スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月28日のサイトウキネン・オーケストラ・フェスティバル

救急医療啓蒙ポスターをクリニックの待合室の壁に貼ろうとして、その作業中、脚立が突然父を乗せたまま崩落!!落下した父は左の踵の骨を骨折してしまいました。
5日前の話。
痛くて車の運転や長い距離を歩くのは自信がないとのこと。
小澤さん大好きの父は泣く泣くコンサートを諦め、急遽コンサートにいくことになりました。
夏休みを1日だけいただいて、車飛ばして松本にいってきました。
「骨折って痛いのね(涙)」・・・この道ウン十年の整形外科医のコメント。

それで、サイトウキネン・オーケストラの戦争レクイエムを聴いてまいりました。
今年は会場時間前に到着できたので記念撮影。

IMG_0186.jpg

開演時間から遅れて、舞台の上には3つの団体による成人合唱団とオーケストラ、客席に児童合唱団が登場。なんというか京王線朝8時近辺ののぼりの通勤電車なみですよ。
ついでに会場もほぼ満席状態。オケのメンバーにまじって小澤さんが舞台に登場です。ひときわ大きな拍手で迎えられます。

簡単なチューニングが終わり、指揮台の上に小澤さんが立ちます。会場も舞台も小澤さんだけに集中、静寂に包まれます。緊張度が増す瞬間。
最初の一振り、腕を振り下ろしたまさにその瞬間、会場に漂っているサイトウキネン・フェスティバルだ、お祭りだ、わくわく楽しいぜぃっていうモードが一瞬にして消えて・・目の前に広がるのは凄惨な戦場となりました。
レクイエムのテキストをはさみ、あの不幸な戦争の物語がはじまりました。

レクイエムの合唱(ラテン語)の後ろでオケが奏でる戦争の世界。機銃掃射の音、大砲の轟音、叫び声すら上げず倒れていく兵士たち。硝煙と砂埃、血の臭い、遠くで聴こえるラッパの音・・・負傷した兵士たちの呻吟、death rattleが聴こえてくるようで壮絶でした。そのうちオケや合唱団が、戦争で命を失った兵士や巻き込まれた名もなき市民たちの亡霊のように思えてきて、背筋が凍りつきました。マジで怖かった。
オケも最前列(1プルト)がバイオリン、ビオラ、打楽器、ハープ、木管楽器。
その後ろ2プルト目から超大編成のオケが囲むように展開します。舞台右手は木管奏者の後ろにビオラという違和感あるセッティング・・・兵士たちの物語を支える室内楽のコンマスは矢部さんだったのかなぁ。オケのコンマスが豊嶋さんだったと思います。
大渋滞のステージを仕切るのは、もちろん渾身の指揮をする小澤さん。たった一人で立ち向かっています。ああ、それなのに、なのに。ビジュアル的には合唱団最上段センターに玉座のようにしつらえた席のソプラノソロがこの舞台の中心に見えてしまいました。

荒れ果てた戦場風景と人間らしさを失った人々の極限の緊張、不安と恐怖、すさみきった心情を表す音楽。大人数の合唱団の神への絶え間ない祈りと、遠くから天使の歌声が折り重なるようにして音楽が進みます。胸に迫り、膝が震えてくるような怒り。曲にこめられた絶望、後悔、悲嘆、諦念、怨嗟・・ありとあらゆるネガティブな感情に息苦しくなりました。舞台の上も客席も酸欠になるかと思うくらい。

レクイエムもテキストどおりではなく、サンクトゥスに怒りの日が混じったり、キリエやピエ・イエズスがほんのワンコーラスだったり。レクイエムの間にテノールとバス、二人の兵士の歌(英語)が入ります。
オケには耳あたりのよい、美しくキャッチーなメロディーや華やかなハーモニーは一切ありませんでした。鐘の音が大混乱の世界を取りまとめるように鳴り響くたびに音楽が少しずつ展開していました。
とても印象的な鐘の音でした。

圧巻は終曲。怒りが最高潮になり、すべてのものが打ち壊され崩落していくような世界の中で始まる二人の兵士たちの静かな語り。戦場の景色も音も一切消えて、花崗岩の洞穴の中で語りが聴こえます。
ああでも。対立していた兵士たちはすでにこの世の人ではないのです。
死者だけの世界で、二人の兵士によるlet us sleep now・・・と美しい2重唱がはじまります。すると、天使の歌声(児童合唱)が彼らにそっと寄り添うように会場に響きます。その声は3階席から降りおりて、ホールに拡散してゆきました。
ゾクゾクしました。
そしてこの戦争レクイエムはこの瞬間に向かって進んでいたのではないかと感じました。

