スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年初のマタイ受難曲(後半)

バッハ:マタイ受難曲
バッハ:マタイ受難曲
↓こちらは輸入版

St Matthew Passion (Bril)
St Matthew Passion (Bril)


さて後半。
シャイー&ゲヴァントハウスオケのマタイ受難曲では、前半のペースを落とさずに、ドラマ運びは軽快で勢いそのまま。

マタイ受難曲の後半はさまざまなドラマが盛り込まれています。
冒頭のペトロとユダの話も鮮やかに描かれていました。

民衆に紛れ込んで成りゆきを息を潜め見つめていたペトロ。
周囲に「あんた、イエスと一緒にいた人でしょ」と問い詰められ結局3回もそれを否認してしまう様子は迫力ありました。
糾弾されて精神的に追い詰められ、「俺はしらないんだ、知らないって言っているだろう」(意訳)と最後は激昂して答えるペトロの感情の高まりと無情にも聴こえてきた鶏の鳴声。
Chum(*ドイツ語ではクゥムさんと発音するのだとご教示いただきました。S様ありがとうございました。感激です)さんの間の取り方、歌には脱帽です。
へなへなと膝の力が抜けて地面に座り込み そして激しく泣きじゃくる姿が目に浮かびました。

一度はユダの手に渡った大枚の銀貨。
イエスが実際捕縛され、死刑が逃れられないと悟ると、自分の犯した罪に絶望して神殿に放り込んだ銀貨。
神殿の床に銀貨が跳ね返ってころころと転がる情景。
あらあらしいヴァイオリンソロの音色。あれれ、フンケさんのヴァイオリンじゃないのね。
そこには死してもなお、イエスをかえしてくれとコドモのように慟哭するユダの姿が。

茶番のような裁判はそれでも緊迫の瞬間の連続。
底意地悪い尋問に対するイエスの言葉「Du sagests」
感情も何も無い乾燥しきった小さな声。
マタイ受難曲での後半部、イエスの言葉らしい言葉はこれだけなのです。
前半では弟子たちや民衆の中にいて、とても近くにいたイエスの姿。
後半では、その姿を見ることはできても、その話す言葉も、表情も読み取る事のできない手の届かないところにいるのだと気づかされます。

ドラマ部分のアリアやレスタシーボの生々しいドラマとは対比的なのがコラール。
後半でも小気味良いテンポではありますが、前半に比べて重く抑え目。
まるで聞いている人たちの心情を映すかのような秘めやかな印象です。
内省的で翳りのあるコラール。

うめき声のようなコラールを歌っていたトマーナとテルツの合唱は、民衆のシーンになると激しい。
トランス状態に陥ったとしか思えない民衆は 聞いていると腹がたつくらい憎憎しく、そこで、選ぶのはバラバじゃないでしょう、「十字架を!!」と叫ぶ呪いのような合唱に、ああ、もうっつ、違うでしょ、ヴァカヴァカ・・と我を忘れて突っ込みまくるという具合の迫真さにあふれていました。
十字架をと叫ぶ民衆の声がスタジアムのなかから聞こえる地響きのようなうねりのようで不気味です。

あとになって思い返せば、イエスを救うことができるチャンスがいくつもあったのに、その道を閉ざし、十字架へと進ませたのは他の誰でもない民衆、つまり私ら人間。
聴いている後世の私たちはそうじゃないんだと登場する民衆や司祭たちにおおきく憤りながらも、でももしかしたら 自分も実際にはあの民衆の中のひとりで、意味もわからずイエスを糾弾し バラバを釈放しろ、イエスに十字架をと叫び、ときにツバをはきかけ、暴力を重ねていたのかもしれないと思い当たると愕然とし コラールが苦く、沈うつなものに聴こえるのかもしれないです。
あそこで明るく清らかにコラールが登場したら、流れぶったぎりになるか。

エヴァンゲリストのJeus laut und spracheと最後の言葉を導く声は情感たっぷり、そして
最後の言葉を解説する言葉が切ない。Chumさんの61曲目は涙なしには聴けない。
イエス絶命を告げる laut und verscied と長いルフトパウゼ。
ああ、すべてが終わってしまった・・と誰もが悟る瞬間はマタイ受難曲のコアの部分と思います。
もっとも重要で緊迫する瞬間です。

