スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Palestrina -Missa Aeterna Christi Munera-を聴きました

連日厳しい暑さが続いていますね。

暑中お見舞い申し上げます。

古い記事を丁寧に読んで下さったり、拍手やこっそりコメントを下さる方がおられて、とても嬉しいです。
ありがとうございます。

あまたある英国聖歌隊のなかで一番お気に入りの聖歌隊はWestminster Cathedral Choir。
気づくとO’Donnell先生時代の録音は網羅しておりました。
好き過ぎて同じCDを2枚買っていたことも・・・いいえ、単に間違えてなんですけどね。
一年を通しその歌を聴きますが、とりわけ今年のように暑い季節は彼らの歌声が恋しくなります。

今週聴いていたのはこちら

Missa Aeterna Christi Munera / Motets
Anonymous
B000002ZPG


1991年2月12-15日にかけてウェストミンスター大聖堂内でのレコーディングとあります。
hyperionの特徴かはわかりませんが、残響が豊かで教会の中で聴いているようです。

Aterna Christi munera
冒頭のトレブルソロ、ダブルコアのトレブルのユニゾンで、一気に脳内温度が下がります。
バスのユニゾン、トレブルユニゾン、応唱風に旋律をつないで行きます。

そして

Missa Aeterna chrisi munera
がはじまります。
Kirieの始まり方が超カッコイイ。
トレブルソロとアルト、バスのソロアンサンブルを牽引するトレブル君の声がいかにも、この時代のウェストミンスター大聖堂のトレブルといった風格でうっとりですわ。
KyrieとGloriaのみですが・・


Gloria,Credo, Sanctus and Benedictus, Agnus Dei I,Ⅱと続きます。
そのなかでクールに流麗なハーモニーが展開していきます。
旋律がとても美しく4声と思えないほどのふくよかな厚みのあるサウンド、パレストリーナっていいなぁ。

ダブルコアで歌っているのかわからないのですけど、イヤフォンの右と左から重なるようにそれそれのパートが聴こえてきます。そしてそれが教会の中で煌くように響いていて、清涼感すら感じます。
兄さんたちが張り切りすぎかなぁと思う箇所がないわけじゃないのですけど、思わず拝みたくなるようなトレブルパートは神々しいです。カウンターテノールの兄さんたちの声が艶かしくてちょっとどきどき。
Benedictusの3人のソロアンサンブルは可憐です。穏やかなAgnus Dei,たゆたうようなメロディーラインのあとに登場するDona nobis paccemのコーラスは秘めやか。

Sict cervus desiderat
しっとりとした和声が続いていきます。
聴いているとなんだか切なくなってきます。
なんでだろうと思いライナーノーツを見てみると各パラグラフの言葉が「神様」と叫ぶような言葉で締めくくられています。
詩篇42の2,3,4節が歌われているとのこと。
邦題「泉の水を求める鹿のように」の邦訳を求めてネットを徘徊してたら、この詩篇42はとても有名で美しい詩とありました。
そうなんだ。
ようつべに非常に美しい動画がアップされていました。



以下3曲はモテットです。

Super Flumina Babylonis
詩篇137の1,2節とのこと、トレブルパートの歌う冒頭に登場するBabylonisの旋律のとろけるような美しさ。
こちらの曲オール成人チームの動画をみましたけど、同じ曲でも演奏団体によって全然雰囲気変わるんですね。
成人チームだと現代曲に聴こえちゃうのはまだまだ修行がたりないからかなぁ?

