スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wanderlieder mit den Wiener Sängerknaben

Wanderlieder
上記はアマゾンのリンクですが、ワタシはiTuneで買い求めたWanderliderを聴いています。
アマゾンのほうがアルバムまるっとDLしてもお安いです。ちっ

このアルバムも、Abedliederと同じくフィリップスからリリースされた2枚組のカップリングアルバムが元音源です。
じつはこちらの音盤はなかなか市場にでてこない。
ワタシのバイブルサイトsound library様がリニューアル中とあって、アルバム収録曲まで辿りつけません。(Nyanda様楽しみにしています;私信)
わかっている範囲内では1964年録音あるいはリリースの模様。

たぶんこの2枚が原盤。

Wanderlieder1.jpgwanderlieder2.jpg
*海外サイト様から借用しました

聴いてみて、Abedliederはどちらかというとオトナ好み、こちらのWanderliderはちみっこが好みそうな曲が多いです。
グロスマン父指揮のもと基本アカペラ、ときおり打楽器や管楽器がはいるくらいの素朴さはAbedliederと同じ路線です。

MP3のwanderlider収録曲は下記のとおり

Wem Gott Will Rechte Gunst Erweisen
Wohlauf, Ihr Wandersleut
Auf Der Lueneburger Heide
Der Schnee Zerrinnt
Auf Der Landstrasse
Die Landlust
Es, es, es und es
Muss I denn zum Staedtele hinaus
Das Wandern ist des Muellers Lust
Sehnsucht nach dem Frühling
Steh nur auf, du Handwerksgesell
Es war ein Knab' gezogen
Lasst uns jauchzen
Horch was kommt von draussen rein
Der Musikant
Nach Süden nun sich lenken
Singsang und Klingklang
Nun ade, du mein lieb Heimatland

歯切れよく元気いっぱいのWem Gott Will Rechte Gunst Erweisenでアルバムがはじまります。
こちらのアルバムは、曲がつながっているような構成なので、ぼんやり聴いているといつの間にか曲が変わってます。
しかも1曲が30秒から1分半とえらく短いです。
・・・・ぼんやり聴いていると見失います。

民謡調の節回しがやたら上手いAuf Der Lueneburger Heide。単純そうな曲も十八番のがっちりとアカペラでこなしています。
個人的にはまったのは、Die Landlustのソロ曲。
曲目の羅列でしかないので、調べてみたらハイドン作曲。モーツアルトっぽい可愛らしい旋律です。ハイドンらしいといえばそうなんだけど・・。
このソプラノソロが味わい深い。
往年のビッグネームソリスト君たちのようなびしっとした歌ではないので、聴く人によってはあちゃああと思うのかもしれません。
だけど旋律+ソロの雰囲気+先生のピアノ、ついでにバックコーラスの可愛らしさの合わせ技で一気にお気に入りとなってしまいました。
いうまでもなく、音程も、リズムも正確なんだけど(ちょろっとよろけるのは愛嬌)、どこかチャーミングな歌い方、このころのウィーン少にはこんなソリスト君がいたんだと思うと当時を知らないワタシにはとても新鮮です。

Es, es, es und esではスネアドラムのパーカッション入り、もしかしたら団員さんが叩いているのかなと・・。がっつり3部ですが、途中から入るフルートアンサンブルのピッチがおや?
Muss I denn zum Staedtele hinaus は明るめの声で3部合唱です。コアが違うのか歌い方かえているのかは不明。
Das Wandern ist des Muellers Lustのコーラスワークはさすがです。
シューベルトの曲かと思いきや、ツェラーの作品だとか。
いやはや紛らわしい・・

LPアルバムになるときに削られてしまったSehnsucht nach dem Frühlingはモーツアルトの春への憧れKomm lieber Maiです。少し鼻にかかった声で、個性的な表情です。
マックス様のソロとくらべると(いくらなんでも比べちゃいけない)ほのぼのした素朴な感じがいいです。