あの、よろしいでしょうか。
この「間」には個人的につらい思い出が。

初マタイコンサートだったクロイツコア。
ずっと鼻の調子の悪かった隣のおっさんが、まさにココでずるっと勢いよく大きな音で洟をすすりました。
翌年のトマーナのコンサでは帰りの時間を気にしたのか客席のオバチャンがここで席をたち、足音をかつんかつんとコンサートホールいっぱいに響かせ出口に向かっていきました。
舞台上のトマーナボーイズが?という表情でオバサンの後ろ姿を見送っていた姿忘れられません。
だいなし・・いろんな意味で泣きたくなりました。
あ、いかんワタシも流れをぶったぎってしもうた。

そして続く62曲目のコラール。
色彩感に乏しく苦くて重い。
地の底をはうような重苦しさです。

仕事柄、いろんな方の臨終に立ち会ってきました。
マタイを聴くようになってから、そのようなときにお部屋にはたくさんのひとがいるのになぜか、心の片隅でいつもこのコラールのことを思います・・・なんでかな。

激しい天変地異の音楽のあと、63曲目の後半に現れる「この方は神の子だった」とつぶやくような合唱は短く、相変わらず早めのテンポなのですが、そのためかかえって煌くように美しい。光が差し込むような印象。

そして65曲目のバスのアリアで、十字架から下ろされたイエスの亡骸に近づき、接する人々の様子が目に浮かびました。
そのなかにはもちろん弟子たち、聖母マリア、様々な人々が歎き悲しみながら 埋葬の準備をする人、歎き悲しむ人々にそっと寄り添う人がいるのでしょう。イエスの亡骸を中心に繰り広げられる人間たちのさまざまなドラマを遠くから暖かく見つめるように聴こえるアリアには泣けました。
ソロを歌うバスとオケの音色が明るくて温かみがありじいん。

67曲目の合唱、meine jesu gute, nacht のボーイズの声はたおやかで慰めを感じます。
物語の終わりを告げる終曲での合唱とオケの厚みは圧巻、ラストの和音が消えていき受難の物語がようやく終わりました。

はああ~聴いちゃったよぉ脱力。

鮮やかにそしてドラマティックに描かれているマタイ受難曲は、オペラのCDを聴いているようでした。
合唱やソリスト、オケが一体となったのキレのあるバッハはダイナミックで迫力満点。
バッハの音楽のなかで語られている物語にすんなんり入り込めすぎて、後半を邦訳と照らし合わせながら聞いてみたら、あまりのむごたらしさに吐きそうになりました。

20世紀の名演音源、慎み深い懊悩にあふれた、または知性的で禁欲的なマタイ受難曲に縛られがちな私たちからすると、シャイーのマタイ受難曲はワイルドで斬新過ぎて、好みが分かれるかもなぁとシロウトながらにも思います。


でもね。
デッカさん。
肝心の音質が余りよくないですよ。
いそいでプレスしたのかな?
どうしちゃったのですか?
とくにDisc2は要注意。
ホワイトノイズが若干耳障りだし、ワタシの初代disc2なんて64曲目から激しく音飛びして、CDプレーヤーのディスプレイにはerrorの文字がでてましたよ。(怨)
あわててDiscをクリーニングして再生してもまったく効果なし。
どのお店で買ったか記憶にないので返品もできず、で結局まるまる買いなおししましたです。
ああ、もう でっかさあああああん。

皆様、購入されたら早めに聴いて、まずdiscをチェックすることをオススメします。
録音日のデータやソリスト紹介も一切ないライナーノーツは不満。
あ、でもビラー先生とシュミットガーデン先生と、シャイー先生のスリーショットはグッジョブだし、唯一のフルカラー写真、舞台上で喝采を浴びるステージ写真はなかなかいいわ。



ああ、また読みにくい記事になってしもうた。
すみません。


スポンサーサイト

今年初のマタイ受難曲(休憩中)

ようつべでぶらぶらしていたら、涙モノ(個人的に)の動画を発見いたしました。





トマーナとゲヴァントハウスのマタイ受難曲1985年東京公演。
前半の最終3曲です。
生真面目で硬質な合唱とオケの音色。
ライプツィッヒの伝統。

トマーナさんだけじゃテルツさんに失礼にあたると思って調べるとでた。
ちょうど27曲目のアリア



クリスティアン・フリークナーさん&ルネ・ヤーコプスさんのコンビ。
ビジュアルではかなりコワオモテ系のお2人。
なのにこんな秘めやかなアリアがきけるとは・・
成人女性コンビのアリアとはまた違う魅力。
マタイのアリアにはこういう声もいいかなぁ。

