スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Escolaniá del Escorial * Christmas-Noël-Navidad-Weihnacht*

Escolaniá del Escorial Navidad
Escolania del Escorial Navidad
ジャケットからしてカワイイです。

広げるとこんな感じですよ。

iEscolania del Escorial Navidad 2

収録曲の邦題付のタワレコのリンク
Diverdiさんのリンク

2006年6月エル・エスコリアルの修道院での録音です。

収録曲は
1. Fanfarria~Adeste Fideles
2. Una Pandereta Suena
3. A Belén Pastores
4. Hark! The Herald Angels Sing
5. Mariä Wiegenlied
6. Les Anges
7. Campana sobre Campana
8. La virgen fue Lavandera
9. Jingle Bells
10. Blanca Navidad
11. Madre en la Puerta
12. ¡Silencio! ¡Pasito! (Pompey)
13. Fuentecilla que Corres
14. Aurtxoa Seaskan (G. Olaizola)
15. Canción de Cuna al Niño Jesús (A. Padrón)
16. Baile de Pastores (A. Padrón)
17. Fum, fum, fum
18. Brincan y Bailan
19. Deck the Hall
20. Al Resplandor de una Estrella (J. Carmena)
21. Juicios sobre una estrella (J. Carmena)
22. ¡O qué Plazer! (J. Carmena)
23. Contradanza
24. O Tannenbaum
25. Stille Nacht/Noche de Paz
26. Joy to the World


どんどこどんどこ、どろろろというパーカッション、トランペットのファンファーレ、え、何がはじまるの、とどきどきしていると・・・Adeste Fidelesがはじまります。
おお、そうきましたか! 
ボーイズのみの3部合唱にトランペットのオブリガートが印象的です。
アンタが花形!状態だったトランペットがすっと舞台袖に消えて、2番はアカペラの合唱。ラストのコーラスははパーカッションとトランペット、うわあ華やか。

A Belén Pastore(track3)をきいてびっくり。
ええっ、これは目を上げてfrom エリアではありませんか。
かなりのアップテンポ(通常の倍)しかもスペイン語歌詞、アカペラの3部合唱ときています。スペイン語の歌詞だからこのテンポでいいのですな。

マリアの子守歌(track5)は子音のきつくないドイツ語の2部合唱。
ゆるゆるとしてきれいです。エスコリアル修道院で、Kawaiのピアノサウンドも健在です。

Les Anges(track6)12月にはいって初めてきいたクリスマス定番曲。
荒れ野の果てにはフランスのクリスマスキャロルだったんですね。
オースドックなアレンジの3部合唱。

Jingle bell(track9)はファンキーなピアノとタンバリンと鈴のシャリンシャリンの効果音付。
ピアノの伴奏がキュートです。

ゴスペルっぽくはじまるwhite christams(track10)。
ドリーミーに歌う冒頭部分♪あ~ぃむどぅりーみんぐおぶぁわーいと・・の部分、ばっさりと、♪おー、ぶらんか、なびだぁぁど・・と歌っています。スペイン語ですよ。
あはは、合う、合う!
O Tannenbaumを クリスマスツリー、お、クリスマスツリーって歌うより、ずっと合ってる。
あ、歌が違うし、言葉も違うか。
3部合唱のアレンジなかなか斬新だわ。
ピアノが嫌味のないホテルやバーのラウンジピアノ風。

Deck the Hall(track19)はアカペラと打楽器の伴奏。
どっしりとした兄さんたちがいない、ボーイズの3部合唱はどうしても線が細い。
ピアノでもストリングスでもなくて、素朴な打楽器が合うとは、と目からうろこ。

O Tannenbaum(track24)アカペラの2-3部合唱。
ウィーンよりはるかにゆったりとした歌。おちつくなぁ。

Stille Nacht(track25)もアカペラの3部合唱。
少し変声の入った低音パートの旋律が耳にこそばゆいです。
2番歌詞はスペイン語。
ソプラノソロとソプラノパートのスキャットオブリガートが雰囲気ありまくり。
看板ソリストのF.J.R.Barojos君のつるつるとしたソプラノソロが聴けます。
この後のヴィヴァルディでは太いアルトボイスを聞かせてくれたのですが、じつはこんなにキレイなボーイソプラノだったのかぁ。
Barojos君って、ぶっきらぼう系のボーイソプラノじゃなくて、どこかアレッド・ジョーンズを彷彿させる歌い方をするんですよね。
ラストJoy to the Worldはトランペットとピアノの定番曲であっさりおしまい。

