スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Die Wiener Sängerknaben singen Lieder von Franz Schubert を聴きました

タイムカードの打刻が、日曜日午前0時30分出勤、午前2時38分退勤って・・今週も朝帰りの日曜日。

なかなか落ち着かない毎日に、ついブログも更新が滞りがちになってしまいました。

それでも古い記事に目を通してくださる方がおられるようで嬉しい限りです。

ありがとうございます


さて、超しょぼブログではありますが、ブログを通じていろんな出会いがありました。
心躍るような出会いばかりです。

5月にこっそりご連絡をくださったとある方からは信じられないような贈り物をいただきました。

のコダーイの音源とともに頂戴した「ウィーン少年合唱団シューベルトだけを歌う」(⇒勝手に邦題つけました)の音源です。
60年代初めの頃の録音のようです。



Die Wiener Sängerknaben singen Lieder von Franz Schubert

Leitung:Uwe Mund, Klavier:Heinz Medjimorec

1. Ständchen  D921    
2. Das Wandern       
3. Die Nacht       
4. Der Lindenbaum
5. Nachthelle  D892     
6. Wohin?       
7. Die kleine Schaferin (La pastorella)      
8. Ave Maria

たぶん、二度と聴くことができない絶品のシューベルト合唱・ソロ曲のオンパレード。

まずはゆったりとしたテンポのStändchen 。

ソロとコーラスの対比に夢中になります。
ソロが理想のボーイソプラノストライクど真ん中。
ボーイズのみの3-4部の合唱のはつらつとしたしなやかさで歌の世界が見事に展開されていきます。

宵の口、人々が寝静まる頃。
そっと愛しい人の住む家の窓辺に近づき、愛を告げる調べを奏でる。
どうか眠りにつかないで、まどろみのなかで歌を聴いて・・。
実際歌うのかは別としても、いまどき人さまの家の前でこんなことしたら寝ぼけた声のオヤジにどやされるか犬にほえられるだけなのだろうけど・・・坊っちゃんたちの歌にそしてその歌詞になんだか心臓バクバクします。

シューベルトの歌を聴く楽しみの一つはピアノの伴奏。
足音を忍ばせて、でもできるだけ早く、急いで、急いで、愛しい人が1日の安息の眠りに落ちる前に・・。ああ、ドキドキ。

シューベルトのセレナードD921の録音は、キュイバッヒャー・ランコビッチ・ブレン先生時代のものと70年代のタイマー先生時代にあります。

You tubeには、50年代70年代の演奏と 83年組の日本公演のブートがルネさんご自身によりアップされているものを聴くことができます。

あとはテリーさんの断片とか2006年のピーター君かな。

83年のルネさんのソロ素晴らしいです。
83年

ルネさんてソプラノばりばりだと思っていたのですけど、アルトの音域の艶と安定感がいいですね。

ただ。

いただいた音源のStändchenを聴いてしまうと、曲の印象が異なり、こうなんていうか ときめき度がイマヒトツというか、物足りなさがでてきてしまいます。

その原因はなんだろうかと考えていました。

シューベルトのセレナードは同じタイトルで数曲存在します。
グリルバルツァの詞によるセレナードにはD920 とD921のふたつがあります。
ソロ+合唱+ピアノの構成は一緒、歌詞も同じ。
D921はD920の改訂版。

いろいろググってみると、まずわかったのはシューベルトの亡くなる前の年、1827年7月の作品だということ。
それからシューベルトのお友達で声楽教師をしている女性が、教え子の24歳のお誕生日パーティーでプレゼント&披露するためにと依頼されて作られたといういきさつがあること。
どうやらシューベルトはオール女子だけで歌うようにと依頼されたのに、アルト(メゾソプラノ)と男声4部構成で作ってしまったとか。
その結果、合唱女声版がD921,男声版がD920だそうです。

とはいっても、ウィーン少のすべてのヴァージョンはオールこども、つまり声域的には女声と同じなんだろうけど。

ほかの音源と印象が異なる理由は、アナログ音源だし、レコードの回転速度の調整といった問題を省くと、調性の違いだろうか? というのも、こちらのセレナードはキーが高い。Cis-dur→Des-durになっているんじゃあないかと。

いろいろ頭に詰め込んで聴きなおすと、納得。

ワタシこのソリストと合唱が好きなんだ
と。

あ、すみません。
後日ご紹介いたします。


美しき水車小屋の娘から、さすらい。
向う見ずな威勢のよさ、あばよってな感じで旅がはじまるのでしょう 。
オトナが歌うと「いやあ、昔は元気だっただよね、照れ」みたいな感じに聴こえてしまいますが、はきはきとしたソリストが巧みです。
すごいソリスト君ですよ。
参りました。

