スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Duettiを聴きました

Duetti Da Camera

タワレコの店内、訪れるたびに売り場面積が縮小されているクラッシク音楽売り場。
店内を回診中(?)輸入盤だか新譜コーナーを通りすぎたときのこと。
棚から何やらじいいっとした視線を感じ、つい振り返りました。
なんと、そこにはアレッシオ夫妻+クリスティ先生が。

新譜情報にしまった乗り遅れた・・ごめんなさいようと焦ったのは確か昨年12月の話。

アレッシオ夫妻マックス様とジャルスキーさん(ワタシのPC,少し前までジャルスキーって入れるとJALスキーって変換されてました。)そしてクリスティ先生による、イタリアバロック時代のカンタータ集ということになりますね。
ハイスキルな歌手とミニマムな器楽伴奏で奏でられるそれらはデュエット曲だけと思いきや、ジャルスキーさん、マックス様のそれぞれのソロありと、聴いていて飽きないアルバム構成になっています。


イタリアバロックのカンタータや作曲家の略歴に関してはライナーノーツにクリスティ先生が解説してくださり、さらにそれぞれの歌詞も掲載されています。
ステキ写真も満載。
シロウトにはうれしいです。
ありがとうございます。

しかあし。

解説&歌詞は英語・フランス語・ドイツ語のみ。
それらに目を通しながらCDを聴いていると、ショートストーリーの断片みたいな感じ、歌の世界に想像力かきたてられます。

Bonocini Pietoso Nume arcier

静かな滑り出しの上品な雰囲気から、二人の息をのむような重唱が生き生きとして鮮やかです。
あれ~どっちがどっちだぁとこんがらがって聴いていました。

FMancini  Quanto mai saria piu bello

ジャルスキーさんのソロ、滑らかな声と音楽。
ジャルスキーさんの声質って不思議だなと思います。
男性がソプラノを歌う不自然さを感じさせない声だと。
いつだったかヴィヴァルディを聴いていて、ああ、ワタシこのメゾソプラノのヒトすご~く好きだわ~と思うたことがあります。・・・違います。

F.B.Conti  Quando veggo un'usignolo

再び二人が登場。
一番のお気に入りは、こちらの動画5分30秒からはじまります。



コンサート用のドレスアップ姿ではなく、みなさん、普段着で登場。
楽器を演奏するには動きやすいカッコがいちばんですものね。
その中でグレーのシャツ+セーター+スラックスとグラデーションがシックなジャルスキーさんと、ハイエンドカジュアルのマックス様にどうしても目がいってしまいます。

You tubeに上がった動画とかみていてもジャルスキーさんってシャツをお召しになられている頻度が高いような気がします。しかもお似合い。
自分が普段シャツとかブラウスをほとんど着ないので、つい、気になってしまいました・・あ、どうでもいいですよね。
ファッション的には対照的なお二人が横に並んで しかもものすごい近い距離にいながら、それぞれの音楽の世界に入り込む真摯な姿。
聞こえてくるのは、息をのむような緊密なアンサンブルと声の美しさ、豊かな音楽・・ついでに音楽にリンクした自然な手の動き。歌っている表情と手の動きにから目が離せません。

曲のタイトルとライナーノーツからすると、ナイチンゲールに思いを馳せる女子二人CloriとIreneの対話になるのかしら?この二人がどんなシチュエーションなのかは解説からもつかめません。
二人の歌はもちろん、ヴァイオリンの旋律が鳥がふわり空を飛んだり、舞い降りたり、木の枝に泊まって囀ったり、そんな情景が目に浮かびます。
ああ、このヴァイオリンの音色好きだなぁって聴いていたら、ヒロ・クロサキさんでした。
以前からいいなあと思っていましたが、ますます好きになりました。

曲の余韻にひたっているとラストのオルガンにいつもドキっとします。
クリスティ先生のオルガンによる小鳥のさえずりにワオという表情を浮かべるジャルスキーさん、鍵盤からそっと手を放し少し時間が経過してから、うっすらと笑みを浮かべるクリスティ先生、音楽の世界に入り込んで静止したままのマックス様(菩薩様のように見えてしまう)がそれぞれで素敵です。

