スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tewkesbury Abbey Schola Cantorum Mozart を聴きました

Coronation Mass in C & Vesperae Solennes De Confes

今年イチオシのCDです。

お、ついに国内でも取り扱いがはじまりましたね。

オール男子によるモーツアルトに、よ、待っていました。
英国聖歌隊に限らずモーツアルトミサ曲ソリストが全員男声っていうのは そんなにCDリリースがないように思います。
あ、もしコレはおすすめというのがありましたらご教授ください。

収録曲は

戴冠ミサ曲
アヴェ・ヴェルム・コルプス
聴もん僧のおごそかな夕べの祈り

合唱はBenjamin Nicholas 先生率いるTewkesbury Abbey Schola Cantorum。
ソプラノ18名のトレブル、アルト5名、テナー5、バス5名の構成。
オケはCharivari Agréableという古楽グループでヴァイオリン5、ヴィオラ1、チェロ1、ベース2に管楽器の編成です。
つい最近はニューカレッジのモンテヴェルディに登場したそうで(まだ聴いていない)す。

ソロは ソプラノLaurence Kilsby, アルトJeremy Kenyon, テナーChristopher Watson, バスChristopher Borrett。
クレジットだけなので、おそらくSchola Cantorumの団員さんでしょうか?

オール男子+古楽スタイルによるモーツアルトは久しぶりっていうか珍しいのでは・・と散々聴いた後に気づきました。
DELPHAINというエジンバラのレーベル、ブリリアントな音色と奥行きのあるサウンドが秀逸です。
2011年7月オックスフォードにあるMerton collegeの教会で録音。


合唱の構成は子どもソプラノ、兄さんたちアルト・テナー・バスという英国伝統のスタイル。
ソロは別としても合唱の18人のソプラノは子ども子どもしていますが、まとまりがよいです。
教会のなかで式典の音楽として聴くにふさわしい雰囲気があります。(英国教会の式典でモーツアルトのミサ曲が演奏されるのかはわかりませんが)

なんといってもソプラノソロを務めるLaurence Kilsby少年の歌が素晴らしい。
完璧です。
声は、華やかでつややか、豊かな響きを有し、テクニックも声量も十分、オトナたちと互角です。
これまたすごいトレブルが登場しました。
ボーイソプラノの不安定感とか線の細さは一切皆無。

ミレニアムにさっそうと登場したハリー君、その後アンドリュー・スウェイト、英国の至宝トレブル系譜につながる声です。
2009年BBCコンテストの優勝者なので、ローレンス少年の登場はミレニアム最初の10年を締めくくり、あらたな10年の始まりという節目にふさわしい、あでやかな美しいトレブルです。

戴冠ミサ
大人数のモダンオケ+大人数の合唱による演奏と違って 明るく、瑞々しく生き生きとしたミサ曲です。
実はアルトソロを務めるJeremy Kenyonさんがかっこいいです。ボーイアルトだとソロアンサンブルに埋もれてしまうのに、目立ちすぎず内声部を作り上げています。
2010年代古楽スタイルのモーツアルトとしてはお見本のような演奏。



アヴェ・ヴェルム・コルプス
はっとするようなアーティキュレーションに何度も繰り返して聴いてしまいました。
この曲を聴くと、映画I am Davidのワンシーンが浮かびます・・・分かる人いないだろうなぁ。

個人的には映画の中で最もコアなシーンでこの歌が登場します。詳細ははぶきますが、登場する片田舎の教会のおじさま・おばさまの聖歌隊にしては、ウマイ合唱だなぁとエンドロールで確認したらウェストミンスター大聖堂の音源でした。(万が一気になる方はyou tubeでI am David 8で検索してみてください・・いらない情報)


聴もん僧のおごそかな夕べの祈り
全曲を聴いたのは、2006のモーツアルトお誕生日お祝いコンサート@シュテファンドーム、50周年記念レコード、いずれもウィーン少の演奏です。厳密に言えば2006はソリストに女声、50周年のレコード(1970年代)はソリストに団員さん起用しているのですけど・・。
男性的で力強い曲なんですね。

DixitDominumはパワフル、Confiteborの奔放さにわくわくします。カノン風の旋律の展開はものすごくしびれる・・あ、ソプラノ頑張れ。Laurence Kilsby少年の声はその昔プラチナ時代のウィーン少ソリストの様でもあり、聴いていて懐かしい。こういうボーイソプラノをずっと聞きたかったです。
Laurence Kilsby少年は、自分のソロがないときはソプラノ合唱に参加しています。えらい子だ。
彼が合唱に入ることでソプラノパートがぐっとしまり、Laudate pueriは重厚なサウンドになります。

Ludate Dominumのソロは切ないくらいに美しいし、バックの合唱もしなやかです。
アレッド・ジョーンズのソロを思い出させます。(あれはバックの合唱がよろしくないのだけど)
339のLudate Dominumは単独で演奏される機会も多いのですけど、やっぱりパンチの利いたLaudate pueriの後に聴くのがいいですね。

