スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mozart Krönungsmesse ・Spatzenmesse ・Harrer

Mozart;Coronation Mass
80年代初頭の声が聞きたくて、聴いていました。
83年4月録音のモーツアルトミサ曲集
正確には1983年4月27日から5月2日にかけてローゼンヒューゲルでレコーディングです。

オケはウィーン交響楽団、指揮はハラー先生、合唱はウィーン少年合唱団とコルス・ヴィエネンシス、ソプラノ・アルトソロは団員さん、テノールがペーター・イエロージツさん、バスはゲルハルト・エーデルさん。

いわずもがな、声楽部分はオール男子

アマゾンで在庫状況を確認してまいりました。
どうやら国内版は入手困難です。

どうでもいいことなんですけど、このCD発売当時、国内での販売価格は4000円だったそうです。

45分のCD1枚が4000円

ああ、でも十分すぎるほどその価値はあります(って中古で購入してます、すみません)

LPも1984年に販売されています。
オランダフィリップスからのリリース、国内の発売元は日本フォノグラム、日本語の帯とスリーブが1枚ついているのみ。こちらはお値段2800円也。

この価格差にはいまさらながら驚きです。


収録曲は

ミサ曲ハ長調 戴冠式ミサMass in C major, K 317 "Coronation
女の産みたるもののうち Inter natos mulierum in G major, K 72 (74f)
ミサ・プレヴィスハ長調 雀のミサMissa brevis in C major, K 220 (196b) "Spatzenmesse"


以上3曲。

適当なボリュームでぼんやり聴いているとどことなく懐かしい雰囲気だわ~なんですけど
久しぶりにオーディオで再生してみたら、奥行きのある繊細なサウンドにびっくり。
ちんまいワタシの部屋がコンサートホールのS席です。

マックス様サイン入りCDウォークマンでボリューム上げて聴くとソロアンサンブルの迫力にたじたじ。合唱のフォルテにのけぞり、ピアノに身をかがめる。忙しいっちゃありゃしない・・・傍目で観ていたらアヤシイひとです。
どうやらこのアルバム再生するデバイス(ヘッドフォンこみ)で音が全く違うのですよ。
フィリップスとウィーン少って相性いいんですよねえ。
ライナーノーツがそっけないのは仕方ないけど。

アルバムを通してきくと、まとまりと厳かな雰囲気はハラー先生のオーソドックスな仕上がり、奇をてらわないまじめな正統派の演奏だと思います。
オール男子声楽部分の濁りのないハーモニーはすっきりしていて力強くもあります。
だけどボーイズが担当するアルト・ソプラノがそれはもう清らかで、はっとするような透明感を作品に与えています。オケの後方からそれは素敵すぎる合唱が聞こえてきます。
団員さんの参加は1コア≒25人かな、きっちりとまとまった各パートはお見事ですね。

ミサ曲で登場するソプラノソロが、大人びた声の団員さん。これがずば抜けてウマイ。
堂々として、臆することありません。どの音域でも安定しているし、声量が豊富。どこかしら83年組のルネさんの歌い方を思いこさせるんですけど、83年組は日本ツアー中でしたものね。
そしてアルトソロがふてぶてしいほどの迫力満点の(→これでもほめているつもり)団員さん。
このアルトソロすごくいいわぁ。
ミサ2曲とも4人のソロアンサンブルの美しいこと。アルトソロがしっかりしているせいで、立体的なソロアンサンブルになっています。