Bonocini Chi d'Amor

二人の曲。
しとやかな雰囲気、ヴァイオリンが入らないシンプルな器楽伴奏で、後半の曲でマックス様のふくよかな低音にドキ。



N.Porpora Ecco che il primo albore

マックス様のソロ。ボーイソプラノ時代の高音・ビブラートバリバリ系の声を頭に浮かべて聴いていたので??でした。
驚きの原因は「声が低い」
しっとりとした声は変わらないけど、知らない人の声に聞こえるのです。
いや、歌い方とかはマックス様なんですけど・・。

B.Marcello Chiaro, e limpido fonte

レスタシーヴォとアリアが交替に現れます。詩がとてもきれいです・・・英訳しかわかりませんせんが(恥)
6曲目のデュエットのえも言われぬ美しさ。
まろやかなジャルスキーさんの声と、低い音域をうたうマックス様の声が重なり合うハーモニーは永久保存版。
レスタシーヴォをはさみ、終曲ははじけるようなダンス曲になっています。アルバムの中で一番躍動感があって楽しい。アップテンポのなかびしっと決まった二人の歌はすごいです。

B.Marcello Veggio Fille/Parlo a Clori

Tirisi とFileno男子二人がそれぞれが思いを寄せる異性に、方や話しかけられず、方や目をあわせることすらできない。
その原因はなんだろうか。
なんらかの事情、たとえば当時の社会的制約のためなのか、単に奥ゆかしいだけなのか・・なんてそんな野暮を言ってはいけないのであります(たぶん)。
ええ、聞き手の想像別名妄想に任せてください。
旋律が美しく、その歌の世界は繊細でデリケートです。
Marcelloのオリジナルの詩とありますが、どんなに時間がたっても人間の心模様ってかわらないんですねえ。

A.Scarlatti 'Nel cor del cor mio

アルバムのしめは華やかなスカルラッティの作品、一つ一つを聴いているとどれも似た感じかなと思っていますが、繰り返し聴いているとそれぞれの作曲家の作風みたいなのがあって、楽しいわ、と思っているうちにアルバムが終わり、この終わり方も意表をついていてびっくり。


車の中で音割れ寸前のボリュームで聴いていると、お二方がワタシだけのためにうたってくださってるわ、うふと幸せな気持ちになれます。

アルバムを聴き始めたころ、お二方の声をききわけることができませんでした。
ジャルスキーさんの声がマックス様の声に聞こえたりして何度聞いても戸惑います。
何度きいても、こんがらがることがあります。

げ、ファン失格。

マックス様とジャルスキーさん、全然違う声質だという前提できいていたからかもしれないのです。
マックス様、ひょっとして発声の仕方変えた?いや、音楽様式でこういう歌い方なのかしら?
お二人のソロリサイタルを実際に聴いているはずなんですけど・・・
所詮ワタシの耳はこの程度

だけど、途中からこっちがマックス様、こっちがジャルスキーさんと分別して聴くのはもったいない気がしてきました。あえて言うなら、マックス様の低めの声がジャルスキーさんの高音をさらに美しく際立たせているような気がいたします。
ついでに言うならばマックス様ボーイソプラノ時代の名デュエット、メッケル少年とのモーツアルト(ボーイソプラノデュエットの最高傑作ですよね)とか、89年来日公演動画での合唱のなかにしっかり溶け込み、自分の気配を消している様子を思い起こしてしまいます。つい。


ほとんどの曲がYou tubeにアップされていてアルバム買わなくても聴けてしまいます。
便利っていえばそれまでなんですけど、1枚1500円。
アルバムの構成がいいし、BGMに流してもよし、じっくりヘッドフォンで聴いてもよし、オーディオルームでじっくり堪能したり、いろんな楽しみ方ができるアルバムですよ。
ぜひお手元に一枚。