Vidi Turbam magnam
前の2曲と雰囲気が変わって、華やかです。
ライナーノーツには6声とありました。

パレストリーナの曲は みいんな同じに聴こえると思っていたワタシには目から鱗、それぞれの歌詞で曲調が違うんですね(あたりまえか)

Quae est ista
ソプラノが二つに分かれて、アルト、テノール、バスというスタイル。
トレブルパートの細かい音型がきらきらと輝いています。高音域の伸びやかさにノックアウトされまくりです。トレブルパートの厚みありながらも透き通るような声を聴いていると、その神々しさに、暇さえあればプレステなんかにしがみつき、夢中でサッカーボールを追いかけているようなあの10代のボーイズ、が本当に歌っているんじゃろうか、などと思ってしまうのです。

Duo ubera tua
こちらもトレブルパートが二つにわかれます。完璧なユニゾン・・そしてどの音域でもまったくぶれずに、まるでコピー&ペーストしたような感じ。
兄さんたちのふくよかな低音になんていうのか艶かしさが。

Nigra sum,sed Formosa
低音に厚みがあるなぁ・・SATTBの5部のせいか力強く男性的だわ。
Surge, anica mea
躍動感があるハーモニー。
とても明るい雰囲気です。

以上4曲のモテットは雅歌からのセレクション、どれも優美で洗練された雰囲気です。


Magnificat Primi Toni
トレブルソロに導かれるようにして、パレストリーナの複雑な絢爛豪華な和声が展開。
まっておりましたぞ。
ライナーノーツによるとダブルコア、確かにイヤフォンを通して聞くときちんと左右で4部合唱隊がおりまする。
2月の教会内でこれがぐわんぐわん響いていたのかと思っただけでその極彩色のハーモニーにくらくらします。

パレストリーナとウェストミンスター大聖堂聖歌隊、いいなぁ~。


こちらのアルバムですが、調べてみたらアマゾンでのマーケットプレイスでは危うく目の玉が飛び出るような衝撃プライスとなっています。
廃盤なのかしら?
とはいっても、都内大手CDショップの店頭でよく見かけるのと、実はiTuneで購入できます。
iTuneで全部DLしてもトータル1500円でしたよ。

あれま、どよ~んとした熱帯夜にこれまた暑苦しい文章を書いてしまいましたです、すみません。




スポンサーサイト

Singet dem Herrn ein Lied/Motetten aus sechs Jahrhundertenを聴きました。

トマーナとテルツが参加したマタイを聴いて以来、トマーナの歌にはまっていました。
5月からずっと聴き続けているのがこちら。

Singet dem Herrn ein Lied/Motetten aus sechs Jahrhunderten
THOMANERCHOR LEIPZIG
thomana1994.jpg

録音は1994年6月。
新宿の中古レコードショップ偶然手に入れました。

収録曲は
 
1.Alta trinita beata (anonnymus;15.JH Italian)  
2.Timor et tremor(G.Gabrieli)   
3.Tristis est anima mea (anonnymus;18.JH)  
4.Surrexit Christus hodie Erstanden ist der heilig Christ (S.Scheidt)  
5.Ich weis, das mein Erloser lebt(H.Schütz)  
6.Exsultate Deo(A.Scarlatti)  
7.Kyrie eleison(F.mendelssohn-bartholdy)    
8.Ehre sei Gott in der Hohe   
9.Herr, nun Lassest du deinen Diener in Frieden fahren   
10.Jauchzet dem Herrn, alle Welt   
11.Denn er hat seinen Engeln befohlen uber dir  
12.Der Mensch lebt und besteht nur eine kleine Zeit op.138,1.(M.Reger)   
13.Morgengegang op.138.2   
14.Nachtlied op.138,3   
15.Unser leiben Frauen Traum op.138,4  
16.Kreuzfahrerlied "In Gottes Namen fahren wir"op.138,5   
17.Agnus Dei op.138,6   
18.Schlachtgegang "Mit Gottes Hilf sei unser Fahrt" op.138,7   
19.Wir glauben an einen Gott op.138,8   
20.Führe mich op.33,3 (G.Schreck)  
21.Vater unser op.72,2(R.Schwarz-Schilling)   
22.Gott wird abwichen alle Tranen (K.Thomas)  
23.Jesus Christus, unser Heiland op.39,2(G.Raphael)  
24.Singet dem Herrn ein neues Lied op.12(H.Distler)

15世紀から、トマーナで古くから歌い継がれてきた曲ではじまります。
教会の中で録音したのかしら、ナチュラルな残響が心地いいです。

つつましい清らかさで、古風な旋律が歌いだされるといっきに心躍ります。
爽やかな艶々とした音色のソプラノパート、少年らしい凛々しいボーイアルト、若々しいテナー・バスのハーモニーは匂やかで繊細です。