戴冠式ミサ
重厚なキリエのコーラスから、ソプラノソロがすっと登場する部分は鮮やか、テノールソロがかぶってくるところは相変わらずどきどき。
グローリアの合唱―ソロアンサンブルー合唱の対比が何度聞いてもわくわく。合唱の音色が豊かですね。
戴冠ミサ曲のなかで一番好きなのはCredoです。
中間部でがらっと雰囲気の変わるCrucifixus etiam pro nobis,のフレーズは何度聞いても感動するし、声楽部分だけでなくオケがかっこいいです。
Sanctusの合唱のきらびやかなこと、そしてしっとりとしたソロアンサンブルが美しいBenedictus、アルトソロの団員さん上手いなぁ~。ボーイアルトソロはどうしても埋もれちゃうのに絶妙なバランスですよ。
Agnus Deiの3分にわたるソプラノソロの力強いこと。ミサ曲結びdona nobis pacemはソプラノソロからテノールソロに移っていくところが好きです。イエロージッツさんのまろやかな発音と歌声にうっとり。ソリストが加わって合唱で大盛り上がりして〆。

ソロの入らない「女の産みたるもののうち」は 柔らかくしなやかな団員さんたちの合唱が聴きどころです。弦楽器の前奏聴くだけでわくわくしますよ。90年にDVDに収録されている後年の録音より、こちらの録音の方がお気に入りです。

ラスト16分は雀のミサ曲、モーツアルトの若かりし頃の作品。
これがvividです。ここのところ朝・夕で聴いています。

あ、そうくる?え、この先どうなるの、とわくわくする旋律やハーモニー展開がてんこもり、スリリングです。そして若い頃のモーツアルトらしい、奔放な自由な旋律がきらきらしています。
CredoのCrucifixusのフレーズ聴くまでミサ曲を聴いていること忘れてしまうくらい楽しい。演奏も戴冠ミサ曲よりも濃密で、ソロが一部の隙もないくらい見事にはまりこんでいてタフ、そしてみずみずしい躍動感あふれています。
ラストのアニュスデイ、dona nobis pacemでkyrieの旋律が再登場するところで世界が完結する感じがしていいなぁと思います。

とても有名な評論家さんが「雀のミサいまひとつ」みたいなことをおっしゃっているそうですけど、ぜひこの演奏をきいていただきたい。(上から目線)

え、なに?既に彼岸の方?あ、そりゃあ無理ですね。
ちっ(怒)

仕事を終えて帰宅途中へろへろになったところで聴くと、漠然と勇気がでてきます。

このアルバムを聴いて、オールドファンの皆さまのご推奨グロスマン先生の雀も聴いてみたくなっています。
LPは持っているんだけどなぁ。


話をもどして、このアルバム、輸入版なら1984年2月29日発売のものと、1999年の再販の2種類が存在するみたいです。各国アマゾンのマーケットプレイスをのぞいたら中古で最もお安いのが2ドル弱となっていました。
うえ、まじでぇ。

お探しの方、B000026KMKで検索してみてくださいね。

スポンサーサイト

「ハレルヤ~カレーラス with ウィーン少年合唱団」

その昔、父が音楽番組をエアチェックをしたままにしていたテープを借りて勉強しながら聞いていたことがありました。曲がはじまる前にアナウンサーが、作曲者と曲名、演奏者の名前を告げると、勉強の手を休めてそれをメモしてカセットテープのラベルやケースに書き込んで、整理したりもしていました。

それがいつごろだったのかとか、どんなことを勉強したのかとか 細かいことは忘れてしまいましたけど、そのとき聞いた音楽はうっすらと記憶に残っています。

・・・と前置きがながくなりましたが、このアルバムもそうやって聴いたように思います。

Ave Maria


ハレルヤ~カレーラスwithウィーン少年合唱団(欧米タイトルは Ave Maria)

1983年4月25-29日にかけてウィーンで録音、指揮はハラー先生、オケはウィーン交響楽団です。

時期的に83年組は日本公演中でしたので、ウィーンに残るコアが録音に参加しているのでしょう。
聴いていると最低2つ以上のコアが参加しているかもしれません。
そうそう1983年4月といえば、このほかにモーツアルトのミサ曲なんかも録音されていましたね。

新しい録音と、古い録音のリイッシュー。
この当時、いろんな会社から相次いでリリースされる彼らのレコードはからならず売上ランク上位だったと、ファンクラブ会報の昔記事にありましたねぇ。