何気にシューベルトの夜が好きです。
ささやきのような音量で歌われるしなやかな旋律に 暗闇のなかに身を置いたときの ひんやりとした空気感、明かりを求めて空を仰ぎ見て、星のかすかな瞬きに目をこらす、そんな情景が浮かびます。

菩提樹
♪いず~みにそい~て・・と高校の音楽の授業で触れた曲。
清冽な印象があるのは文語調の日本語歌詞のせいでしょうか?
本当は違うのかもしれない。
じんわりとした翳り、あの菩提樹の傍にはもう近づくことができない、というアウトサイダーの痛みを感じるのですよ。ぼっちゃんの歌で。


夜の明かりに
ソプラノのキーの高さがギリギリな感じですが、そのぶん凛とした空気感を漂わせています。ガラス細工のようなソプラノにうるうるきます。

いずこへは、
キュイバッハー先生時代のソロ録音があり、こちら80年代までのレコードに生き続けています。
クセのある声が特徴、ウィーン少レコーディングのアーカイブに残る唯一のいずこへと思っていたのですけど・・。
こちらの歌を聴くことができて幸せです。
心打たれました。
説明は不要、↓をぜひお聞きください。


[高画質で再生]

F.Shubert Wohin? [バックアップ]


Die kleine Schaferin
どこかしらのどかな歌声と曲調にほっとします。
卒業生というかゆかりの作曲家の作品としてコンサートで登場し、音源も多いのがシューベルト作品。
50-60年代の完成度の高い合唱を聴いてしまうと、70年代くらいから、あれ、もしかしてシューベルトの合唱曲って難易度高い?という印象が・・。
本来の成人ヴァージョンと比較すると、音域とかアレンジのせいなのかな(以下省略)

とはいってもシューベルトの合唱曲って、ウィーン少が歌うとしっくりくるのはワタシだけかしら?
あの雰囲気(どういう雰囲気かっていわれると、説明にこまるけど)は彼らにしかでないんですよね。


アヴェマリア
他の団体と比較してもシューベルトのアヴェマリアって録音少ないですよね。
オーソドックスな歌とピアノ、聴き手としてはキタ―と盛り上がらなくてはいけないんですけど、冒頭のD921といすこへで興奮しすぎてしまい、生真面目で隙のない歌に放心状態です。
おそらく、白黒ビデオ「ウィーンかたぎ」の音源かなぁと思います。こちらの記事参照ください

さて。

このシューベルトだけを歌うのレコードは中古市場でもめったにお目にかかりません。
もし仮に見つけたとしても、曲目かぶりまくっているので、ああ、50年代の録音ねとスルーしてしまっていたのかもしれません・・どこかの中古レコードショップでジャケット見かけていたかも・・(涙)。

ウィーンのレコードではフィリップスのものは、(EP、10インチ、LP、CD)×リイシューとメディアの進化のなかにあっても実にさまざまな音盤に登場しています。
いっぽう、こちらのアルバムのようなEMIリリースは、なかなかそうもいかず苦戦している模様(願望)。
こんな素晴らしいアルバムも忘れ去られちゃうんです。
どうにかならないですかねえ。
ボーイソプラノの芸術作品なんですけどね。

Shi様、ありがとうございました。
 



スポンサーサイト

Eternal Light、いい曲ですね。

前に進んでいるんだか、立ち止まっているんだか、それとも後退しているんだか皆目見当のつかない毎日。

あせったり、おちこんだり、なんだかせわしない。

日曜日の午前2時すぎ、職場からの緊急コール。
夜闇のなか車とばして勤務先へ。

ひと働きしているうちに、夜が明けました。

そして、ぶ厚い雲の隙間からのんびりと青空がのぞく午前7時過ぎに帰宅。

午前様、ちがった朝帰り。

うす曇り、ぼんやりとした日差しに、ああ、もう冬だなぁと思いながら、聴いたのがこちら。





動画に添えられた歌詞を眺めながら聴いて、木漏れ日の中にいるような明るい色調に、ああ、いい曲だなぁと。

You will never lose your way
Because the eternal light will find you
And guide you every day.

