スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野ばら&ます-シューベルト,モーツァルト,シューマン&ブラームス-

野ばら&ます~シューベルト,モーツァルト,シューマン&ブラームス
野ばら&ます~シューベルト,モーツァルト,シューマン&ブラームス

1975年と78年にRCAからリリースされた2枚のレコードのカップリング。
3年前に再販されましたね。

収録曲は
シューベルト
1.ます Op.32 D.550   
2.小さい村 Op.11-1,D.641   
3.セレナード(聞け、聞け、ひばりを)D.899   
4.野ばら Op.3-3, D.257   
5.自然の中の神 Op.133   
6.森の夜の歌D.913
7.神、わが頼み(詩篇23)Op.132,D.706
8.うぐいす Op.11-2(D.724)     
9.セレナード Op.135 D.921    
10.羊飼いの乙女 D.513   
11.反抗 Op.105-1,D.865)
モーツアルト 
12 愛らしいふたつのひとみがK.439
13 黙しながら聴こう、欲深い私の運命を K.437
14 いとしの光、うるわしの光よ K.346
15 もう見られはしない K.549
シューマン
16 流浪の民 Op.29-3
ブラームス 若返りの泉Op.44 第2集より 4つの歌曲
17 今。バラは花盛り
18 山々はするどくそそり立ち
19 急流にしだれる柳は
20 そしてお前が墓地をたずねると
ヨーゼフ・ドレクスラー
21 喜歌劇 百万長者の農夫から すてきなお兄さん

オタクとしてはどの部分が75年、78年か気になるのですけど、手持ちのアルバムといつもお世話になっているサイト様の情報をまとめると、
track1-6がHarre先生指揮、Farnberger先生がピアノ伴奏,1978年1月11-13日の録音。
track7-21がGillesgerger 先生指揮、Theimer 先生のピアノで、1975年4月26日から30日にかけての録音となります。

この75年録音のレコードは「流浪の民/ウィーン少年合唱団」のタイトルで1975年11月25日に国内で発売されております。


ます・聞け、聞けひばりを・野ばら はソプラノソロ曲です。
ライナーノーツの解説には「児童によるソロ」と書いてあります・・・あたりまえだって、と思いましたが、
何度も聴くうち、少年特有の声で歌われる音楽にも豊かな世界があることに気づきました。
ソリストがそれぞれ違うように聴こえます。
「ます」のソリスト君はのびのびとした生きのよさがあり、ちょっとハスキーな声のソリスト君の「聞け、聞けひばり」は、なんというかアンティークな味わいがあります。そして抜けるような声のあどけない可愛らしい声系のソリスト君と「野ばら」の世界はマッチしています。
野ばら78年君、高音で少し声がしわがれてしまいますが、それもいいですー。




ます君、ひばり君、野ばら君、どれもいい味です。

合唱曲の「小さな村」、「自然の中の神」、「森の夜の歌」、いずれも難しそうですねぇ。
どちらかというと硬質な声ながらも、豊かな音の広がりをもつ合唱なのですけど。
「自然の中の神」はミサ曲の雰囲気があります。
ベートーベン的な力強さや雄大さを感じます。
4部合唱ですか、ボーイズの4部合唱は伝統ですものねぇ。アルト1.2が力強くて清清しいです。

ここから75年版となります。
録音時期には日本ツアーを行っていたコアがいるので、ウィーンにいたコアが参加しているのでしょうね。
「詩篇23番」は、かなりゆったりとしたテンポで、抑揚があっていろんな意味で表情豊かです。
そのせいで、宗教曲というよりも歌曲に聴こえてしまうのですが、純朴で味わい深くこれもあり。
個人的には92年組のバージョンや、ウェストミンスター大聖堂のバージョンのほうが好きです。

セレナードはアルトもしくはメゾソプラノソリスト君がクールですし、バックのコーラスは低音がゾクゾクするくらい大人びていてかっこいいですわぁ。
この曲よく耳にするんだけど、音源で遭遇する率低いかも。
少し前の公式のゲストブックには、1928年には初の録音もしましたよ、とあります。
ううう、聴いてみたい1928年のセレナード・・