さてこちらのアルバムに登場するカレーラスは当時30代後半。
若々しくみずみずしい歌声を披露なさっていて、折り目正しく、節度を踏まえたさわやかな歌と、ライナーノーツに讃辞されております。
その通りかどうかはよくわかりませんけど、カレーラスが担当するのは「宗教的な色彩をそなえた歌曲」ばかりとあって、とっつきやすくききやすいです。

収録曲は10曲トータル45分ちょい。

ヘンデル メサイヤからハレルヤコーラス
フランク天使の糧
ストラデッラ 主よ、憐みたまえ
アルバレス 祈り
シューベルト ドイツミサ曲から 聖なるかな、聖なるかな
グノー アヴェ・マリア
ビゼー アニュス・デイ
ヴェルディ 4つの聖歌より「聖母マリアの讃歌」
グノー侮悟
バッハ 主よ人の望みの喜びよ


ヘンデル メサイヤからハレルヤコーラス
アルバムの冒頭を飾るにふさわしく華麗なハレルヤです。
録音のせいかコンサートホールの後ろできいているようなひと塊的な音ですけど、統制がとれていて、それはウィーン少のソプラノ・アルトパートがかっこいいです。
ヴィエネンシスのテナーパートが張り切ってるぞ、うぷ。
「国王ジョージ2世がこのコーラスの途中で感動のあまり立ち上がり、以来このコーラスは起立して聴くのがならいとなっている」の解説に時代を感じます。「国王ジョージ2世の故事にちなみ、このコーラスは起立して聴くのがならいとされていたが近年では行われなくなっている。」勝手に改訂by hiromian

フランク天使の糧
たっぷりつややかなオケにこれまたつやつやしたカレーラスの歌、ボーイソプラノのちんまり(あら)あっさりした歌よりは、これくらいがっつり歌ってくださるとすっきりしますわ。
後半に合唱が入るバージョンではなく、ソロの旋律を追いかけるのはヴァイオリン。
ド派手なオケにライナーノーツの解説「宗教的な内省さにつつまれた歌曲」がここまで化けるとは。

ストラデッラ 主よ、憐みたまえ
イタリア・ヴェネチア楽派の作曲さんの作品。有名な曲だそうです。
カレーラスの歌も迫力あるし、旋律もせつせつとしていて胸を締め付けられるよう。
ハンケチを絞りたくなるようです。
ソロの合間のコーラスでボーイズのユニゾンから3部別れるハーモニーの切ないこと、そして登場するソプラノパートが、ぞっとするくらい美しいです。ソプラノパートにミニカレーラスがいます。

アルバレス 祈り
オケを従えてカレーラス大絶好調、いい曲なんだけどそろそろ耳が疲れてくるです。

シューベルト ドイツミサ曲から 聖なるかな、聖なるかな
ヴィエネンシスと4部合唱、ドイツ語のテクストをじっくりたっぷり。
じわじわ、ごつごつとした渋い合唱です。
ドイツミサ曲の録音って80年代、90年代にありましたよね。

グノー アヴェ・マリア
ハープのアルペジオにロングトーンの弦楽5部のゴージャス伴奏、力強いわ。

ビゼー アニュス・デイ
アルルの女第2組曲、第2曲にミサのテクストをアニュス・デイをつけています。
化けました。
導入の合唱はボーイズのみ。サックスのソロパートをカレーラスが歌っています。
昔は合唱のおどろおどろしい感じが好きでなんども繰り返してきいたのですが、今となってはラストのカレーラスさんの爆音にびっくり。
こちらの動画の前半部分です。




ヴェルディ 4つの聖歌より「聖母マリアの讃歌」
女声4部をボーイズだけで歌っています。
しかも無伴奏。
その昔コンサートプログラムによく登場した曲だそうです。
繊細なハーモニーとドラマティックな展開で、透き通るようなソプラノ、安定した内声部、豊かな低音はお見事です。ハラー先生の抑揚のある指揮のもと、鉄壁のアンサンブル、清楚さにはっとします。


