スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twice were Angels を聴きました。

Twice Were Angels: Tradition of Boy Trebles 2
Twice Were Angels: Tradition of Boy Trebles 2



こちらのアルバムはグリフィンレーベルからのリリースですが、原盤はアルファ&アビーというレコード会社のアナログ音源。
パート2的なタイトルですが、クリスマスアルバムをはさんでいるので実質的には第3弾です。

ソプラノの音域で歌えるわずかな期間にその素質を開花させた少年たち。
英国聖歌隊=白い声といわれる(→この形容がいまだによくわからないのです、ワタシ。)歌声は、実はヴァラエティーに富んでいて個性的と感じます。優秀な指導者と音楽教育の賜物それに加え、知悉したプロデューサー兼エンジニアさんによってアーカイブスとして残そうとしている。
英国って凄い国だなと思います。

1 Morning has broken (trad gaelic, words Farjean) Mark Robson
2. The Trout (Schubert) David Pickering
3. Shepherd, Shepherd, Leave Decoying (Purcell) Andrew Brough & Christopher Smith
4. On Wings of song (Mendelssohn) Daniel Ludford-Thomas
5. Angels ever bright & fair (Handel: Theodora) Jeremy Bowyer
Dara Carroll
6. Will ye no come back again? (trad)
7. Faery Song (Boughton: Immortal Hour)
8. Lullaby (Brahms)
9. Road to the Isles (trad.)
Michael Criswell
10. There is a Green Hill Far Away (Horsley, Alexander)
11. Quem Pastores Laudavere (anon C14, Rutter)
Andrew Wicks
12. Buckingham Palace
13. Halfway Down the Stairs
14. Polite
15. Lines & Squares
16. Vespers
17. No John, No
18. Blow away
Daniel Norman and Justyn Christer
19. I waited for the Lord (Mendelssohn)
Daniel Norman and Christopher Betts
20. O Lovely Peace (Handel: Judas Maccabeus)
Daniel Norman
21. Bist du bei mir (J S Bach: Anna Magdalena)
22. Pie Jesu (Durufle Requiem)
Paul Dutton
23. The Holy Boy (Ireland) (words H.Brown)
24. The Holy City (Adams)
25. Bless this house (Brahe)
26. Hey, Ho, the Wind & the Rain (Quilter)
Robin Blaze
27. The Call (Vaughan Williams: 5 Mystical Songs)
28. Abide with me ("Eventide") (Monk, words: Lyte)


淡々とした声で歌われるMorning has broken。きびきびとしたトレブルパートのユニゾンは、可憐です。
シューベルトの鱒in English、英国聖歌隊ソリストのドイツリートは珍しい。英語の歌詞のせいかさっぱりしています。
Shepherd, Shepherd, Leave Decoyingはトレブルデュエット、往年のウィーン少のソリストっぽい声です。
のびやかな透明感のあるソロとオルガンのコラボが美しい歌の翼に。
安定感抜群の Angels ever bright & fair。うわ~ウマイ。

1970年代初頭のNew collegeのヘッドコリスターだったダラ・キャロルのしっとりとした民謡。
トレブルのうちにソロアルバム2枚リリースしているつわもの。
ブラームスの子守唄、今まで聴いた中で最もキーが高く、ついでに英語。若干しんどそうに聴こえなくもないのですが、彼の歌の世界はしっかりとして面白いなぁと。
Road to the Islesで跳躍しまくる旋律とユニークなリズムの歌も軽々とこなしています。

ダラ・キャロルの4年後にNew collegeのヘッドコリスターとなった マイケル・クリスウェル。
アルバムに収録されているThere is a Green Hill Far Away、いい曲だな~とyou tubeを検索していたら、リベラのバージョンを発見しました。
http://www.youtube.com/watch?v=hgcypzhIIjA
うわ、マイケルとトムちびっこ時代のソロが聴けます。

未発表曲収録していますとわざわざ断りがあるうえに、ライナーノーツの記載が最も多いAndrew Wicksの歌。
A.A.Milneの詩集「クリストファー・ロビンの歌」にH.Fraser-Simsonが作曲した作品が5曲。
クリストファー・ロビンっていうとプーさんですか、程度の知識なので、調べてみましたら、詩のほうはこちらに掲載されておりました。ここ