あ~あ、このメンバーでのコンサートを実際聴くことができたらなぁ・・・。




スポンサーサイト

Winter Songsをやっと聴きました

寒いです。


そしてなんだか忙しかったです。
お正月明けから1月末までの記憶が吹っ飛んでいます。

毎晩帰宅すると、そのまま寝落ちしてました。
リビングで行き倒れていたとある夜。
やけに静かで、寒いなあと深夜に目が覚め、外をみたら銀世界だったなんていうこともありました。

かぜも光も、春はそこまできている・・だけど寒い。
暦の上では春といいながらも季節はまだまだ冬。
冬が終わらないうちにと
今更リベラのクリスマスアルバム聴きました。

ウィンター・ソングス
リベラ
B005MJVMSI



昨年はクリスマスアルバムを1枚も聴かなかったので・・・クリスマス定番曲をどんなアレンジでくるのかな、と期待感↑。
アルバムの冒頭を飾るトランペットのファンファーレで始まるJoy to the world。
ハープのアルペジオの伴奏が華やか、そしてリベラのコーラスがふわふわと柔らかい。
あれ、リベラの声ってこんなにソフトでしたっけ?
ソプラノオブリガートソロはキャッチーだし、ラストのコーラス冒頭に入る低音が良いアクセントになっています。

ドイツのクリスマスキャロル定番Still Still、弦楽器の伴奏で素朴な曲が大変身。
2コーラスに登場する変声後の兄さんたちの甘やかな声にはびびりました。

たった3つの音で繰り返されるリズムのメロディーライン。ソプラノユニゾンで始まるCarol of the bell、オブリガートがふぶく雪の様。

ミステリアスなスキャットで導入されるVeni,Veni,Emanuel 実は昨年12月24日聖夜のメサイア@サントリーホールのアンコールで聴きました。
アカペラの揺らぐような旋律に会場が静まり返ったことを思い出しました。
16世紀の古謡、中世の曲とリベラってあいますね。

キングスカレッジのnine lessonsのストリーミングは毎年聴きくようにしています。
トップバッターのOnce in Royal David’s Cityは独特の緊張感。がちがちの声で、聴いているほうもつられて緊張する聴き方に馴れているだけに、リベラのソロはさらっとなんでもないようにうたっていて、しかもウマい。曲後半の低音部がのびやかで、3から4部コーラスとなっているのはまるで英国聖歌隊。

O holy night
ラルフと相方の声の相性、いいですねえ。
途中のヴァイオリンとオーボエ、フルートのアンサンブルが室内楽的で気に入りました。
フレーズが流れるように美しく、リベラのコーラスワークが滑らかです。

White Christmas
ヴァースの部分の難しそうなリズムの旋律をしっとりとうたうのは、発音からして一瞬ジョシュかなぁと思ったのですけど、ステファンですか。
ひゃあうまい。
この部分だけリピしました。
ステファンの歌い方も好きです。
歌い手とその歌い方によっては泥臭く感じるこちらの曲(それも味わいがあってたまにきくにはいいんだけれど)上品でオサレにアレンジされていて楽しいです。

ブリテン登場。Corpus Christ Carol
ハープの伴奏のみで声が似ているステファン&ジェームスコンビで粛々とした歌がしみじみします。
ブリテンとリベラ、この組み合わせもイケますね。

In Duici Jubilo
ドイツのクリスマスキャロル、しっかりリベラテイスト。
かっちりとしたドイツ系合唱団の歌できくのとは全く違う新鮮さが、あるような、ないような。

Have yourself A Merry Little Christmas
ピアノが印象的、とろけるように甘いアレンジと声にびっくり。
個人的にはchoir boys派です、ワタシ。
この曲を聴くと映画[若草の頃]で、クリスマスの夜に主人公の末の妹がわんわん泣きながら庭にこさえた雪だるまを破壊するシーンを思い出してしまいます。
口に出すことができない、ひょっとすると自分で自覚すらしていなかった感情が何かの拍子にわっとあふれでてしまった後には、甘く優しい、そして寄り添うような旋律がじんわりと沁みるのかも。
あ、ワタシのことではありません。
たしか、あの映画は戦争中かそのあたりの作品だったことを思い出してつい・・。