Steh nur auf, du Handwerksgesellはすがすがしくこざっぱり。
Es war ein Knab' gezogenはアルトソロ+合唱、このアルトソロがたっぷりと歌いまわしていて、少年歌手的でやたら上手い。Horch was kommt von draussen reinってほらひ、ほらほ、ほらひーやっほうの曲ですよ・・って言ってもわかりませんね。すみません。

アルバム後半の目玉はソロ曲Der Musikant。
ウィーン少のアルバムを聴いていることなんて忘れちゃうくらい。
何度もリピしちゃいました。

調べてみたら、Eichendorf詞によるHugo Wolfの曲!!だそうです。
ウィーン少が歌うWolfって初めてききました。
詞をぐぐって調べてみたら、

Wandern lieb' ich für mein Leben,
Lebe eben,wie ich kann,
Wollt ich mir auch Mühe geben,
Paßt es mir doch gar nicht an.

あらまあ、こんな歌詞を歌っていたのと驚きましたよ。・・
You tubeで聴き比べてもオトナソロに全く互角な歌い回し。
この子(いまはきっと立派なおじ様ですね)はきっとオペレッタで大活躍したに違いないって思います。

ソプラノそろが朗々とした歌い出しではじまるSingsang und Klingklang、Der Musikantのソロ君とはまた異なったソロ。
ウィーン少に限らずこの時代のソロは、堂々として歌い回しが上手で、歌の雰囲気がたっぷりしています。

Nun ade, du mein lieb Heimatlandはソプラノオブリガートが聴きものです。
これ聴いてあ、これはウィーン少のアルバムだって気づかせてくれました。

太字で示した4曲は後年リリースされたアルバムWanderlider und Abendliderではオミットされてます。
ということは割と珍しい音源ではないかと思うのです。
アナログの森で消えてしまっていた作品を リマスタリングしてくださって感謝です。


アルバムがリリースされた1960年代半ば(ワタシまだ生まれてませんけど)家庭で音楽を聴くとなるラジオを聴くか、レコードを聴くか、あとはテレビくらいしかなかった時代。
50年近く過ぎて中古市場に出てこないのは、子どもにせがまれてさんざん聴いて、家族の思い出とともにしまわれているレコードになるのかなあ・・・と想像しています。

試聴とお買い求めはアマゾンと、iTune(忘れるところだった)で可能です。



スポンサーサイト

ドレスデン聖十字架教会合唱団コンサート@オペラシティ

12月週末金曜日,オペラシティ・コンサートホールのホワイエは様々な世代の人々、様々なお国の方でにぎわっていました。
假屋崎さんプロデュースのクリスマスツリーも花を添えていましたよ。

客席はほぼ満席。
開演を知らせるアナウンスのあと、客席の照明がゆっくり落とされるのと同時に客席のざわめきが静まり、さあ、みなさん登場だとわくわく。
静まり返ったホールの1階席後方から清々しい古風な歌が、豊かな響きで聴こえてきました。そして舞台に向かって次第に近づいてくる。
1階席後方に並んだクロイツコアの皆さんが歌いながら入場する形でプログラムが始まりました。

センターブロックの左右の通路を1列になって歌いながら登場。
ソプラノ1・アルト1・テナー1・バス1が左側、ソプラノ2・アルト2・テナー2・バス2チームが右側の通路。(推定)
今回オペラシティでお気に入りのセンターブロック左通路側でしたので、頭上をかすめていくひとりひとりの声にどきどきしました。
先頭を行くソプラノボイスが、変声がすんだお兄ちゃんたちの声に変わっていく。
走馬灯のような瞬間でした(ほかに例えようがないものか・・)
全員が舞台に勢ぞろい、クライレ先生もチーム2の殿でしっかり歌いながら舞台に立ちました。
先生ってテナーだったんですね・・。
一丸となった歌は先生の指揮でまとめられ終わりました。

Veni veni Emmanuelはコダーイの編曲で厚く深みのあるハーモニーでした。レーガーはとても端正で(クロイツコアが歌うレーガー作品好きです)、ブルックナーのアヴェマリアは7声がとても繊細ながら力強く、グリークのアヴェマリア・ステラ、セントジョンズとはまた違う、しっとりとしたふくよかさがありました。
茨の森のマリア様は重厚なハーモニーでした。。