歌詞の意味がわからず聴いていてもピアノの伴奏に乗せた旋律に おお、いい歌だなと思ったのですけど、歌詞を眺めながら聴くと、非常に丁寧に歌われているし、曲によって歌い方が変わるAndrew Wicksの歌にフォーリンラブってしまいました。
音楽よし、アンドリューよし、うわ、幸せ。

Vesperの愛らしさ、Halfdown the stairsはいい曲だなとyou tubeで検索したら、マペットかえる君がまさに階段の真ん中で歌っていました。



マペットかえる君の歌もしみじみとした味わいがあっていいのですけど、英国伝統のトレブル、飾り気のないまさしくピュアなボーイソプラノと細やかな表現力で歌われるアンドリューの歌は絶品です。
民謡2曲も魅力満載。
なんつううまさ・・・CD化されていない岩の上の羊飼いbyシューベルトの録音聴いてみたいっす。

クリストファー・ロビンの歌、すごく気に入ってしまいました。
1920年代の作品らしいのですが、優しい音楽と旋律にほっこり。

英国を代表する作者と英国を代表するトレブルソロのコラボ。
トレブルソロの音源はほかにあるのでしょうか?

メンデルスゾーン 交響曲第2番讃歌の第5曲目、これを聴いたエライ方がラファエルの描く天使の如くと称賛した(らしい)名曲I waited for the lord.
最近ではヒビキ君とシンタロウ君のデュエットが印象に残りますが、あれは合唱つきじゃないのが惜しい。
殿堂入りの演奏はウェストミンスター大聖堂のマーク&イーモンコンビです。
この曲が収録されているCがD好きすぎて3枚買いました。(保存用、聴くため、布教用)
こちらの演奏ソリストよし、合唱仕方なし、ショートカットバージョンにバツ。
Daniel Norman と Christopher Bettsコンビで O Lovely Peace、これは本当にラヴリー。
下のパートを歌うChristopher Bettsが巧い。
英国聖歌隊のソリストにしてはかなり力強い声の持ち主と感じるDaniel Normanの Bist du bei mir。
堂々とした歌いっぷりのレクイエム。

可憐ではかなげないかにもボーイソプラノのダットン父の歌。
とろとろと甘い声ですね。
かわいらしい声なのに自在な表現・・・ビジュアルと声のイメージが合わんです。

ラストは現在カウンターテノールとして活躍中のロビン・ブレイズの歌。
硬質な澄んだ歌声でこれまたすごい。

このアルバムに音源を提供(?)しているアルファレコード会社のハリー・バディさんは1960年代から80年代までの間に英国聖歌隊やソリスト君たちのレコーディングを専門的に行ったいわゆる英国聖歌隊レコーディング業界の大御所だそうです。
ハリー・バディさんの確かな耳と技術で録音された歌はアナログからデジタルの変遷を経ても、クオリティーはそのまま。
もちろん歌っている少年たちのスキルの高さは折り紙つきですけど、実はボーイソプラノ音源の生命線はレコーディング方法やサウンド作りにありなのです。
バディさんのアルファ・トーンと称されるサウンドはデジタル化されても安心して音楽に集中できます。
このこだわりこそが英国だわ。

そしてボーイソプラノの歌を愛する伝統と土壌があるからこそ英国にリベラというグループが生まれるのも当然かぁと思い当りました。



スポンサーサイト

ヘンデルぐるぐる

先週の土曜日の朝、車で出勤した際BGMにと選んだのがこちらのアルバム。

Concerti Grossi Op 6, 9-12
George Frideric Handel English Concert
B0000057CF


トレバー・ピノック指揮、イングリッシュコンソートの1982年録音。
学生時代からおりに触れて聴いている1枚。
ヘンデルといえば、メサイアや水上の音楽ではなく、このコンチェルト・グロッソが一番好きなのです・・あ、ヴァイオリンソナタもはずせない。

ただ、以前聴いたのがいつか思いだせないくらいのご無沙汰状態で聴きました。
つぎからつぎへと現れる旋律と様式の美しいこと、表情の豊かなこと。
9から12番それぞれ4-5曲の楽章から構成されていて、いずれの曲もはずせない。
ドラマチックだったり、勇壮だったり、エレガントだったり、せつなかったり、田園風だったり、かわいらしかったり、ユーモラスだったり・・。

