スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Louis-Alexander Désiré Il Passaggioを聴きました

1995年5月20日生まれフランスのLouis-Alexander Désiré君のソロ・アルバムです。
今年4月にリリースされました。

Il Passagio


Louis-Alexander Désiré君といえば、フランスの少年少女合唱ユニットVox Angeliに参加していましたね。
で 最近は何をしているのかな、とYou tubeを検索したらリュリやパーセルの音楽に合わせてもくもくとバロックバレエ?を披露している動画にでくわしました。

多彩な少年だ。

こちらのアルバム、フツウのボーイソプラノのソロアルバムと思って聴き始めましたが、実は「ベルカント唱法」で変声前の少年が歌う声楽アルバムなのです、多分。
ライナーノーツには指導してくださる先生に出会ったのが9歳とありますから、スタートは自ずとボーイソプラノ、アルバムの後半部分で声域がアルトに移っているところをみると、足掛け4年の声の変遷と歌のアーカイブスでもあるようです。

年齢とともに歌声が変わってゆくのに、発声法や歌唱スキルはシロウトでも、はえ~とかほおお~っと感心してしまうような高いレベル。
したがって通常の少年合唱や聖歌隊のソリストとは異なり ソリスティックな歌が映える選曲がいいです。


2006年8月といいますから11歳3ヶ月の歌ではじまります。
ライブレコーディングみたいで客席の咳などの音を拾っています。
美しく、丁寧な歌。声はHarry Sever君の同じ頃の声に似ています。
あどけなさがのこるソプラノヴォイスで堂々と歌っています。
高音でちょっと力んでしまったり、伸びがたりなかったり、ブレスが大きかったり、ほんのささいな危なっかしさは愛嬌、立派な歌です。


C.Gounod Sérénade
G.F.Haendel Non lo diro col labro

2007年7月、12歳2ヶ月の歌
声に艶がでてきてボーイソプラノとして旬の時期が始まったなぁと。
じっくりと朗々と歌い上げる4曲は、聴いていてその世界に引き込まれてしまいますよ。ピアノ伴奏も非常に細やかで丁寧です。J.Dowlandの Flow my tearsなんかは何度リピしたことか。


J.Dowland Flow my tears
V. Belllini Vaga luna
C. Lecocq Romanza
M.Ravel L'air de l'enfant

2008年5月、13歳の歌です。
声に力強さ、ふくよかさ、透明感が加わり、ボーイソプラノとして最も美しい時期でしょう。研ぎ澄まされた歌にドキドキです。Ombra mai fu の切なさ、Il mio bel focoの激しさ、An die Musikの穏やかさ、マイクがピアノ奏者さんのペダルを踏む音?みたいなのを拾っていて、目の前1mくらいで聴いているような臨場感です。

G.F.Haendel Ombra mai fu
B.Marcello Il mio bel foco
F.Schubert An die Musik

弾き語り?の動画、この1ヶ月前ですかね?

http://www.youtube.com/watch?v=DVnR7z4lPEU&NR=1

カメラ目線に本人ではなくワタシが照れました(恥)

2008年12月の動画がありました。
声があぶらの乗り切ったソプラノボイスですね。



つづいて2009年6月、14歳と少しの頃の録音。
声はソプラノからアルト領域に落ち着き、大人っぽく歌っています。
硬質でよく響く声で、どの音域でもなめらかなテクスチュアにまた新たな魅力たっぷり。

A.Caldara Selve amiche
G.F.Haendel Wher'ere you walk
J.S. Bach Esurientes
G. Caccini Amarilli
A.Scarlatti O cessate di piagarmi
G.B. Pergolesi Nina
W.A.Mozart Komm, liebe Zither, komm
A.Dovorak Als die alte Mutter
R.Hahn Reverie
G.Roig Quiere me mucho
J.M Lacalle Amapola
N.Wilton Panis angelicus


表情豊かに美しい声でどの歌もじっくりと聞かせてくれます。
いやはや、それにしてもウマイ。
なんていうのかどれもお馴染みの曲がとても新鮮に、そしてさわやかにきけちゃうのはとても不思議です。

ボーイソプラノとか、ボーイアルトとか声域の問題ではなく、声楽テクニック+美しい発声法=ベルカント唱法を習得した少年による声楽曲集なんですね。
ラストのPanis angelicusは♪ぷぁああにいすぁんじぇりくううす~・・のあの曲かと思ったら、別の方の作品でした。
これがまたいい曲なんですよ。

ダンスもいいのですけど、変声したあとの歌声がとても楽しみな少年です。



お買い求めと試聴は、ご本人のサイトから。
Paypal決済、さくっと発送してくれましたよ。
http://www.louisalexanderdesire.com/en/




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。