スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もノスタルジー

6月もおしまい。
ちょこっとノスタルジー

グリーンスリーブス
青きドナウのワンシーン、ワンコーラスのみ・・っえ、弦楽伴奏が入っているわ。
オケどこだぁなんていってはいけません。
十分美しい。



バックでコーラスを歌い、オーストラリアツアー発表に興奮、オペレッタの配役を聞いてまたまた興奮。
映画では主役の子役さんたち以外は当時の団員さんたちとうかがっております。
すごいなぁ。

公開されてもうじき50年たつのですね。
コメントのAnother Time, Another World...,にああ、そうかも、なんて思ってしまいます。


↓はアレンジが違うのですね。
http://www.youtube.com/watch?v=zqQwrt9nNIE

手の込んだキレイな動画ですが、ワタシにはモノクロの雪景色のなかのシーンが蘇ってきます。

greensl.jpg


ブルックナーアヴェマリア

こちらはコルス・ヴィエネンシスの低音がはいっています。
ハラー先生の指揮、82年だそうです。



今年のハイドンコア、ボーイズのみの4部だったけど迫力あったなぁ。



エーデルワイス
音源はエーデルワイス・ドレミの歌に収録されているもので、ソプラノオブリガートのバリエーションが印象的なアレンジ。
あ、でも写真はかなり前のハイドンコアではないですか。
http://www.youtube.com/watch?v=CxgKydtWjRg

ラストはすでにもうお馴染み(?)のこちらの動画。
音源はAmazing Graceになるのかなぁ。
見返すとうわ~懐かしい面々が・・今年卒業のメンバーがこどもこどもしていてかわいいですね。
コメント欄に注目です。
http://www.youtube.com/watch?v=ixS0R1-4i2I&feature=related


特に意識したわけでもないのに、並べてみたら、なんと年代別になってしまいました。
時代とともに移り変わっていく歌声やスタイル。
これからどんな変化を遂げていくのかな なんて思うと同時に、今年のハイドンコアの巧みなコーラスワークと生き生きとした、そして多彩なハーモニーは良かったなぁ、感激したなぁとノスタルジーに浸っています。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<04 | 2017/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。