スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年秋のコンサートのようです。

こんな動画を発見して大喜びしてました。
昨年秋の模様。



続きを読む »

スポンサーサイト

パレストリーナを聴きました

Palestrina: Missa Ave Maria; Missa Beata Virgine

ウェストミンスター大聖堂聖歌隊、英国聖歌隊のなかで最も好きな団体です。
Hill先生からO’Donnell先生時代あたりが特にお気に入りです。

こちらは89年3月、ウェストミンスター大聖堂の録音。
残響が心地いいです。
ハイペリオンの録音って好きです~。

マーラーの交響曲やウィーンの民謡やポルカ&ワルツをしこたま聴いたあと、ここで耳(頭)の仕切り直ししよ~と思い立ち週初めから聴いていました。

その崇高さに思わず背筋が伸びっぱなしです。
飾らず、濁らず、力強く、どこまでも直球勝負。
ぶわわ~というようなクレッシェンドや、消え入るようなピアノ、そ~んなもの一切ありません。
クネクネとした旋律もないシンプルなポリフォニー、なぜだか引き込まれてしまいます。

こちらの団体の宗教曲、とりわけルネサンス時期の作品を聞くたびに、彼らの制御されつくした理性的なスタイルに近寄りがたさを感じてしまいます。
人の手によって生み出され、人によって演奏されるのに、なぜか一切の感情表現を排した音楽。
エモーショナルな音楽でないだけに恐ろしくクールに聞こえます。
ええ、このクールさがたまりません。
音楽自体がすでに教会の建物の一部分になって存在しているのではないかと思うことすらあります。→いったことないけど。

Missa De Beata Virgine
6声のほう。
重なり合う旋律、非常に重厚感があります。
とりわけSanctusで各パートが重なってハーモニーを作り上げていくところはぞくぞくです。
束になったトレブルの美しいことといったら。

Missa Ave Maria
前のミサ曲とはちがって4声。そのぶ若干、軽やかでさわやかな感じに聴こえます。
Kirieでソロを歌うトレブル君がクールですわ。
Sanctusの途中で変声後ソリストによるしっとりとしたハーモニーがひたすら美しいです。
全体を通し、すこしだけほんわかとやさしい雰囲気がありますね。

当時の宗教的な制約のなかで生み出されたパレストリーナの作品は冒しがたい気品にあふれています。
400年以上を経た現在、パレストリーナに魅せられるのは何ででしょうね~。
不思議です。

こちらの団体のCDは通販に頼らず、比較的入手しやすいのはありがたいですよ。
新宿のタワレコや秋葉原の石丸さんで物色していると、ルネサンスのコーナーで、よく見かけます。


らいねんの春、上野で。

マックス様、嬉しいわ~。
次の春も、桜の季節にお越しいただけるんですね。
しかも2公演。

http://www.tokyo-harusai.com/program/page_381.html


今年春、マックス様の歌声を思い浮かべると、一緒に文化会館周辺の桜が夜闇に妖しく 美しかったことまで思い起こされてしまいますよ。

プログラムのメインはカルミナ・ブラーナ

うわあぁ。面白そう!
でででも、マックス様はどのあたりを歌われるのでしょうねぇ?(どきどき)

指揮はマエストロ・ムーティ
うんうん、いいわぁ。
マエストロの指揮をする姿、ぜひライブで拝見したいわぁ。

合唱は東京オペラシンガーズと東京少年少女合唱隊
東京オペラシンガーズは、サイトウキネンのオペラなどでお馴染み。合唱を聴いて以来ファンです。
東京少年少女合唱隊は、実力派の児童合唱団と伺っております。
魅力的だわぁ。