終曲のmagnificatは打楽器・金管楽器も入って荘厳な感じです。Tutti,soli,tutti soliの対比も鮮やかです。


聴き終わって残るのは陶酔感。(書いていることがもうおかしい)




スポンサーサイト

Etinenne 2011を聴きました。

この春、ためまくったCDを片っ端から聴いています。
こちらは少し前パスカルさんのお店で見かけて購入した1枚。


Etienne 2011

2010年来日組のエチエンヌ君のソロアルバムです。
ウィーン少団員のソロアルバムって珍しいですね。


収録曲は

1.Laudate Dominum     W.A.Mozart K..339
2.Ave Verum     W.A.Mozart K.618
3.Tu virginum corona   W.A.Mozart K165 "Exsultate jubilate”
4.Panis Angelicus C.Franck
5.Domine Deus A.Vivaldi
6.Vaga luna V.Bellini
7.Voi che sapete W.A.Mozart
8.G'schichten aus dem Wienerwald J.Strauss
9.Die Forelle F.Schubert
10.An die Musik F.Schubert
11."Alcina" Oberto G.F.Handel
12."Alcina" Ruggiero G.F.Hadel
13.Hymne a la Nuit J.P.Rameau

とボーイソプラノ王道曲よりですが、アルチーナのオベルトのアリアや、ラモーのNuitなどが収録されています。

伴奏はマックス様のソロリサイタルに登場されたオオツカメグミ先生のお名前がクレジットされていますが、ハープ、オルガンいろんなサウンドでヴァラエティにとんでます。

エチエンヌ君といえば、フランスに縁があるメンバーと紹介され、フランスから単身のりこんできたメンバー出身ととらえられているフシがありました。ライナーノーツには、お母様がフランスの方、詳細はこちら

2010年来日当時ソロはなかったように思いますが、少人数のアンサンブルには必ず駆り出されていて、とくにトークラスター音楽(曲名忘れた)で最後に残る声にお、と思わせる声でした。
コンサートではソプラノトップの位置に立ち、落ち着いたたたずまいの少年というのが印象に残っています。
来日公演後は魔笛にも出演したそうで、実力者だったんですねえ。

昨年3月の公演の中では珍しくにこにこしてます。





・・フランス語の発音がツボったのかなぁ。


アルバムの声はメゾよりで、ソプラノのピークを過ぎているのかもしれません。
清涼感のあるよく通るのびのあるしっかりとした歌声です。
モーツアルトのk.339のほうのlaudate dominum, Ave verm corpsは合唱入りで聴きたかったです。
3曲目のTu virginum coronaタイトルだけではなんだっけ状態でしたが、モーツアルトの
K.165  Exsultate jubilate2曲目でした。
そう、その昔マックス様がオケをバックにボーイソプラノでばりばりとうたっていた曲ですね。
エチエンヌ君は遅めのテンポでのびのび歌っています。
ヴィヴァルディのグローリアからのDomine Deusはすがすがしいです。
シンタロウ君のアルチーナの録音は残らなかったのはとても残念ですが、エチエンヌ君がオベルトのアリア(?)
を録音で残してくれてうれしいです。

個人的にツボったのはボーイソプラノソロ初お目見えG'schichten aus dem Wienerwald
・・・楽しいです。

めきめきと力をつけていて、頼もしい。
その声は目先のマイクロフォンに集中するのではなく、遠くにいる人たちに届くようにという広がりを感じさせます。何かを伝えたいのだろうかと思うくらい。
深みのある表現に声が時折ついていかないのかなと思わせるところもありますが、楽しく聴きました。
これからがとても楽しみです。

お買い求めはパスカルさんのお店にメールで。

今思い返してみても、ハイドンコアのハーモニーは印象深い。
ルネッサンスから現代曲まで なんでもこい状態。
とくに地名連呼の曲もツアー最後には自分たちのものにしていたし。サプライズのバッハだってトマーナに負けていなかったと(思います)

もうじきシューベルトコアのツアーが始まりますね。

リベラ@オーチャードホール4月13日を聴きました

2年ぶりの来日コンサート 東京初日を聴いて参りました。

あ、自慢します。

渋谷駅から迷わず、まっすぐオーチャードホールに行けましたっ

何年たっても渋谷はアウェー、渋谷駅からオーチャードホールって案外近いのですね・・と今更。

平日夜というのに会場は満席(2年前が嘘のよう)、人数が入っている割には穏やかで静かな雰囲気に、どれだけリベラのコンサートを楽しみにしている人たちが多いのかということを肌で感じました。

ホワイエに張り出されたメンバー表みても、プライズマンさんとラルフとステファンと、2年前可愛らしいMCしていたカシウス少年、つい目がいってしまうカヴァーナくらいしか分からない。(真面目なファンでないのですみません)どんなコンサートになるのかちょっとドキドキです。