S.Scheidt作品(17世紀前半)の冒頭に登場するソプラノソロ(2名だと思います)、しっとりした雰囲気のユニゾンは、クールで美しい。
同じ声質のソリスト君になるのかな?
3拍子系+付点のリズムが印象的なソプラノソロと8声の合唱の掛け合いが迫力あります。
どこかで聞いたなぁと思い起こすと、レーゲンスブルクの古いクリスマスアルバムにありました。

H.Schütz(17世紀中期)ソプラノ、アルト、テナーではじまる冒頭から、いったいいくつに分かれてるんだと思うくらい厚みのあるハーモニーに展開していくのは圧巻。
シュッツっていいなぁ。
これ教会で聞いたら目回します。きっと

ウィーンの最近の公演でお馴染みのA.スカルラッティ(17世紀後半ー18世紀前半)。
こちらではテナー・バスが入ることで荘厳な雰囲気です。
輝かしいアンサンブルに、異教徒でも、めでたいっつ感があっていいわ~なんて思ってしまいます。
ソプラノパートが軽やかに躍動しています。

track7-11ではメンデルスゾーンのメロディーと和声の美しさを堪能です。
Ehre sei Gott in der Hoheはメンデルスゾーン死の前年に書かれたダブルコア仕立ての曲。
可憐なハーモニーにうっとり。
アーメンコーラスに入る前の華やかな和声の展開には卒倒です
Herr, nun Lassest du deinen Diener in Frieden fahren トマーナのつやつやとしたテクスチュアの合唱と、メンデルスゾーンの組み合わせはなんでこんなに合うのだろう、そんなことを思ってしまいました。
Jauchzet dem Herrn, alle Welt では滑らかなハーモニーが展開していきます。
Denn er hat seinen Engeln befohlen uber dir、いろんな旋律がレリーフのように浮かび上がっては消えて行きます。
は~幸せ・・・。

少年合唱ジャンルに足を踏みこまなければ、多分一生メンデルゾーンの声楽曲を聴く事はなかっただろうなぁ。

レーガーの作品138全曲が登場。

メンデルスゾーンの合唱曲で眩しいくらいの明るさとリリシズムを聞かせてくられたのに対し、がらりと雰囲気がかわり心の奥深くの懊悩を見つめるような内省的な音楽になりますよ、なんていうのかな、冬の足音が聞こえてくる晩秋の夕暮れ、みたいな。暗い色調に聴こえます。
ネットを徘徊して調べるとレーガー先生の晩年1914年の作品、しかも死後に出版されたそうです。
全曲2分前後と短く、聴きやすいけど、重苦しい。

この後は19世紀後半から20世紀にかけての作品。
SChreck先生の作品は紫陽花の花のように鮮やな色合いのに旋律が浮かんでは消え、浮かんでは消え・・アルトパートのしかりとした少年らしい声に、軽やかなソプラノパートが重なるところはため息ものです。
Shereck先生は1892年からお亡くなりになる1918年までカントールをお勤めになられたそうです。

Schwarz-Schilling作品
神秘的な雰囲気ではじまる音楽、妖しい雰囲気に満ちてます。
1973年の作品とのことです。

K.Thomas作品
こちらの先生も1957年から3年間カントールをつとめられています。
1957年といえば東独時代ですね。

G.Raphael作品
ドラマティックな構成ですな。
こってりとした音楽にそろそろお腹がいっぱいになってきました。

ラストはナチスドイツの犠牲者となってしまったH.Distlerの作品。
後半の躍動するような旋律は不思議な魅力を放っています。


以上、トマーナコアの長い歴史で音楽的にかかわりのあった作曲家の作品集で、(あえてバッハをはずしていますが)、そのせいか、どの曲でも真摯でキレのある豊かなハーモニーを聞かせてくれます。