この部分のリベラのハーモニーにじんわり。


リベラ4月12、13日と来日するんですね。ばんぶう様からのメールで知りました。(遅)


来年。

アーツさんの2012年コンサートカレンダーがアップされていました。

http://www.japanarts.co.jp/plan/index.htm

2月末から3月にかけてのトマーナのマタイ、4-6月のウィーン少、11月から12月にかけてのクロイツコア・・・with 森さん.

トマーナのマタイ聴きに行きます。

むむ。

明日締め切りのパワポに戻ります。


レーゲンスブルク大聖堂聖歌隊 Solisten Teil 1を聴きました。

久しぶりに学会@大阪で発表してまいりました。
しどろもどろのかみかみ。いちおう発表前トイレにこもって読み原稿何度も練習したのに、嗚呼情けない。どうも本番に弱いタイプ、今週末の座談会@こちらも大阪が心配です。

学会準備やもろもろでどうやって過ごしたか記憶が飛んでいる3週間、ささくれた心を慰めてくれたのはリベラのpeace deluxe editionとレーゲンスブルクのこちら。

solisttenteil1.jpg

レーゲンスブルク1950年代のソロ・デュエット集になります。
お堅い宗教曲から離れて、こなれた世俗曲やクリスマスシーズンの歌になるのかな。
選曲にアルバム制作された方のセンスの良さを感じます。

録音の古さを感じさせない豊かな音楽がぎっしり詰まっています。
収録曲は28曲。

1. Schlafe mein Prinzchen(1933)
2. Schlafe mein Prinzchen(1939)
3. Maria sitzt am Rosenhag(1939)
4. Mendelssohn O wie selig ist das Kind
5. Scubert Du holde Kunst
6. Gluck Einem Bach, der fließt
7. F.Lehrndorfer Wißt ihr, ...
8. H.Schroeder Ihr Hirten, erwacht
9.J.Haas Ich weiß ein hübsches Häuselein
10. J.Haas Es blüh'n drei Rosen
11.M.Reger Maria sitzt am Rosenhag
12. E.Humperdinck Es schaukeln die Winde
13. J.Brahms Die Blümelein sie schlafen
14. Schlafe mein Prinzchen
15. Die Abendglocken
16.W.Bargiel Die Libellen
17.F.Mendelssohn Das Ährenfeld
18.J.Haas Die Bremse
19. R.Schumann Wenn fromme Kindlein...
20. P.Cornelius Wie schön geschmückt
21. J.Haas Ringelreihen
22. J.Haas Ach wär' ich ein Vögelein 
23. J.Haas Kaninchen
24. J.Haas Vöglein, lieb Vöglein
25. C.W Gluck Einem Bach, der fließt
26. F.Mendelssohn O wie selig ist das Kind
27. F.Mendelssohn Wohin habt ihr ihn getragen
28.C.Loewe Meeresleuchten


アルバムは1930年代の歌ではじまります。
くぐもった音で80年近く前の歌声がよみがえります。

トップバッターは33年にリリースされたフリースの子守唄。
おとなっぽい声での厚みある合唱で1コーラス、2コーラス目は2-3部のハミングのみの旋律。その上をソプラノソロオブリガートがさらりと色を添えます。
フリースの子守唄は少年合唱の超定番曲。年代を越えてさまざまなアレンジがあります。
どのアレンジでも、まったりとした(子守唄なんだからあたりまえ)安らかな旋律よりも、ソプラノソロのオブリガートのスペックがつい気になりがち。
歌詞を歌わず、3部の贅沢・濃密なハミングにより 聴いている人の心に1番コーラスの残像がよみがえる・・そんなアレンジがとても新鮮。
1939年3月録音のレーガーのマリアの子守唄。ゆったりと抒情的で甘美な旋律を歌うのは記録に残らなかったソリスト君。ピアノと低弦の伴奏がゆらゆらと美しい。でも、後半に登場する合唱に切なさを感じます。

1950年11月リリースのメンデルスゾーン2重唱。ソプラノ二人がコピー&ペーストしたような声質、子どものストレートな歌声なのにやたら巧い。テンポが駆け足気味なのがちと惜しい。