小さな宇宙がいっぱい。


イングリッシュコンソートのバランスが良い、統制のとれたアンサンブルは、とてもきめ細やか。
からっとしたクリアで明るめの音色。生真面目な演奏だからこそヘンデルの音楽に吸い込まれていく・・なあんてエラソーなこと書きましたがピノックとイングリッシュコンソートのCDはこのシリーズしかもっていないのです。

自分の好きな音楽を携帯できる昨今と違い、お気に入りの作曲家に自分のための音楽を書かせ、自前の楽団に生の音楽を演奏できたのは王侯貴族の皆さまのみ。
ああ、もしこんな音楽が食事中に流れていたら、ご飯そっちのけで聴いちゃうなぁと、テレマンのテーフェル・ムジークと勘違い。あ、ターフェルムジーク聴くとおなかがすきます。とっても美味しそうな音楽です。

ばか丸出しの妄想とともに、バッハを聴くのとは違い、あらぁ気楽でいいわ~なんて、家に帰ってから家事をしながら聴いていたのでピノックとヘンデルのお怒りを買ってしまったのかもしれません。

1週間たったのに頭のなかでは、このアルバムがシャッフル状態。4-16小節単位で旋律が鳴りっぱなし。
ヘンデルぐるぐる。
とっつきやすく、聴きやすい。
だけどいろんな感情を呼び起こすヘンデルマジック。



他の団体の演奏ですが、このAir大好きです。



バイオリン2パートがユニゾン、ビオラとチェロのみのシンプルな構成でこうだもんな~
ヘンデル万歳!





続きを読む »

シンタロウ君の歌うPie Jesu



こちらにいらっしゃる方はもう何度もご覧になられていることでしょう。

Geniaさんと一緒に白のコンサートユニフォーム姿でさっそうと現れ 舞台前方に立つシンタロウ君。

Geniaさんが歌いだすPie Jesuの透明感、4回の繰り返し、ひとつひとつに繊細な表情があってこれにはワタシだけでなくオケの木管パートの兄さんがたうっとり。

メロディーが動き出す♪Qui tollis~ですっと伸びる上品で気高い声。
そのあとのフレーズの滑らかなこと。

木管アンサンブルの間奏につづくシンタロウ君のソロ。
ふんわりと音楽に乗っかり、艶のある声で歌いだします。
3回目のPie jesuのところでGeniaさんはシンタロウ君を見ていました。
そこから始まる二人のハーモニー。
Geniaさん、シンタロウ君のアイコンタクトに答えてあげてくださいな、とこの動画を見始めたころは PCモニターに向かってつぶやいちゃいましたが、何度か聴いているうちに、Geniaさんしっかりシンタロウ君をわかっているな・・とその歌い方で気付きました。

祈りの音楽ですものね。
二人のハーモニーは静かで、穏やかでいつまでも聴いていたい。

ただ、キリストの降誕を祝うコンサートで何故にレクイエムなんだろう。
実はそんな疑問が。

その答えはこのレクイエムが作られたいきさつと関わりがあるのかもしれません。
クリスマスだからこその祈り。

シンタロウ君とともにさりげなあく入るテナー?のやさしげなこと。
おおい、シンタロウ君、こっちに来るの楽しみにしてるよfrom テナー・バスパート一同(妄想)
・・・シンタロウ君がソプラノで歌うことができる時間にもう少し猶予をください、神様。

2008年、2009年と同じ趣旨のコンサートで舞台後方にいて、音楽に彩りを与える合唱団のメンバーとして参加していた少年が、ソリストとして堂々と歌っている。
それ自体も驚きですが、祈りの音楽を、自分を調和させひとつの世界を築いている。

凄いなぁ。

曲が終わってコンサートホールから沸き起こる拍手に、聴衆のみなさんが心から満足した演奏だったんだなぁ~。いいな、うらやましいなぁ・・・。

L様、動画のアップありがとうございました。

れんげ様、お知らせありがとうございました。アロイス君のソロアルバムがin pressというニュース(もしかしたらすでに発売しているのかも)を読み、シンタロウ君の声も残してほしいなとワタシも思います。