Sing the story
プライズマンさんオリジナルのクリスマスキャロル、ソロがすっきり系。

Coventry Carol
ソプラノソロスキャットのあとに登場にするのが、リベラ、いやほかの合唱アルバムでは聴いたことのないアルト・テナーの声、ぎょっとしました。
ファルセットでも地声でもないナチュラルな少年の声。
ジョシュですか。
コンティヌオのチェロとオルガンの伴奏、これまた雰囲気よいです。
そしてコーラス部分にまさにろうたけた渋いバスが登場してさらにぎょぎょ。
堂々としたバスは誰ですか?メンバー表をチェックしましたけど・・・。
ボーイソプラノのみの高音域で複雑なコーラスワークが持ち味と思っていたリベラのまったく新しいスタイル、いいですねぇ。
この曲がアルバムイチオシという感想をあちこちで見かけました。
ワタシも入れてください。

First Noel
涼しげなソプラノユニゾンとそのあとの2部のコーラスがかわいいらしい。
登場するソロのちびっこ声でひざかっくん。
のんびりとした♪のーえる、のーえるのコーラスを聴いていると、力が抜けます。
しかしラストは兄さんたちが参加し曲がぐっとしまり、おなじみの超高音オブリガートも加わりリベラワールドに。

Jubilate duo
プライズマンさんのオリジナル。ソロも対旋律うたっている子もうまい。
曲の盛り上がりがリベラテーマソングの展開と似ていますが、あっちが開放なら、こちらは自分自身の内面に目を向けているような・・。(意味不明)

While Shepherds watched their Flocks
英国らしい曲調と英国らしいアレンジ、結構好きです。



Lullabye
アルバムラストを飾るビリー・ジョエルの曲。
深みのあるピアノサウンドがいいなあ。
途中の3人のハモリが何度聴いてもじいんとします。
一番低いパートの声の優しさはミニベンですかね。
前のアルバムやyou tubeの動画と雰囲気が違って聞こえるのはワタシだけかなぁ。

Jupiter
浅田真央ちゃんの凄絶な美しさと流れる音楽に、きっとこのアルバムをお買い求めになる方もいらっしゃるのではないかと思います。
何回かテレビでみて、誰のソロかなと気になっていたんですけど、マイケル・エド・ジョシュだったんですね。
なんとなくエドさんがいるような気がしていたんだけど。
いつの間にかリベラに姿をみせなくなったエドさん。
元気かなぁ。

こちらのアルバム10月に英国先行で発売になり、国内でも11月には販売がはじまったと記憶しています。
ワタシはタワレコの店頭で購入しました。
こちら売れてます」コーナーに同じアルバムジャケット4枚並んだのをみて、あら売れているのね、よかったわ、と親戚のおばちゃん気分になりました。
しかーし同じジャケットでも輸入盤2種類、国内盤もどうやら2種類、お値段も4通り。
(だったと思う)
ペーパークラフトといったオマケにも少し惹かれましたが、リベラのアルバムでは初である[話題の高音質CD]を選びました。
長く聴いているとときおり耳がしんどくなる初期のアルバムと比べてまろやかな音質と深みのある音に、新鮮さを感じました。

アルバムが発売されると間もなく収録曲はyou tubeであらかた聴けるようになっていてその人気っぷりはさすが。個人的にはそれらの圧縮されたサウンドではなく ジックリ聴くにはアルバムのほうが格段に音が良いと思うのですが・・・

今回は2005年からリベラの高音ハーモニーをけん引していたメンバーがいろんな楽曲に低音域に登場していて、ハーモニーがぐっとしまっているように思います。
今までのアルバムにも変声後の声が入っている楽曲がありますが、ボーイソプラノユニットの枠組みを少し取っ払った現在進行形のリベラサウンドです。
こうなったら兄さんたちメンバーだけの曲も聴いてみたい。
プライズマンさんよろしくお願いいたします。

録音がちょうど昨年の4-5月、ちょうど1年後にあたる春の来日公演ではどんなハーモニーを聴かせてくれるのかなぁ。







続きを読む »

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<01 | 2012/02 | 03>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。