それと同時に足掛け600年という時間のなかで 音楽自体が複雑に変化してきたことにあらためて驚きます。

様々な人々が現れ、時空の彼方へと去っていく中、ゆらぐことのないトマーナの歌声の響き。
それぞれの時代時代でどんな風に聴かれていたのかしら、なあんて思ってしまいました。


このアルバム、現在購入できるのはドイツのRondeauさんだけの模様。
こちらで一部試聴可能です。

Rondeauさん、親切なお店です。







ハイドンコア、モーツアルトコアのアメリカツアー

ハイドンコアのImagine
2008年アメリカ公演のようです。←当時の譜めくり担当メンバー証言



そして。

モーコアの今年のアメリカツアー、バックステージとゲネプロの模様。
シンタロウ君のハク・アリのソロが聴ける・・うわぁ懐かしいよう。

http://www.youtube.com/watch?v=TT42MTLWrRc

Mit der Musik durchs Lebenと・・

土曜日に関東地方の梅雨明け宣言がだされました。

金曜日の午後、職場の18階フロアから 東京の空を覆いつくすぶ厚い雲がゆっくりと去って、そのあとに夏の青空と白い雲が現れるのをぼおっと眺めていました。
あ~季節が変わるなぁ・・・なんて思いながら。

さあ、夏。
気持ちも弾みますね。
そんな時に聞くとわくわくする曲を。



映画「野ばら」のワンシーンですね。

↑で歌われているMit der Musik durchs Leben。

聴いているだけでワクワクします。

実はこの映画の中でしか聴くことができない楽曲だと思っていましたが、こちらのEPアルバムに収録されています。

こんな感じですよ。
↓のサムネイルをクリックしてみてくださいね。

動画:Mit Musik durchs Leben-WSK old

1957年公開の映画の時代とは 一味違ったあどけない歌声とのびのびとした合唱。
いつ頃の歌なのでしょうね。
実は、はじめて聴いた時はこれはウィーン少の歌声かいなと思ったのですけど。

以上、ひろちゃん様へのお返事を兼ねて。




Kearsney College Choir 7月13日@南大沢文化会館

Kearsney College Choir聴いてまいりました。

kearsney concert


まず感想

いやぁ~楽しかった!


当日16時56分に職場をでて、南大沢に到着したのは開演15分前。
会場に到着するとチケット完売とのこと。
しかも全席自由となると、その時間では残っている席は前のほうしかありませんでした・・。

国内では大学の合唱団と紹介されていましたが、Kearsney College は南アフリカの私立の男子中高一貫学校、実は4月に聴いた英国のイートン校聖歌隊とまさしく同じ年齢構成の合唱団でした。

プログラムは4部構成でした。

kearsney program


一部は濃い水色のシャツに黒ネクタイ+黒のボトムで登場。
ほとんどみなさん前傾に近い姿勢で歌っていました。
500ちょっとのホールが彼らの歌で飽和状態となりました。
滑らかで厚みのあるハーモニー、どの音域でもふくよかかで、柔らかく温もりを感じる歌声が独特でとても気に入りました。
プログラムの2と3がカット,
4曲目Invictusは映像と音声つきでした。彼らの真摯な歌でじいん。

2年前から合唱指導をしている元ドラケンスの指揮者krüger先生(29歳・・とってもお若い)のMCが入ります。

2部は襟ぐりが大きく開いた踝丈の白いロングチュニックに着替えて開始。
襟ぐりと裾には黒いステッチの入った赤い飾りが施されていました。あれは民族衣装なのかしら?
両サイドの膝下にはスリットが入り、足元は素足。隊列を組みながら両手を胸の前で合わせフィンランディアの旋律を歌いながら入場。
美しいメロディアスな旋律というのはワールドワイドなんだなぁ。

スリットが入っている理由、わかりました。
足裁きのためですね。
モーレツでアクティブなダンスパフォーマンスが舞台後方にしつらえた2段のひな壇の上で始まりました。
たっぷりとした声量と歌いながらのきびきびとしたパフォーマンス。
舞台の床がきしんでいましたよ。
時々、ソリスト君たちが前のほうに出てきてソロを歌うのですがのびのびとしてこれまたびっくり。