続きを読む »

1970年の歌劇 ヘンゼルとグレーテル

レーゲンスブルクのヘンゼルとグレーテル。
1954年ライブレコーディングCD(こちらの日記参照)のライナーノーツに記載されていた1970年ZDFプロダクション映画の存在を知りずっと観てみたいと願っていました。

ついにでました。

1970年のヘンゼルとグレーテル

昨年年末にドイツ国内で放映されたそうです。

うらやましい~うらやまし~ぃ

配役は

父Walter Berry
母Ruth Hesse
ヘンゼルDietmar Strauss
グレーテル Franz Josef Kiefer
子どもたち Regensburger Domspatzen
オーケストラ バイエルン国立歌劇場管弦楽団
指揮Heinz Wallberg

だそうです。

You tubeにアップされているのはラスト10分。
魔法が解けたこどもたちとヘンゼルとグレーテルの歌のシーン第3幕「もう永遠に呪いがとけて」からフィナーレの部分。

堅牢なオーケストラの音色とハイスキル・ハイレベルな歌。

圧巻です。

お菓子の家の周りを二人でダンスしているところは、元気良すぎ、お父さんにハグされて固まるグレーテルに噴いてしまいましたけど。

最後に登場するお父さん役の声に惚れました。
ヴァルター・ベリーさんなんですね。


ゆうべの祈りのシーンもアップしてくれないなぁ~




Libera 祈り、あなたがいるから を聴きました。

祈り~あなたがいるから

大みそかの夜、所用があってでかけました。
移動中聴いていたのがリベラ2008年12月リリースのこのアルバム。
新橋駅から台場にむかうゆりかもめに乗って、がらすきの車内から東京湾岸の夜景を眺めていました。
ぐるっと大きく円を描くようにしてレインボーブリッジに差し掛かる瞬間、ピアノの和音で導かれるようにトムの歌が聞こえてきました。
ピアノの音にチェロのロングトーンが加わりトムのつややかな歌声と、のびやかなフレーズ、丁寧な歌でその世界が始まります。

シンプルな旋律はじいんと沁みます。
♪You were shelter from~からトムの旋律に寄り添うような歌声、誰でしょう?
いつもほろりとしてしまいます。

映画公開当時、靖国通り沿いにある新宿の映画館の巨大モニターでは「誰も守ってくれない」のスポット映像がエンドレスで上映されていました。毎朝通りかかるたびトムの歌声を車の中から聴いていました。
なんだか、ものすごく前のような気がする。

ライナーノーツを眺めていて気付いた(今更)のですけど、1番歌詞はYou were there,2番歌詞がYou are there と現在形。
シンプルな歌詞だけにいろいろ読み取れますね。

パッヘルベルのカノンを大胆にアレンジしたサンクトゥス。
リベラを代表する曲の一つですね。
あらリードボーカルエドさんだったんですね。
サビのハイトーン抜けるような声、エドさぁん。明度の高いきらびやかなエドさんの声。エドさぁん・・

カッチーニのアヴェマリア
石○電気のオーディオルームで流れてきて、ばれたか~と、異様にどきどきした曲。
後半のバリエーションのあでやかなこと。
高音域から低音域に降りてくるところなんて色気すら感じます。
やっぱうまいなぁ~。
トムといえばちっこい頃からハイトーンののびやかな美しさが定評ですけど、どの音域でも声がなめらかで綺麗なんですね。


エア
管弦楽組曲第3番、第2曲。
プライズマンさんのアレンジが好きです。
通奏低音*弦楽4部の曲、チェロの八部音符をアレンジしています。
全体的に半音下げています。

旋律を担当する1stヴァイオリンはオリジナルのまま、内声部を担当する2ndヴァイオリン&ヴィオラパートの音をオクターブ変えたりするくらいでほぼ原曲のまま再現しているように思います。←なにせシロウトですからご勘弁を。
前半繰り返し、後半はストレートで終わりますが、ストリングスのサウンドと低音を歌う声のリミックスが大好きです。内声部のスキャットが16分音符で動くときいつもどきどきします。

ライナーノーツに記載されているソリストはトム・エド・ジョシュ・リアムの4名。
4人?どうやってパートをふりわけたのか、何度聞いてもわからんです。
でも内声部だけ聴きたくなり何度もリピしまくっていました。