そしてフリークナー君のアリア。




マタイ受難曲の生命線である歌は合唱はもちろん、ソリストもオール男子で演奏される、バッハ存命中のスタイルのほうが、シロウトにはしっくりきます。
実を言うと、合唱はまだしも、ソプラノやアルトアリアが女声だと、アリアだけを聴くならそれなりに感動したりするのですけど、マタイ受難曲一連のなかで聞くとそこだけ妙に鮮やか過ぎて浮き上がってしまうような感じがして、身を入れて聴くことができないのです。
ソリストにボーイソプラノを起用した音源としては アーノンクール御大の古いほうの録音と、レオンハルト御大とテルツの録音くらいしかない?
表現・声量の点でどうしてもボーイズのソロがきつかったら カウンターテノールさんたちで聴いてみたいなあ。








今年初のマタイ受難曲(前半)

一昨年はドレスデン、昨年はトマーナ。
コンサートホールでマタイ受難曲を聴いていたのですが、今年はどちらもいらっしゃらない。
さびしいなぁ。

今年はまだマタイをきいていない、ととりだしたのは
ゲヴァントハウスとシャイーの最新マタイ受難曲。

バッハ:マタイ受難曲
バッハ:マタイ受難曲

合唱がトマーナとテルツという少年合唱ファンなら眩暈がするようなコンビ。
個人的にはある種の異種格闘技的な組み合わせです。
そしてエヴァンゲリストがウィーン少OB,78年組のヨハネス・Chumさん
お名前の日本語表記がわからんです。
数年前のウィーン少公演プログラムではクムさん。
NHKではチュムさんとの表記。
こちらの2月15日の欄です
ついでに某新聞夕刊の 今週のクラシックCd byエディターズチョイスではチャムさん。
正しい読み方はどれですかぁ?

CDはリリース間もなく手に入れてありました。
やっと大曲を聴く余裕ができたので、今年のマタイ受難曲聴き初めだ!とCDプレーヤーにセットしました。

第1曲の重苦しい前奏にこれから展開される受難の物語にじわじわと入り込むつもりでいたのです。
心の準備オッケー。

CDの再生がはじまり、まずびっくらこきました。

管弦楽の前奏が、超最速、ウサイン・ボルトが100m走ってるぞぉ状態なのです。
シャイー先生、ひとつ振りかと思ってしまいました。
もうひたすら驚きです。

あとで聞きなおすと、シャイーテンポで今まで気にとめなかったコンティヌオの低音が緊張で高まった鼓動(心拍数100/分以上)そのものに聴こえてきました。

Choi1とchoir2の対話、テルツとトマーナの声が聞分けられないですけど、ソプラノリピエーノが加わると今流行の3Dなみに立体的です。
どうなっているのですかぁ~

そのあとは、疾風怒濤状態でストーリーが展開されていきました。
音楽を聴きながら、目の前で物語が展開していく感じ、ちがうな、事件をリアルタイムに見ているような錯覚が。
ドイツ語ちんぷんかんぷん状態で聴いても、磯山先生の本の巻末にある邦訳を見ながらきいても、ついでにスコアをみながらきいても(テンポはやくて見失いがち)、つまり何度もどんな風にきいてもですね、物語に登場する群集の一員、物語を聞きながらコラールを歌う信者さんの集まりのなかに、身をおいているような感覚なのです。

3回目あたりくらいで、全曲疾走するテンポではなく、実は曲ごとのテンポ設定や、つなぎ、曲間の間の取り方に細やかな緩急があって、そういうのが鮮やかに場面を描写していると感じさせてくれるのかしらと思うようになりました。

登場する人物の造形がはっきりしていて、とりわけ登場人物同士の語りや やり取りが超リアルです。
またコラールやソプラノ、アルトアリアがわりと疾走テンポだったのと比較すると、イエスのレスタシーボやアリアはかみ締めるように重く、じっくり聴いていると発する言葉の重み、心情が迫るように聴こえてきます。

で、ワタシ、エヴァンゲリストを務めるChumさんの声に惚れました

シロウト耳にはエクルヴィッツ先生が若返ったかと思うくらい美しく端正で声が似ている。
ペツォルト先生以外では、新旧とりまぜてクールなタイプのエヴァンゲリストしか聴いた事が無いため、淡々と状況を説明したかと思えば、怒りをこめたり、悲嘆したり。Chumさんのエヴァンゲリストはとても魅力的でした。

さてトマーナとテルツの合唱。
こちらは悶絶するくらい凄かった。
うわああ、とかぎゃおおおと心の中で叫びながら聴いていました。

ときに民衆、ときに成り行きを固唾をのんで見守る人々、ときに受難の物語を息をつめて聞く後世の人たち、多様な表現に圧倒されっぱなし。
重要なアリアやレスタシーボのあとのコラールがそれぞれのシーンにふさわしい雰囲気で歌われます。
音の強弱、フレーズのつなぎ。
トマーナとテルツの融合。
コラール部分だけあとでまとめ聴きしたいです。