オケ
東京春祭特別オーケストラ、どなたが出演されるのかなぁ。

わくわく、どきどき。
・・・で。
チケットの値段をみて

ぎょぎょ。

チケットとるか少し迷っています。
背中を誰かに押して欲しい気分。

マーラー 交響曲1番とサイトウキネン昨年の思い出と

マーラー:交響曲第1番<巨人> 他
マーラー:交響曲第1番<巨人> 他
昨日ようやく聞きました。今年の会場で購入したCDです。

以下昨年の思い出を。
高速のインターチェンジを下りてから会場に向かう途中、え~昔、こんな道なかったわよ~(怒!!→ワタシ)という助手席の母(松本育ち)がかます超いい加減なナビと 通勤ラッシュ時間帯かつ城下町の名残のある松本市内の道にさんざん迷いへろへろになったところで文化会館に到着したのはジャスト開演時間。

ホール入り口からはるか離れた駐車場に車を乗り捨てて、猛ダッシュして会場に飛び込みました。ダッシュ組は他にもまだいましたが、あわわ遅刻だわん、もう間に合わないわん、と半ベソでなりふりかまわずダッシュするアホ親子に対して、ホール前で待機しているスタッフが「間もなく開演ですよ~、お急ぎくださいねぇ、」と柔らかく促してくれました(内心ははようせい、開演時間過ぎとるんじゃ・・なんてきっとお怒りだったに違いない)。 
サイトウキネンのスタッフ大好きです。にこやかに さわやかにホスピタビリティーを発揮してくれます。ヘルプが必要とするお客さんが会場入りすると、さり気なく近づいていって声をかける姿を何度も見ました。
遅刻してごめんなさい。

昨年の最終コンサートはモーツアルトのシンフォニーではじまりました。
サイトウキネンのモーツアルトは素敵です。
サイトウ先生に直接指導をうけた初期のメンバーの皆様が懐かしさと愛しさを込めて演奏したディベルティメント136の2楽章は絶品でした。




時間を経てメンバーが入れ替わっても、弦楽セクションの、のびのびとした柔らかく息づいた音色が変わることなく大好きです。

タケミツ先生の作品は、難解かなと思っていましたが、水溜りに雨の水滴がぽつん、ぽつんと落ちて波紋を作るイメージが湧き、いろんな楽器の音の質感が豊かで楽しかったです。
・・・残念ながらCDには入っておりません。

メインはマーラーの1番。
1楽章では朝もやの森の中に太陽の光がすっと差込み、森が生き生きと目覚めていく・・東山魁夷先生が描く森の絵を思い出します。なんでかしら。
ファーストバイオリンの連続する超高音のAの音が(・・・E線第3ポジションのAをおさえながらDのところをフラジオレットで弾くの、なんていうんだっけ?)森の大気をイメージさせます。
鳥さんたちが次第に目覚め 太陽の日差しの中にとびたつ情景がいつも目に浮かびます。
静から動へ。鮮やかでした。

2楽章の弾むような旋律、浮き立つような華やかさは楽しかったです。
こっけいな3楽章だってじっくり聴いてしまいました。途中バイオリンソロの旋律のまろやかな美しさや穏やかな旋律に、初めてあら、3楽章っていいじゃないのと思いました。
嵐のような激しさではじまる4楽章。
サイトウキネンはどのパートも色彩感あふれるvividな音で力強かったです。

弦楽5部によるアンサンブル、4楽章のなかで一番好きなところです。
え~、その昔ワタシが学生時代この曲を弾いたときのことですが、そのときの超イケメン指揮者さん(今、関西地区で大活躍されていますよ)がこの部分を振るときに、それは、エロイうっとりとした表情を浮かべて主旋律を弾くストバイ・パートを見るので、ストバイ4プル裏のワタクシは練習のときから ここだけ楽譜から目を上げて指揮をがん見してました。
他のストバイ仲間は気づいていないか、スルーのどちらかでしたよ。まあ男子が多いから仕方なかったんですけどね。今日で見納め、しっかり見ておかなくっちゃと、本番では、なんと目が合ってしまい、しかもにっこりと微笑まれ(前日までの合宿と練習の疲労がピークで妄想だったかも)、おそろしくドギマギしたことを思い出してしまいました。うん。ワタシも若かった。・・話がずれた。