グノー侮悟
管弦楽にのせてたっぷりとカレーラスの美声が朗々・・悩める主人公が、月明かりの窓辺によりそってせつせつと歌うアリアのように聴こえるのですけど、ヴァイオリンソロ(推定)がセクスィ、オーケストラも華やか。

バッハ 主よ人の望みの喜びよ
カンタータ147のコラール。ノンビブラートの弦楽の前奏に続いて、ヴィエネンシスとの4部合唱、厚みのあるコラールにトランペットがきらきらとした音色で加わり明るい色調のまま進んでいきます。

どういったいきさつでこの企画が持ち上がったのかはわかりませんが、カレーラス大好きという方も、ウィーン少大好き(80年代限定)という方も満足できるアルバムだと個人的に思います。
厳しいことをいえば、少年合唱団とオペラ歌手のコラボ、あっているんだかそうでないのかはお好み次第。
ストラデッラの抒情的にたっぷり歌うカレーラスさんのバックで、ぞっとするような美しい声で歌ってるウィーン少の対比的で面白いなぁと思うのですけど。

ぼぉっとしているとオペラアリア集を聴いているような錯覚に陥り途中でアルバムコンセプトを見失いかけますが、83年当時のウィーン少の合唱、見事です。

手持ちの国内版CDは90年フィリップスレーベルから販売されたもの。
現在国内版は廃番です。

試聴はAmazonアメリカiTuneStoreで。



山にむかいて目を上げよ 

F.メンデルスゾーン作オラトリオ「エリア」、第28曲「山にむかいて目を上げよ」が突如聴きたくなりました。
第2幕の初めのほうで歌われる3天使の歌、コンサートでは(舞台形式でした)2006年サイトウキネンで聴きました。
会場にすっと一陣の風が吹いたかと思うような涼しげなテルツェットだったと記憶しています。

エリアの初演は1846年8月英国だったそうです。(wikiのうけうり)。
いくつかの改訂を経て本国で演奏されたのが翌年10月。
そしてメンデルスゾーンが没したのは翌月です。

まずはドイツ語歌詞、ゆったりめのテンポで歌われるこども3天使のハーモニー。
わずか39小節の世界。



1982年録音か放映のテルツの動画。
3天使の画面向かって左端のメンバーは、もしかしてバイエルンの天使たちのモデルになった少年ではないでしょうか?

ソプラノの高貴な歌声と丁寧な歌は味わい深い。さりげないアルトの深みもはっとさせられますね。


実はこちらの動画、聴いているとあれ、というようなテルツのカンマーコア(推定)らしからぬ実にかわいらしいミスらしき箇所が1つだけあるのです。

いや、もしかしたら、動画の持ち主さんがリピしまくってもとのテープが傷んでしまっただけかもしれません。

譜面をチェックしてみると、左端君は基本的に第1ソプラノのようですが、とちゅうで第2ソプラノの旋律を歌ったりと、第1ソプラノと第2ソプラノの旋律が実はちゃんぽん状態。
すごいことしています、テルツの皆さま。

左端君の声にツボって動画をリピートしまくっていて気付きました。
「姉さん事件です」的なあと、左端君は何事もなかったように第2ソプラノの旋律を歌い、また第1ソプラノの旋律にもどっているような気がします。
なんてすごいんだ左端君(暑さのせいでもうろう、はんぱなく妄想↑↑です)
たしかバイエルンの・・の作者の方は左端君の声はコンサート向けの声で、あまり録音に残っていないなんて記載されておりました。


続いては英語歌詞バージョン。
トリニティー少年合唱団の演奏です。
http://www.youtube.com/watch?v=8EUtcq7M1qY

ドイツ語・英語どちらの歌詞できいても、いい曲ですねぇ。




プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<07 | 2011/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。