スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Victoria Requiem を聴きました

80年代後半のウェストミンスター大聖堂の録音は 鬼気迫るほど張り詰めた合唱でとても好きです。

Victoria: Requiem

Victoriaのレクイエムは「死者のための聖務曲集」にある「死者のためのミサ曲」のことです。
レコーディングは1987年1月28-30日、大聖堂。

Thomás Luis de Victoria(1548-1611)により生み出され、人により歌い継がれてきた音楽。手垢にまみれていてもいいはずなのに、400年以上が経過した今でもきらきらと眩しいくらいに輝いています。

とりわけ、死者のためのミサ曲は、400年が過ぎた今なお人々に愛される作品、数あるレクイエムのなかでもその人気は不動のようです。
ビクトリアの作品はパレストリーナとよく比較されるのですが、パレストリーナに較べると、ビクトリア作品はドラマティックでエモーショナルだと多くの方が指摘されています。
聴き比べても、どこがどう違うのかシロウトにはさっぱりわかりません・・う~ん。

収録曲は

1.OFFICIUM DEFUNCTORUM AD MATUTINUM (Responsorium)
2.LECIOⅡ
3.IN LAUDIBUS (Antifphona)
CANTICUM ZACHARIAE

MISSA PRO DEFUNCTIS
 4.Introitus
 5.Kirie
 6.Gradulale
 7.Offetrium
 8.Sanctus
 9.Agnus Dei
 10.Communio

11MOTECTUM

12ABSOLUTIO (Responsorium)

Track1, カントルの先唱と男声ユニゾンが交替に現れます。とても厳かです。つづくtrack2はトレブルパートが登場。合唱が右側と左側から聞こえます。交替で旋律をつないだり、全員参加でユニゾンを歌ったり。迫力があるなぁ。
Track3はグレゴリオ聖歌でよく聴く旋律がでてきます。成人男声の淡々とした斉唱がゆるゆると続きますよ。

ミサ曲の前にこの3曲を配した理由がライナーノーツに記載されています。
確か、モンセラートの曲順と微妙に違うのですが・・

死者のためのミサ曲,いわゆるヴィクトリアのレクエム は、このアルバムの中ではtrack4-11まで。

ミサ曲は1603年2月26日にビクトリアが仕えたマリア皇太后が亡くなり、4月22日、現在のマドリッド大聖堂で執り行われた葬儀(マリア皇太后がいた修道院の教会は葬儀を行うには手狭だったらしい)のときに演奏されたとあります。
2年後にこのミサ曲といくつかの作品を加え「死者のための聖務曲集」を出版したとのこと。
出版から6年後にビクトリアもこの世を去ります。

ぅるぇ~くいえむぅ~と巻き舌のRで始まるトレブルソロ先唱が、張り詰めていてゾクゾクします。
以下いずれもトレブルソロの先唱で始まります。
ミサ曲は6声(ソプラノ1,2、アルト1、テノール1、2、バス1)という構成。パートが増える事で、ハーモニーに立体感や深みが増します。アンサンブルの構築にかなりバリエーションがあり、ひとつのパートに絡まるように他のパートが重なり、ハーモニーが生み出される瞬間、うわ、とかおお、とひとりで驚嘆の声をあげていました(やばい人だ)。

とりわけ二つに分かれたトレブルパートが、両翼から交錯し、その凛とした気品ある歌声にゾクゾクしっぱなし。好きだな~ウェストミンスター大聖堂のトレブルパート。

ソロ、少人数(各パートトップ)のアンサンブル、二つに分かれた合唱(分割合唱というらしい)、全員合唱、次から次へとこの世のものとは思えない美しいハーモニーが繰り広げられていきます。気が遠くなるくらい神々しく気品あるミサ曲です。

こちらのミサ曲は国内では「皇太后マリアを悼むレクイエム」というタイトルで有名ですよね。
マリア皇太后が表向きトップを勤める修道院に、聖職者のトップ兼音楽監督としてお勤めしていたビクトリア先生、修道院長に対する深い敬慕やその死を悼む気持ちはたくさんあったと思うのですが、(ライナーノーツ斜め読みなので間違っていたたらすみません) ミサ曲のためかそういった個人的な感情は一切排除されていると感じました。
もしかしたら音のつなぎ方やハーモニーの構築にそれが現われているのかもしれませんが・・
死せるものの永遠の安息をひたすら祈る敬虔な音楽だと感じました。

Track11では自由に駆け上がるトレブルパートの旋律と影のような重厚な低音部の対比が鮮やかで、一番のお気に入りとなりました。
ラストはこのアルバムの中で最も華やかで、ドラマチックです。わんわん響く合唱に目が回るかと思っいました。

ビクトリアの最高傑作、そしてルネサンスの終わりに燦然と輝くこの曲集、成人少人数のアンサンブルより、この団体やモンセラートの少年の声が入った合唱のほうが、断然いいと思うのだけど。

you tubeに発見。
ミサ曲の終曲ですね。



ABSOLUTIOも。こちら


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。