・・・以上が世界各地の定番クリスマス・キャロル。

さて、このアルバムの楽しみはスペイン各地のクリスマスキャロルが聞けることです。
格別にスペインに思い入れがあるとか、そういうわけではないのですけど。
ついでに、行ったことすらありません(笑)

こんなにでっかい雪だるまがつくれるくらい雪がふるんですねぇ。

Escolania del Escorial Navidad 4 *ブックレットから


アンダルシア地方のクリスマスキャロルが3曲。
強烈なタンバリンではじまるリズミカルなUna Pandereta Suena(track2)
哀愁を帯びた旋律とアカペラ、一度聞くと耳から抜けないです。
Campana sobre Campana(track7)アカペラですが、驚いた事に途中にちびっこソプラノパートが入ります。
なんというか、これが涙出るくらいかわいい。
お兄さんソロがJ.F.Aranda君。メゾよりの声。少しせくすぃ。
Fuentecilla que Corres(track13)日本人のワタシが聞くと、おお、スペインのメロディーなんて思ってしまいますが、転調がきれい。

La virgen fue Lavandera(track8)はエストラマドゥーラ州のクリスマスキャロル。
アカペラにパーカッションの伴奏のみ。
G.G.Diaz君のメゾよりのソロがクールだわ。

Fum, fum, fum(track17)はカタルーニャ民謡だそうです。
少々とぼけたリズムとぶぉ、ぶぉ、という楽器の合いの手がユニーク。
アラゴン州の曲がMadre en la Puerta(track11)、カスティーリャ地方がBrincan y Bailan(track18)
F.J.R.Barojos君のしっとりとしたソプラノソロ。うん、さすが。

それから現代作曲家の作品も。
¡Silencio! ¡Pasito(track12)現代作曲家の作品になるかな。高音域のユニゾンがすごいすごい。
Aurtxoa Seaskan(track14)甘い優しい旋律をしっとりとF.J.R.Barojos君が歌っています。
やや、やっぱりこの子うまい。
そしてソプラノパートの儚げなオブリガートが夢心地。

Alberto Padron作品が2曲。
これはエスコリアルのピアニストさんではないですか。
Canción de Cuna al Niño Jesús(track15)は子守歌のようですが、ソプラノユニゾンの儚く繊細なメロディー。
Escolania del Escorial Navidad 3
↑どさくさにまぎれてこんなことしているボーイズ(ジャケット写真)の合唱とはとうてい思えないですわ。
ご本人のピアノもなかなか。

2008年から音楽監督に就任されたJ. Carmena先生の作品が3曲。
Tres Villanescas Castellanas(track20-22)とあります。
アカペラのそれはキレイな3部合唱。
Carmena先生のオリジナルなのか、古い旋律から書き起こしたのかわからないですが、
たおやかな旋律と彼らの声とよくマッチしてます。


ラストのjoy to the worldが尻切れトンボ感があり、なんだか物足りないなぁと思った1分後、教会の鐘の音とともに、ヘンゼルとグレーテル「夕べの祈り」のワンコーラスが。
驚きました。


清涼感のある彼らの歌と、節度を保ったアレンジは聞いていて楽しいです。
こちらのアルバムは一昨年のクリスマスに銀座の山野楽器さんで購入し、
昨年はスペイン好きの友人にプレゼントするために、あったらいいなぁと出かけた山野楽器さんで購入できました。
今年も店頭にあるかな?
あるといいな。

え~ぼおいそぷらのぉ?と戸惑っていた友人も、聴いてみてなかなかええわ(→京都在住)と喜んでくれました。
今年、聴いてくれているかなぁ。






*******************************************

Esolaniá del Esorialの新譜がこの12月にリリースされた模様で、気になっています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。