コンサート前のアナウンスがメンバーin 日本語。
真っ暗闇の舞台に、6人が登場。
コンサートが始まりました。

Jubilate deo からLieraへ。おおそう来ましたかと感動です。

舞台照明・舞台後方に映し出される映像が今回とても美しかったこと。
弦楽四重奏入りのサウンドも非常に綺麗でした。

今回のツアーメンバーの最年長がラルフとステファン。
コンサート初となる 生命の奇跡・Eternal Light 看板ソリストの二人がシャビーな声で歌うのには不覚にもうるっとしました。
ミニベンが2年前自分の声と格闘するようにうたっていた姿と重なりました。

コンサートで聴くのはお初のSong of Life。
個人的に リベラにしてはメッセージ性の強い歌だと思います。
ラルフのしなやかな声とその歌に惹かれます。(今更)


プログラムのなかで印象に残ったのはGrateful Herat
リリカルなコーラスワークにじんわり来ました。
リベラがラテン語の典礼歌詞を歌うのもそれなりに好きなんですけど、プライズマンさんのアレンジで英国アンセム(になるのかな)も聴いてみたい。

Grateful Heratは、ウィンチェスターコレッジやアンソニーウェイ、聖ポールのアルバムにあり、「いい曲」とその昔自分で書いていました。これ

Far awayで舞台センターに登場したのはちみっこ。
あどけない声で、まっすぐ歌う姿に会場はほろり。
プライズマンさんのピアノは、小さい音でさりげなく旋律を弾いてソリストをサポート。
この先どんな声に成長していくのかな、と会場はソリスト君の親戚一同になっていたに違いありません。

曲の合間に入るMCは日本公演初お目見え君たち。
この1年どんなふうに成長していくのかなぁ。

プログラムの中で聴こえてくるスコーンと突き抜けるようなリベラ特有の高音は誰かいなと声の持ち主を探すとそれは必ずラルフでした。
凄いなあ。
コンサート中ずっと仁王立ち姿に 気迫を感じたステファン。
公演終了まじかに見せたほわっとした笑顔に心打たれましたよ。

アルバムで聴くことができない、ほんわかと愛らしいリベラ。
ライブでありながらも、ちみっこが多くてもコーラスワークは完璧。
タリスのカノンなんかではぞわっとするようなハーモニーでしたよ。

とはいいながらコンサートが始まると同時にあふれる涙をこらえきれない方もおられたようで10歳±2歳のコドモたちには、リベラの音楽を漏らさず 大事に聴きたい満席の会場の雰囲気はきびちいものがあったかしら?
(フィリピンでのコンサートがどうだったかわからないのですけど)
あの雰囲気は大人のプロプレーヤーだって緊張するだろうなぁ。

コンサートを〆るアナウンス

アリガトウ ゴンザマス

会場の緊張も一気にとろかしてましたよ。

今年はどんな曲を聴かせてくれるのかを楽しみにしています。



さくら満開


RIMG0523.jpg

この週末都内は桜が満開。

今年の桜は鮮やかで とてもきれい。


満開の桜によせて


[高画質で再生]

さくら さくら [ホスティング]




Best of Angel Voicesを聴きました

東京の桜は昨日のモーレツな雨風にもってかれたと思いましたが、これから満開になるようです。
朝は外堀、夜は靖国通りと桜を眺めながるのがここ毎日の楽しみです。

リベラ2年ぶりの来日公演に合わせてこのようなアルバムがリリースされました。

来日記念盤

来週末、いよいよコンサートですね。

コンサートの予習に、思い出に。
EMIさん、頑張るなあ。

メンバーの直筆メッセージ(プリント)入りだとか。
EMIさん、やるなぁ。

コンサートプログラムはこのアルバムとほぼ同じになるのでしょうか?

実はリベラの前身セント・フィリップス・クワイヤー時代のアルバムを最近聴きました。

Best of Angel Voices
Best of Angel Voices

最近のリベラサウンドに馴れてしまうと、おお、なつかすぃという感じ。
1990年代前半にはどんな受け止め方をされたのかなぁ、なんて思って聞いていました。
現在普通に入手できるリベラの古い音源になるのかな。

実はこのアルバムは Angel voices 1&2からのコンピレーションだとこの記事を書いているときに気づきました。

しかもAngel voices 1&2持ってるし・・

収録曲は
メンデルスゾーンのO for the wings of a dove, フォーレのレクイエムPie Jesu、といった王道曲のほか、英国聖歌隊お得意の バーゴンNunc Dimittis H.パリーのJerusalem For the Beauty of the earth,
How can I keep from singing? All things bright and beautiful やシベリウス フィンランディアに歌詞をつけたBe still, My soulといった名曲も収録されています。

あとは珍しいSailing, Amazing Grace, Enya作曲のEvening falls、A.L.ウェッバーのClose every door to meなどといった最近の録音ではお目にかからないラインナップも。

ワーナー、EMIとレーベルのステップアップとともに音楽がさらに洗練されていくのは周知の事実です。
そこに一貫しているのはボーイソプラノの美点は最大に、欠点を最小にとプライズマンさんの姿勢。

ワタシの個人的ツボはOliver Putland君がソロのAdoramus Te。
アレンジがものすごいことになっています。






コンサートで取り上げてくれ・・ませんよね。



プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<03 | 2012/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。