マタイ受難曲では実は合唱の役割が非常に大きいというようなことを磯山先生がおっしゃっておりましたが、先生、ワタクシのような者が申すのもなんですけど、まさにそのとおりでございます。

前半の山場、イエスが捕縛されるシーンは圧巻。
27曲前半ソプラノ・アルトの二重唱の裏でlasst ihn,haltet,bindet nicht!と叫ぶような合唱は搾り出すような怒りそのものに聴こえ、緊張感が↑。
暗闇の中、捕縛の混乱と激しいやり取りの中に入り込んでしまった気がしました。

そのあとのテンポがいっきにあがった27曲後半の合唱は荒々しく心臓が縮み上がるよう迫力です。
そして、Choir1とchoir2の掛け合いではボーイズパートのどちらかは絶対に地声で叫んでいます。
荒々しく、激しい。
こんな生々しい27曲後半聴いた事ありません。

28曲目で弟子たちは散り散りにイエスのもとから去ったと語るエヴァンゲリストのラストが切なく響きます。
そう。
暗闇の中だれもいなくなってしまいました。

唖然・愕然・呆然。

濃密で緊張の連続の前半は 29曲目のコラールで終了。
目の前で繰り広げられることを受け止めきれず、呆然としているような状態できくソプラノリピエーノの旋律と複雑な対位法の合唱はなぜか優しくはかなげに聴こえて、ぐっとくるものがありました。

いやあ、凄かった。

さて、ちょいとここで一休みして、後半かなと思いきや、無常にも2部へなだれ込みます。

デッカさんちょっとぉ。



しまった、逃した~

以前ようつべで見つけて以来、お気に入りの聖フローリアン少年合唱団の公演動画。
2008年中国でのコンサートのようです。

なんと、ボーイズのみでのシュトラウスのこうもりのワンシーン。
ほんとよくやるなぁ・・・。



この週末、新日フィルのぺリアスとメリザンド公演でのイニョルド役で単独来日していた聖フローリアンのソリスト君ってもしかして彼ですか・・。

イニョルドはとても素晴らしかったそうです。
(もし人違いだったらすみません)

しまった・・・逃してしまった・・・
表は雨、心も雨。しくしく。


ついでに


続きを読む »

G.Pierluigi da Palestrina Stabat Mater,Canticles&Motetes 

ジョヴァンニ・ピエルルイジ・ダ・パレストリーナの作品を少年合唱で探すと英国聖歌隊の音源遭遇率が高いような気がします。
都内クラシック音楽CD聖地の店頭でふつうに見かけます。
・・・あんれま、まだ売れてなかったの?みたいな。
ジョヴァンニ・ピエルルイジ先生は多作、500年近くを経て作品自体も多く残っています。
でもそれだけではありません。
英国聖歌隊は年代を変え(指揮者が代替わりしたりすると)、同じ曲を再録したりしています。
さらにメーカー側が再販してくれちゃったりで、ドツボにはまると大変なことになります・・・ってワタシの場合だけか。

完成度の高い和声と、堅牢なテクスチュアと流麗な華やぎ。
聴くだけでなく、演奏者としてあのハーモニーのなかに入り込んだら、どんな感じなのかなぁとときどき想像します。

500年近い時間を人の声でつないで生き抜いてきた曲の持つ生命力には驚くばかり、もしかしてうかつに聴いたらヘッドフォンから命吸い取られるかもしれない(うそです)。
CDを持っているわりに、ジョヴァンニ・ピエルルイジ先生の音楽はシロウトにはなんだか完璧すぎてとっつきにくいしなぁ~と敬遠していました。

前置きが異様に長くなりましたが、
とある4月の朝、既聴CDのコーナーからピックアップして聴きだしたのがこちら。

Palestrina: Stabat Mater
Palestrina: Stabat Mater


あらまぁ。なんていうことでしょう。
展開する音楽が「きっと理解できないだろうけど、ありがたく聞かせていただきます」的ではなくむこうから「あら、聴いてくれるの?うれしいわぁ、」といった親しみやすさを勝手に感じさせてくれて こちらのアルバムはここ1ヶ月以上CDプレーヤーに入れっぱなしでちょくちょく聴いていました。
演奏団体によるものなのか、作品のせいなのか、ちっとは耳がなれてきたのか・・どれでしょう?

