき
22 Weisst du, wieviel Sterne stehen お星さまいくつ    
23 Sandmännchen (Die Blümelein, sie schlafen) 眠りの精(ブラームス)
24 Schlaf, Kindlein, schlaf ねむれよい子よ

ブラームスの子守唄を除き、全曲1分ちょっとから2分とちっこいコドモ向けの長さ、加えて曲の配列もワタシ彼らを飽きさせない工夫や配慮がなされています。

優美な繊細さ、洗練された品のよさ、愛らしさ。
かしこまり過ぎずかといってくだけすぎない音楽とのちょうどいいと感じる距離感。

この時代の彼らは何を歌っても上手かったですね。

コドモの歌だからこそ手を抜かず、上質なものにしたい、そんなおとなたちの願いが感じ取られるアルバムでもあります。
ひとつひとつが珠玉の作品に仕上がっています。管弦楽の伴奏もいい雰囲気出ていますしね。
オトナの鑑賞にも十分堪えうる内容だと思います。
ただ、こういった音楽に完璧なピッチ、一糸乱れぬユニゾン、縦横ななめ正確無比なアンサンブルを期待しちゃう方には物足りなさがあるかもしれません。

元気のよい朗らかな声で楽しい曲調の歌あり、しっとりとゆったりとした曲あり、管弦楽伴奏のアレンジも秀逸です。とくに木管楽器のアレンジが楽しいです。
track3の Auf einem Baum ein Kuckuck sassなんて聴いていると今年のプログラムにあったカプリソ的な面白さを思い起こしてしまいます。



おなじみの野ばら(ウェルナー)やDer Mond ist aufgegangenのアカペラは生き生きとした歌、冴え冴えとした歌は、はっとする美しさです。
音や映像の古さもあまり気はならない83年組来日コンサートの野ばら。
http://www.youtube.com/watch?v=EukwJiyKN8o

全曲2-3部合唱ばかりでなく、ソロやソロデュエット(5,10,12、19、22、23)もあります。
ソリスト君に若干の不安定さが無いわけではないですが、丁寧にろうたけた声で歌われる曲にしみじみとした情感が漂っています。

11、12と静かな曲が続き、13曲目はパグ犬と飼い主のコドモの歌になります。
成長していうことを聴かなくなったわんこ(パグ犬)に「お前がチビ犬だったころは、なんでも言う事聴いてくれたのになぁ」とぼやく飼い主に対し、「もし違う風に育ててくれたら、ずっと仔犬のままでいられたんだぞ~」と切り返すパグとのやり取りに噴いてしまいました。
で、犬の鳴声が入っていてびっくら。

そっか。
もともとLP仕様だったこのアルバム、A面ラストは12曲目。
ちっこいコドモは飽きちゃうか眠りの世界についちゃうのかな。
もうすこし大きいコドモは大人にせがんでレコードをひっくり返してもらい、B面のパグ犬の歌を聴きはじめたんだろうなぁ・・

「A面、B面」「レコードをひっくり返す」「オトナに頼まないとできない」
???の方すみませんね~。
ええ、ついでにライナーノーツを確認しながら聴かないと、見失うんですよ。
針とびがするとレコードに傷がついちゃうから、プレーヤーの前では静かぁにお行儀よくしていないといけないんですよ。
レコードで音楽を聴いて育った皆様、懐かしいですね。
 
ファルンベルガー先生のピアノ伴奏が楽しい蜂の歌(→略しすぎ)
http://www.youtube.com/watch?v=GuPVmqKSbGY&feature=fvst
蜂もいやだけど、今年は深夜に開け払った窓から 蝉が部屋に飛び込んできて何度戦ったことだろう・・思い出すだけでプンスカ状態です。

あ、関係のない話でしたね、すみません。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。