第3部はサイコーでしたよ。
黒もしくはゼブラ柄のタンクトップと黒のボトムにガンブーツ、頭に飾りをつけたり、ストーンネックレスを首に巻いたり、上半身に巻きつけたり。
激しい運動量のダンスと全く声量の落ちない歌、息を切らして肩で息をする事も、集中を切らすこともない。
ホールにぐわんぐあん響く歌声に圧倒されっぱなし。

さああっと空が厚い雲に覆われ、鳥たちが鋭い鳴声を交わしながら空を舞い、風が運んでくる空気に水分を吸った土の匂いを感じた瞬間、空から落ちてきた大きな雨粒。いっきに周りの風景が全く見えなくなるくらい雨足が強くなるなか轟く雷鳴。
そんな自然の一瞬を手拍子と足踏みと声だけで再現しているのを聞いたとき、ああ、そうかこの子たちは、からだそのものが楽器なんだ、すごいなぁと勝手に感動していました。

みなさん舞台に立っている姿勢が非常によく、そしてしなやかな体つきをしています。
驚いたのは研ぎ澄まされた集中力。
かなり複雑なフリも一糸乱れず、ひとつひとつの動きが完璧にシンクロしていました。
みなさん思春期どまんなか、「かったりー」とか「恥ずかしい」「照れちゃう」なあんていう素振りなど一切なく真剣そのもの。
どんな小さな所作も手抜かりなく丁寧で、その爽やかな集中とハイレベルな音楽は圧巻でした。
これが中高生男子かいなと思うくらい。

中高生で合唱部というと文化系クラブの筆頭。
しかあしKearsney College Choirに参加するには音楽の素養と努力する能力、そして強靭な体力と運動能力が要求されるような気が致しました。
あまりの運動量の豊富さに、合唱団に入るには体力テストがあるんじゃないかとか みんなで整列し歌いながら校庭をマラソンしているんじゃなかろうかとベタな妄想をしてしまいましたよ。

合唱のコンサートじゃなくてパフォーミング・アートの舞台だった・・という感想を見かけましたが、かれらの合唱のスキルはハイレベル。
歌うま~と感動してしまいました。
ソプラノはボーイソプラノとファルセットの混合っぽかったのですけど、大人びた歌い方をしていました。
アルトチームはどの音域でも滑らかでつやつやした質感。この年代のテナー・バスはどうしても青臭さが抜けないのですけど、彼らのずしっとした若々しい声は華やぎがありました。4つのパートのハーモニーはとても心地良かったです。

第4部はオレンジ色のトップスでポップスを披露。
エレキギターやドラムスも登場し安定感ある闊達な歌を聞かせてくれました。
舞台から湯気が立ちそうなくらい、汗まみれになっていても、にこやかな表情を崩さず楽しげに歌を披露。

アンコールはクィーンの1曲と、ショショローザ。
先生のリクエストで客席全員立ち、簡単なダンスと歌で大盛り上がり。

そういえば、南アフリカのワールドカップで帰国するサムライ・ジャパンチームをホテルのスタッフがこの歌で送り出したなんていう記事がどこかにありましたね。

世界一おとなしい日本人オーディエンスが、先生の強引なお誘いで歌いながらダンスする姿を、舞台の上のみなさにこにこしながら見て歌っていました。
嬉しそうな顔は年齢相応。

会場で販売されていた分厚いパンフレットは南アフリカでの発行。
カラー写真満載。そしてツアーメンバーの写真、所属パートと役職、愛称とプロフィール、そして好きな一文までが掲載されていました。

このあと皆さんは中国でのWorld Choir Gamesに参加するそうです。


コンサートを逃されてしまった方、natalさんのブログで公演の模様が動画で見ることができますよ。
こちらからジャンプ!natalさん勝手にリンクしてスミマセン。
そしてご案内ありがとうございました。

チケットを取りおいてくださった、主催者さん、こちらもありがとうございました。



プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<06 | 2010/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。