この動画のコメントVocal Art・・その通りですね。

千の風になって
ベン・クローリーのソロ。ほんのり甘いソプラノ声で語りかけるような歌、秘めやかな思いがあります。
私の体はなくなっても、その心はいつもあなたのそばにいる。死者から残された者へのメッセージ。
少しまえに日本の熟年世代に受けた♪せんのか~ぜになあって~・・今思い返してもあれはどうもなぁ。
あれを朗々と歌われると聴いていて気恥ずかしくなるのは人生経験が足らないから。
そういうことにしておいてください。

彼方の光
マイケル・ホーンキャッスルのソロ。吐息が少し混じった声で歌われる旋律+バックのコーラスアンサンブル、光が差すようなソプラノオブリガート。
エンジェル降臨・・名曲だ。

生まれくる日
うちこみ系のサウンドと低音のコーラスとソプラノのスキャットがリベラっぽいですね。

永遠
ユニゾンの中間部がグレゴリオ聖歌風の旋律。リベラのユニゾンは透明感があって好きです。

Secret
リベラのなかで気に入りの曲のひとつ。あらここではジョシュがメインボーカルだったんですね。
まだあどけないジュシュの声が愛らしいです。
ライナーノーツの邦訳歌詞、いいですね~。

Voca me
アルバムFree以来この曲を聴くたびにペルゴレージのスタバ―トマーテルのメロディーが聴こえて(くるような気がして)戸惑います。
ペルゴレージ、バッハ、プライズマン・・わかんないよう~とワタシの混乱と同時に曲もクライマックスを迎えます。

誓い~ジュピター
ナチュラルビブラートのかかるベンさんの歌。
ワタシがリベラを聴き始めた頃、すでにベンさんはソプラノから引退したあとでした。
いま聴いてもクール、ハイレベルですね。
春のコンサート会場、T-シャツ姿で立ったまま大きくノビをしていた姿を目撃してしまいました。
天井突き破りそう手が届きそうでしたって。

アヴェ・マリア
コナーのソロ。コナーって2007年のコンサートに急病でこれなくなちゃったメンバーですね。
ほんわかした声とプライズマンさんの旋律があってます。

Salva me
Gaudete
英国聖歌隊っぽい歌と、パーカッションとリコーダーが入っていて躍動感ありまくり。
Gaudeteは新曲、2曲を聴き比べると、プライズマンさんの音楽の新たな魅力が展開。


ここのところリベラのアルバムは破竹の勢いでリリースされますが、古い録音(といってもそんなに昔じゃないんだけど)が入っていたり、同じ曲でもソリストが変わったり、アレンジがすこしいじってあったりと、新曲目当てに買う方はアルバムを手にしてあれま、また曲がかぶってると微妙な気分になるそうです。

ワタシはしょっちゅう聴くわけでもないので、久しぶりにこのアルバムを聴いて、リベラも現在進行形なんだなぁと思いました。
同じ曲であっても、ソリストの声も、コーラスも、そしてプライズマンさんが作り出す音楽も年代で少しずつ変わっています。
どのアルバムを聴いても、ボーイソプラノの美点を最大限に、そして欠点を最小限に、宗教の壁を越えて人々の心をfreeにするプライズマンさんワールド、2011年はどんな展開・進化をみせてくれるのかしら?

いつだったか米国在住の弟に何かのついでにリベラのCDを送ったら、「おったまげた~、なんつう小僧達だ。(←品がなくてすみません)魂抜かれるかと思った~、すげえ~」という感想とともに返事が返ってきました。
13年近くチェロのレッスンに通ったくせに譜読みができず、コルニドライをレコード擦り切れるまで聴き弾きこなしていた奴は 案外鋭い。
クライスラーだかヴィターリの重音を必死で練習していたら「姉ちゃん、気持ち悪いから弾くのやめて」と抗議されましたっけ。
うわぁ、いやなこと思いだしちゃった。

お台場からの帰り、ちょうどペルゴレージ、バッハ、プライズマン・・わかんないようとなっていたところで除夜の鐘の一発目が聴こえてまいりました。



今年もよろしくお願いいたします。





プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<12 | 2011/01 | 02>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。