クロイツコアの歌声はしっとりと重みのあるハーモニー、ソプラノ・アルト22人だけでもおどろくほど十分声量があり、ここにお兄ちゃんたちが加わるので、ステージにかなり近い席を選んでしまってちょっと後悔。
15列±5列や2階席で聴かれた方羨ましいです・・・。

トマーナのCDでさんざんきいた メンデルスゾーン6つのアンセムからクリスマス。
ソプラノが歌いだす素朴な旋律がどんどん複雑なハーモニーになっていっていくのを生で聴くことができて感激です。
アカペラのアレルヤのコーラスがクリスマスツリーのオーナメントのようにきらきらしてました。
ワタシにはクリスマスには欠かせない曲になりました。

きよしこの夜にはやっぱりドイツ語歌詞がぴったり。(あたりまえ)一発目のStiの音節だけで、一気に雪の中の教会へ誘われました。
プレトリウスのばらは咲き出でては、ドイツ系クリスマスキャロルの定番曲、旋律の下の内声の動きが結構好きです。
この旋律をモチーフにしたブラームスのオルガン曲が頭のなかで一緒に鳴っていました。

1部のラストはずっとコンサートで聴きたかったLasst uns lauschen。
こちらの記事参照ください

クライレ先生ありがとうございますっ!!

テナー・バスのハーモニーにのせてボーイソプラノが旋律を歌うのですけど、ソプラノソロはソプラノⅠ右端から2番目の少年、高音がすっと伸びてそれはきれいな声でした。
この曲にはろうたけたボーイソプラノよりちょっとあどけなさの残る声の方が合うんですよね、先生。
会場からもおおとため息漏れていました。

後半は英国クリスマスキャロルで華やかに始まり,ソロあり、ソロアンサンブル、オルガン伴奏つき曲ありと楽しめました。
もちろん ドイツのクリスマスキャロルのこれまた定番Ihr Kinderlein,kommt, In Dulchi Jubilo。端正だけど、柔らかなフレージングはさすが。聴いているだけでシアワセな気持ちになります。
グノー&バッハのアヴェ・マリアはボーイソプラノソロ4名+クライレ先生。
実際声は聞こえませんでしたが、先生はしっかり歌いながら指揮されていましたので、ついそっちに視線釘づけに・・ww

ラストのハレルヤコーラスは英語歌詞で、力強く華やかに。
クロイツコアの歌を聴いていて、突如ワタシのなかで長いこと疑問だった「メサイアのなかでなんであの位置にハレルヤコーラスがあるのか」という謎が解けました。それはなにといわれると困りますが・・・え~とそれだけ迫力のあるコーラスだったということです。

アンコールは3曲、最後はからたちの花。
北原&山田先生の曲はドイツ系合唱団が歌うと日本人が歌うより さらに繊細な雰囲気に聴こえます。

そうそう、クロイツコアのドキュメンタリーで主人公のひとりだったLucas青年がすっかりお兄ちゃんとなって最上段バスパートにいました。物静かに微動だにせず歌う姿はとても大人びていて、まあ、Lucas少年ったら・・と親戚のおばちゃんの気分になってしまいました。


この日は早めに職場をでて、オペラシティでお茶でもしよう~とデスク周りを片付けていたらあの長い揺れがやってきました。
あの揺れの時、皆さんはホールでカメラリハーサル中だったそうです。(FB情報)
3.11を経験した日本人ですら、やや、これはでかいぞ、と あの日とあれからの日々がよぎる大きな揺れでした。地震とはおそらく無縁の皆様、怖かったと思います。