Track5からは聴きどころ満載。

まず前半は1953―1954年代のソリストUlrich Klaus少年のソロと同時期に活躍したソリストたちの2重唱が展開。

まずはゆったりとしたテンポで抒情的な歌が印象的な音楽に寄せて。ほれぼれとするようなドイツ系クールヴォイスのulrich Klaus少年。こちら
かなり声量も豊富で、たっぷりと歌の世界を展開しています。声の美しさ、表現の巧みさに、うわ、と驚きます。しゃきしゃきとしたEinem Bach, der fließt、ハイスキルなLehrndorfer Wißt ihr, ...なんかは、後年のテルツのソリストのようだし。
クールで硬質な声なのに温もりのある歌には魅了されます。
好きだなぁ、こういうボーイソプラノ。
長じて、秘蔵(個人所有)の音源をリマスタリングしてくださったクラウスさん。彼なくしてこの歴史的録音は世にでることはなかった。足向けて眠れません。
Ich weiß ein hübsches Häuselein で相方を務めるアルトの少年との相性が素晴らしく、
後半のMaria~の甘やかな旋律は印象に残ります。

マリアの子守唄は、シリーズCDでヘンゼルとグレーテルで色気のない夢の精を担当していたDieter少年ですね。相変わらず(?)まっすぐに迷いのない歌です。ブックレットでお顔を拝見しましたが、とても意思の強そうなお顔の少年です。ピアノ伴奏の先生を従え(?)ブリリアントな声なぶん、ソロのあとの無伴奏の合唱が、弱音器をつけた弦楽アンサンブルのようなサウンド、とろけるようなやさしさに夢見心地になります。このメリハリがいいんだよなぁ。

Ulrich少年のソロで、フンパーディングの子守唄。愛らしい曲だなぁ。
ブラームスの眠りの精、きびきびとしたソロもいいけど後半の合唱がしっとりとした風情ビブラートのかかるソプラノが神がかり的に美しい。子守唄シリーズはフリースにリフレイン。レーゲンスは今もこのアレンジで歌っているのかしら?

1956年
Die Abendglogken rufenではディーター少年と2名の(ソプラノ・アルト)のトリオが美しく、3人のソロアンサンブルが楽しいです。CDに残る1954年のヘンゼルとグレーテルの主要メンバー、底抜けにうまいです。
19曲目シューマンの歌は、アルトソロ。ソリスト名が抜け落ちていますけど、

アルバム後半はPeter Hornung少年の登場です。
Ulrich Klaus少年と比べると、ウィーン少のソリストを彷彿させる少し儚げな声。あ~好きだなぁこの声と歌。今はどうか知りませんが、ペーター少年、愛らしい坊ちゃんなんですよ。ご本人


Joseph Haasの作品が登場。
Haas先生はこの録音が行われた当時はまだ存命中でいらして、おおまかにいうとロマン派後期の音楽家ということらしいです。
素朴で平明な作品とレーゲンスのソリストの歌声が合うんですよね。

Peter少年とRudigner少年のデュエットが忘れられないメンデルスゾーンの歌曲が登場です。
ワタシ、この曲にはまりました。
メンデルスゾーンの亡くなる2年前は後世にのこる作品が目白押し、なのに付随音楽「アタリア」は詳細不明の作品になってしまっています。ああ、なんてこった。シロウトが日本語でネットでググってもどんな曲なのか、誰の詞なのか調べることすら不可能。
アマゾンで検索すると、この曲のみ音源がある模様。

メンデルスゾーンの歌はオトナが歌うと、美しいけど、スキがないおとなの声ゆえその甘美な旋律がくどく、ときにうすっぺらく聴こえて、ああ、もうメンデルスゾーンいいわ~ごちそうさまとなります。
ボーイソプラノだと、たしかに技巧的な不安定さという点ではオトナに負けるけど、あまりもたれずにいいわぁって思います。
とはいえ、声が綺麗で、歌えてかつアンサンブル能力のあるボーイソプラノ2名+ピアノが巧イセンセ。
この厳しい基準がないと個人的には満足しません。

唯一メンデルスゾーンのモテトはもちろん天上の音楽如く美しい。録音時に入ったのかリマスタリング時にはいったのかわからない雷のような音にびっくり・・。
ラストはおそらく19のソリストと同じ。深みのあるボーイアルト。

50年代の曲は名曲ぞろい、スーパーソリスト別名看板ソリスト君たちがこれまたすごい。
音楽よし、ソリスト激うま、伴奏文句なし。
看板ソリスト君たちの歌を聴いていると、じっくりとした絶妙な歌いまわしに余韻・余白の妙を感じます。
たっぷりとした品の良い情緒が心地いいし落ち着きます。
Theobald Scherm先生の指導のもと 少年の声で歌うことのできる限られた時間のなかで、才能を伸ばした歌声は50年という時間を超えても輝いています。

お買い求めと試聴は、パスカルさんのお店で。

クラウスさんの丁寧な解説を読みたいのですけど、ドイツ語のみというのが残念ですわ。



プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<10 | 2011/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。