収録曲は
Victimae Paschali 
Magnificat
Nunc dimittis
Dum complerentur
Ad Dominum cum
Stabat Mater
Alma Redemptoris tribularer
Recordare
Ad te levavi oculos meos
Veni sancte spiritus

1997年7月21-23日、Higginbottom先生指揮、ニューカレッジの録音です。

Victimae Paschali 
やわらかいハーモニーですっとはじまります。
トレブル君たちの、しなやかですっきりとした声でいっきにひき込まれます。
芯のあるすっきりと通り抜ける声、パーセルのアンセム集前後からこの頃のニューカレッジ好きです。
いいなぁ。

Magnificat
トレブルソロのMagnificat、がなんともいえない美しさで、ここのみリピしています。
そのあとはエンジン全開の8声。
うわーパレストリーナ聴いているぞお。
成人チームが歌ったらきっとクールでアイシーな感じなんだろうケド、ボーイズの声のせいかどこか温かみのある華やかさや力強さを感じます。

Nunc dimittis
4声ではじまり、このままいくのかと思いきやいっきにめくるめくる8声ワールドにくらくら。
対立して、交錯して、もうなんだかわからないです。
ヘッドフォン左から聞こえてくるトレブルパートにストロングボイスの持ち主のトレブル君がいるようです・・・

Alma Redemptoris tribularer
テナーかバスソロに誘導されて始まる温かみある旋律は、とてもシンプルで賛美歌のようです。
4声とのことですが、ハーモニーの展開が可憐で、またニューカレッジのトレブル君たちの歌声が清楚で聴き惚れます。

Dum complerentur
総勢15名のソプラノユニゾンがしなやかです。SAATTB 6声とのことで兄さんたちのパートの動きがが複雑に入り組んでいます。
兄さんたちのハーモニーが柔らかく爽やかです。
ラストのアレルヤの掛け合いでとろけました。

Ad Dominum cum
切ない旋律を4声で。
輝くようなトレブルパート、地に足がしっかりついた声、涙がでるくらいかっこいいっす。
重めな雰囲気が漂っています。

Stabat Mater
おそらくこのアルバムを手に取ったのはこの曲が目当てだったのかも。(今思い出した)
キリストとマリアの受難のストーリーが(第1節から第8節あたり)淡々と展開されていきます。
意表をついての4声でのはじまり、と思いきやchoir1とchoir2が切れ目なく二つの合唱が物語を紡いでいきます。
8節のラストDum emisit spiritum、あたりで8声の折り重なるようなハーモニーが登場しますが、spiritumとくりかえす二つのトレブルチームの声が冷たくてぞわっとします。

様々な音楽様式を駆使してドラマティックに表現される音楽に馴れてしまうと、ハーモニーの構築と響きのなかで表現される世界はものたりないかなぁなんて印象でした。
ですけど繰り返し聴いているうちに
あ、もしラテン語歌詞がするすると理解できて、これを残響豊かな教会のなかで聞いたらこの受難の物語部分はものすごい迫力があるんだろうと思います。
この部分なんと3分半ちょい。

残り6分は受難の苦しみを自分自身に分かち与えてください、ともに祈らせてくださいという信仰の部分。
ダブルコア仕立てがいっきに 8声のハーモニーを作り上げて複雑に入り組み荘厳です。
各声部の使い方に何らかの意図があるのかもしれませんね。
熱く胸が苦しくなるような、切実な祈りのハーモニーに圧倒されてしまいます。
最後のparadisi gloria.、のグローリアの余韻がこのStabat materの世界を静かに締めくくるようで印象的でした。

Recordare
男声の深みのあるハーモニーの冒頭は深い海の底にいるような気分です。
アルトをいれると総勢18人。
終盤でトレブルパートが入ってくるところは、まるで厚い雲の隙間から太陽の光がさしこむよう。
数ある英国聖歌隊のなかでもニューカレッジのレイクラークの兄さんたちの声が好きです。

Ad te levavi oculos meos
総勢15名のトレブルパートのユニゾンが、しなやか。
厚みがあるのは4声だからかな。
声質にばらつきがなく、均質でなだらか。フレーズの終わりや長めの音符でビブラートのかかるトレブル君がいるのですけど、キレイです。

Veni sancte spiritus
8声 
2グループに分かれたコアでのトレブル君たちの声がこだまのように響きます。
一瞬2グループで4声になったかと思うとあっという間に8パートに。
ジョヴァンニ・ピエルルイジ先生万歳!


4月から馴れない環境で ほんの少しのことで焦ったり、嬉しかったり、落ち込んだりするいっぱいいっぱい状態である異教徒のワタシを優しく慰めてくれたこちらのアルバム。
いつか今年の春を思い出すとき、ジョヴァンニ・ピエルルイジ先生の旋律が一緒に浮かんでくるのかなぁ。







プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<04 | 2010/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。