実は これは本番、演奏するほうも聴くほうも大丈夫かいな というささやかな不安を抱いて会場に向かいました

しかし、コンサートが終わってみると。

どんなに年が若くてもみなさんプロでした。
大きいお兄ちゃんから、年少の団員さん全員が 手に持った譜面ファイルにときどき確認するように目を走らせる以外は みなさんほとんど暗譜、まっすぐクライレ先生を見つめる視線とその落ち着き払った姿は素晴らしかったです。
ほかの合唱団ではありがちな 一瞬集中力を切らせてしまったらしいお隣さんを、歌いながらひじでつついて音楽の世界へ戻すなんていうほほえましいシーンもありましたが、クライレ先生のもとツアーメンバー全員の集中力と団結力で生み出された しなやかで重厚なクロイツコアのハーモニーは強く印象に残りました。

生きているうちに一度は現地でクリスマスのコンサートを聴いてみたいなあ・・・。



Vienna Boys CHoir ~Jubilate Deo~

久しぶりの最新録音CD、今年9月にオーストラリア国内で販売されました。

Jubilate deo

曲目は

1. Kratochwil Jubilate Deo
2. Victoria Tenebrae factae sunt
3. Anonymous Gaudete!
4. JS BACH Bereite dich, Zion
5. EYBLER Omnes de Saba venient
6. Mozart Sub tuum praesidium K198
7. Mozart Laudate Dominum K.339
8. Lloyd Webber Pie Jesu
9. Schubert Psalm 23
10. Wirth The Choir
11. Schafer Gamelan
12. Kats-Chernin Land of Sweeping Plains
13. Schumann Zigeunerleben
14. Traditional In da Mölltålleit’n
15. Scott Po atarau (Now is the hour)
16. Barr / Macpherson / Cowan Waltzing Matilda
17. J Strauss II Tritsch Tratsch Polka

1.2.11が2011年ウィーン市内の教会での録音、それ以外は2012年7月19-21日Sekirnの合宿所だそうです。
昨年日本ツアーが中止となったブルックナーコアの歌を聴くことができます。

今年のツアーに登場していたクラトホヴィルのJubilate Deoでアルバムがスタート。
リベラのJubilateが上行音型で飛翔するタイプなら、こちらは下行音型気味+付点のリズミカルな跳躍タイプ(意味不明)。曲調がダイナミックにかわるところなんか面白くて気に入ってましたが、なぜかツアー途中でカットされていました。シューベルトコアの演奏が頭に入っているだけに、同じ演目でもカぺルマイスターさんの指導で微妙に違うのが面白い。今年のシューベルトコアはリズムをしっかり強調しているのに対し、ブルックナーコアはレガート気味でフレーズの感じがちょっと違う。聴き比べができないのが惜しいです。
1976年ウィーン少年合唱団のための描き下ろし作品とのこと。

VICTORIA Tenebrae factae suntはボーイズ3-4声が清々しいです。
打楽器入りのGaudete!は交替でソロとコーラスの対比が楽しいです。パリ木風のソロにびっくり。
なんか聞き覚えのある曲だな~と思ったらリベラで聴いてました。これと同じ。
JS BACH Bereite dich, Zionのソロが素晴らしく上手い。アルトソロNiklas 君と名前もクレジットされてます。ピアノが端正でいいなあと思ったら、ヴィルト先生が弾いてるって・・ひゃあ。
久しぶりの登場、EYBLER Omnes de Saba venient、え~オケ伴奏じゃないの?なんて贅沢いいません。ソロがウィーン少ソプラノソロ声の1つ、かっきーんとしたよく通る声のうえ、ピッチもリズムも正確無比です。Philipp君すごいですわ。
Land of Sweeping Plainsで紹介する動画でこの曲のソロ部分が登場しますがが、ご本人?
モーツアルト2曲、K198。Yoon Sang&David組で、声質の似た二人とも透明感のあるきれいなボーイソプラノで丁寧に歌っております。
ボーイソプラノデュエットの最高峰シュテファン&マックス組をとは別の素朴な雰囲気がいいな~と。
いやシュテファン&マックス組が異様に上手すぎたんですね。しかもフルオケだったし・・。
25年近くたってもこの二人を凌駕するコンビは登場しませんねぇ。しみじみ。