上記の部分、小澤さんとサイトウキネンオケは重厚感あるアンサンブルで、胸が熱くなりましたよ。
フィナーレにむけて管楽器のベルアップ、ホルンが立ち上がるところはCDで聞いていても目に浮かびますし、ざわわと血が騒ぎます。
フィナーレの大盛り上がりも終わり方もありえないほど、かっこよかった。

小澤さんのマーラーは、エネルギッシュであってもこの曲の持つ ほとばしるような勢いや熱に流されることがなくて、クールそのもの。オケもどの場面もアンサンブルが緻密で、とても美しかったです。

ついでに最終日、舞台も客席も熱くなっていました。
物凄いブラボーでしたよ。
演奏が終わると小澤さんは他の指揮者とは違って一瞬たりとも舞台の上でじっとしてはいません。そして拍手の間、弦楽器パートを抜けて管楽器パートに近づいたり、演奏者さんたちと固く握手したり・・ずっと動きっぱなしです。
客席からの大きな拍手に舞台へ何度も呼び戻されるオケメンバーの中で、片手にクラリネットを持ったままのライスター御大が、上着のポケットからカメラを取り出して小澤さんを撮りまくり。
その姿は観光スポットで写真をとるおっさんそのもの。これには笑えてしまいました。お茶目~。
(この写真を載せたかったのですが、カードが壊れてしまいアクセス不能なのです)

コンサートが終わって会場で合流した父と母を先に帰し、
小沢さんとライスター御大のサインをいただくと心に決めデマチをすること1時間30分。

ホール事務室入り口玄関ホールに机とイスが準備され、急遽サイン会がはじまりました。
列にならんだ私はプログラムの表紙にサインをいただきました。
心臓バクバク。
サインをいただきながらコンサートが素晴らしく感動した旨をとしどろもどろに申し上げると、とじっと目をみつめて「ありがとう」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・爆死。

感動で舞い上がり、嬉しさのあまり車まで猛ダッシュし(子供だ)会場をあとにしました。
・・あ、ライスター御大のサイン忘れた!と気づいたのはサービスエリアのスナックコーナーでトラック兄さんたちに混じってラーメンを食べていたときでした。
ええ、松本の夜は早のですよ。
いただいたサイン入りプログラムは実家で大事に保管してあります。

大雨のなか車の中で最大ボリュームで聞いたので、コンサートでの臨場感がよみがえりましたよ。思わずDVDかブルーレイも欲しいなぁと思いましたが。
放映された映像と音声がホールできくのとは全く違う印象になってしまいそうで躊躇しています。

続きを読む »

カンタータBWV31 「天は笑い、地は歓呼する」

昨日の続き。

今のところ、レコーディング日時がわからないので、とりあえずウィーン少70年代のカテゴリーに入れておきます。

Voices of Angelsに収録されているカンタータ31番第2曲 ソプラノソロ・アルトソロ・合唱によるDer Himmel lacht, die Erde jubilieretがいたく気に入ってしまいました。




アーノンクール先生+CMVの輪郭のはっきりとした管弦楽と、ウィーン少+コルスヴィエネンシス(ギレスベルガー先生が合唱指揮)の硬質な感じの合唱が見事にマッチしています。
ソプラノ、アルトソロは自前の団員さん。
「天は笑い、地は歓呼する」という曲名が示すように、まさに晴れやかな喜びに満ちた曲ですね。


冒頭のソプラノソロがバロックトランペットのような華やかさで病みつきになりましたよ。
アルトソロも華やかなソプラノソロの下で難しそうな旋律をしっかり歌っています。
こちらのソリスト団員君も気になるところです。

ソプラノソリスト君の高音域の力強さ、真っ直ぐさ。
シンタロウ君の声を思い起こしてしまったのは私だけでしょうね・・・多分。
プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<09 | 2009/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。