ようつべには64年の古い音源、Terry Way君、それから83年組のスーパーソリスト・ルネ様が、なんとご自身でアップされたversionがみつかりました。

どれも捨てがたい魅力にあふれていますが、セレナード‘75いいなぁ。

合唱曲の「ひばり」・「羊飼いの乙女」・「反抗」、2部、3部、4部と変幻自在ですわ。
なんというか、元気いっぱいな合唱に聴こえます。
「反抗」の力強さはあっぱれなのですが、本来のオトナの合唱ではどんな曲なのかしらと、聴いてみて驚きました。
どっしりとした風格と滑らかさ、シューベルトの和声の美しさ。あわわ、全然違う・・。

こちらのアルバムを聞こうと思ったのは、50年代の録音にあったモーツアルトの社交リート集 Gesellige Liederの70年代バージョンが収録されているからです。
いやはや、こちらもウィーンの魅力たっぷりです。

伴奏はオリジナル通り、クラリネット2本とバセットホルン1と3部合唱です。
器楽奏者さんの名前もしっかりクレジットされていますよ。

50年代はソリスト3名かつドイツ語歌詞でしたけど、こちらは各パート2名(と思います)とイタリア語歌詞です。
お堅いイタリア語ですが、何を歌っているんじゃと、ライナーノーツの邦訳見てたまげた・・げげ。
ものすごおいオトナの歌ですよ。

オトナっぽい歌い方と すっきりとした透明感ある清清しい声とモーツアルトの旋律が合います。
くねくね、流し目+お色気たっぷり、思わせぶりな歌が好きな方には物足りないかもしれませんが、ボーイズのさっぱりした歌のほうがワタシは好きです。
クラリネットとバセットホルンの伴奏も洗練されています。
50年代のメゾソリスト君と比較すると、75年版のメゾソリスト君たちは、クリスタルな強靭な声の持ち主君たちです。「しっかり歌わせていただきます」とばかりに見事なアンサンブルを聞かせてくれますよ。

流浪の民75年版ですね。
なんとまあ、ソリスト陣の豊富なこと。アクセントははっきり、レガートは流れる如く、合唱にはメリハリあります。ソプラノの長いソロの軽やかで優雅なこと。ギレスベルガー先生の音楽ってしっくりくるなぁ・・。

ブラームス4曲。
比較的若い頃の作品ですね。短い曲なのですけど、流れるようにエレガントで美しい合唱です。
シューベルと作品とは対極にあるような印象をうけました。

ラストは すてきなお兄さん
きたーっつ・・ボーイアルトの競演です。
の~んびりとした若干ユルイ曲調ですが、旋律は親しみやすく美しいし、バックのコーラスも可憐ですよ。
ドレクスラー先生はシュテファン大聖堂の楽長を務め、J.シュトラウス息子にヴァイオリンと作曲を教えたとても偉い方です。→ネットを回って集めたウケウリ。それをグロスマン先生が編曲されたそうです。

アルトソリスト君たち2人、すごくかっこよく歌っています。
流浪の民でもソロを歌っていた声です。

鐘のような柔らかい響きをもつソリスト君と、芯のある硬めな声のソリスト君の掛け合いは楽しいです、
なによりもその真面目さにしびれるーっ。

歌のほうですが、ライナーノーツの邦訳の歌詞を見ると、なんつう歌なんだと爆笑です。
『すてきな兄さん、でもあなたは あ・く・と・う・・・』→もっと知りたい方はぜひCDを。
とても手に入りやすいCDですので。

この『すてきなお兄さん』、EMIのボックスセットにも収録されていますが「可愛い兄弟」と邦題が違いました。そのうえに、EMIのほうはLang先生指揮とあるので、50-60年代ですかね。

おこがましいですが、83年組の公演でも。






コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。