ヴィルト先生のウィーンテイストあふれる前奏ではじまるK.339。David少年のソロです。
ノンビブラートで淡々と歌ってます。バックで入るコーラスがボーイズのみの3-4声のせいで、繊細で軽やかな印象。
Pie JesuはFelix&Niklas組がすっきりとしたソロデュエットがなかなかいい雰囲気です。
2011年のプログラムに予定されていたSchubert 詩篇23。70年代のテンポで、じんわりとした雰囲気です。ホールで聴いたらまた雰囲気が違うんだろうなあ。デュナミークで表情豊か、先生のピアノがさらにたっぷり・・
先生も団員時代に歌ったことあるのかなあ。個人的には92年組のほうが好きです。

ヴィルト先生の作品The Choirは、ワールドワイドな印象ですけど、先生のリズムとか和声の扱い方は好きです。
2012年新作。9月9日ブリスベーン音楽祭で初披露される(た)そうです。
アカペラにボディパーカッションと手拍子のリズムが複雑だし、あっちこっちから歌声が聞こえてきて面白い曲です。
来年のツアーで聴けたらいいなあ。
シェファーのGamelanこれもユニークなアカペラです。実際の楽器の音を模したテキストってあります。
2010年ハイドンコアのカプリソみたいな感じ・・ていってもわかる人少ないだろうなあ・・。
Javanese gamelmanってジャワのガムラン音楽のことなんですね。

このアルバムの白眉であるKATS-CHERNINさんの Land of Sweeping Plains、とても印象的な作品です。
晴れた草原の上にいろんな影を作りながら流れていく雲の様。
こちらも9月のツアーでワールドプレミエだったそうです。
こちらの動画ではリハーサル風景と作曲家さんのインタビューが視聴できますね。



伝統曲流浪の民 ワイルドな雰囲気の導入部にたまげました。歌詞のアクセントが、そこまでやる?的に非常に強調されているせいで、夜闇の中 松明の火が爆ぜて、集まったZigeunerさんたちのシルエットが草むらに映る風景が見えてくるような感じがしました。
Und Sagen und Lieder ertönen im Rund,文語歌詞で言ったら♪うたぁいさわあぐ騒ぐ その中に~からのフレーズは音量落として滑らかに。そしてソリストの競演部分は華やかに。個性豊かな声が登場です。小学校の合唱団の花形(?)ソリストだったワタシのソロは♪管弦の響き賑はしく・・でした。(どうでもいいか)

オーストリア民謡はアカペラですがすがしくじっくり。

ご当地ソング第1曲目はPo atarau。ソロ+バックコーラス。
1番歌詞は原語で、2番歌詞は英語歌詞で。
リリカルなピアノ伴奏でゆるゆるとした雰囲気、優しげに仕上がってます。
93年ブルックナーコア(勝手に決めている)のマツナー少年のソロ(勝手に思い込んでいる)の方が好きだなあ。いや65年のビデオも捨てがたい。
いつかご紹介しますね。

2曲目はオールドファン懐かしのWaltzing Matilda、2012年ヴァージョンは楽しく、フレンドリーな感じです。現地のお客さん大喜びしそうですねえ~。
ラストは定番Tritsch Tratsch Polka。
合唱のアレンジが変わったということは気づきましたが 歌詞がWie geht’s? Wie steht’s?版 ではないのですよ。
ライナーノーツ見て気づきました。
歌詞がリニューアルしてましたっつ!
今年のニューイヤーの歌を確認したら、Breckwoldt バージョンですた。
ということは、今年のシューベルトコアも・・・ありゃ、年末になって気づくなんて。

新学期第1弾のオーストラリアツアー、年度末に卒業するメンバーもいたのでしょう。
そのせいかなのか、どこかしら合唱がまだ若く硬い感じは否めません。だけど成長曲線S字カーブのど真ん中にいる皆さん、オーストリアの大きなコンサートホールでどんな演奏をしたのかな、なんて思ってしまいました。

お買い求めと試聴はオーストラリアのABCさんで。



プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<11 | 2012/12 | 01>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。