次第にいろいろなセクションが入り始め、それまで一緒になることのなかった演奏者全員での、死者の永遠の安息を祈る合唱と重厚なオケの演奏となります。
今私たちが生きているこの世界は、先の大戦で血を流し絶望の中で死んでいかざるを得なかった多くの命の上に成り立っていて、時代が違えばその中に自分自身や家族、大勢の知人がいたのだと思うと、客席で涙だらだら流しながら一緒に祈るような気持ちで最後の音を聞きました。

小澤さんの手が止まり 音がホールに吸い込まれ消えていく数秒間、固唾を呑んで聞いていた客席も舞台も静寂に包まれていました。物凄い拍手が沸き起こったところで あ、やっと2009年8月28日の松本に帰ってこれたと安堵しました。
もちろんスタンディングオベーション。

天上から降り注ぐ児童合唱がなかったら、聞き手として心理的にも精神的にもしんどくなるような音楽だったので、児童合唱団の歌には猛烈に感動しましたし救われた気持ちになれました。
児童合唱は松本の地元っこたち。素晴らしかったです。客席から舞台袖に現れ整列した松本っ子達は、緊張した様子で大きな喝采を受けていました。
舞台の大人たちも彼らに向けて拍手していました。中には席から身を乗りだしたり、身体をひねって(彼らの後方にいたので)彼らに体を向けてさかんに拍手する奏者さんもいて、ああ、舞台の上で緊張を強いられる演奏する皆様にも、この子供たちの歌が救いだったのかもと思ってしまいましたよ。

スタンディングオベーションの中で、小澤さんは独唱者やオケのひとたちと固い握手をかわしていました。鳴り止まない喝采に指揮台に上がったのはわずかの間でしたが、最大の惜しみない拍手が客席からも舞台からも送られていました。

IMG_01891.jpg

終演後昨年の最終日は、粘ってデマチまでしましたが、母を家に送り届けた足で東京に戻らなくてはならなかったのでなくなくあきらめ会場をあとにしました。
明日が戦争レクイエムの最終日。
どんなコンサートになるのかなぁ。
スポンサーサイト

Popular Songs and Duets by Great Masters -ソング・ブックー

シューベルトの子守歌~ソング・ブック
シューベルトの子守歌~ソング・ブック

シューベルト、シューマン、メンデルスゾーンついでにリベラの祈りで有名になったヘンゼルとグレーテルから、眠りの精 等々。
ウィーン少のレパートリーである有名な小品曲集です。
すべて団員さんたちによるソロかデュエットのみ。

ウィーン少がリリースしたこういったコンセプトのアルバムは後にも先にもこれ1枚。
おっと、マックス様の春の声が入ったのがあったか、そういえば。あれは別格。
一昨年フィリップスから再販されました。国内のみでの再販です。
菩提樹同様に、実家の父が所有していたものをくすねて頂戴してまいりました。

対訳付きライナーノートには82年2月11-16日、ウィーン・ローゼンヒューゲルでの録音となっています。(ウィーン少公式のディスコグラフィーでは82年11月となっていますが)
まずLPでリリースされた後にCD化されたとのかな。というのは86年来日プログラム広告ではこのアルバムはまだコンパクトデスク版ではありませんでしたよ。

フィリップスからのウィーン少音源再販は数枚を残してもう出尽くしちゃった感があります。
でもね、まだデジタル化すらされていないアナログ音源がありますぜぃ、フィリップス様ぁ

ソロ・デュエット曲集でありながらソリストを前面にださないところがウィーン少っぽいですね。
もちろんこちらのアルバムでもソリスト君の名前はクレジットされていません。
今思うとかえすがえす残念ですよ~。名前を残せば将来履歴書に書けるオフィシャルな業績になったのにねえ・・・日本的発想すぎますか?
50年代の録音にはソリスト君の名前があるのに、60年代以降は数名のソリスト名の公表以外を除くとウィーン少の方針はストイックです。

収録曲は
1 Robert Schumann:Mailied,Op.79 No.9 五月の歌    
2.Franz Schubert:Wiegenlied,Op.98 No.2 D.498子守歌
3.Felix Mendelssohn Bartholdy:Maiglöckchen und die Blümelein,Op.63 No.6 すずらんと小さな花たち
4. Franz Schubert:An die Musik,Op.88 No.4 D.547音楽に寄せて
5Johann Friedrich Reichardt:Das Veilchen すみれ
6.Wolfgang Amadeus Mozart:Im Frühlingsanfang,K.597春のはじめに    
7.Wolfgang Amadeus Mozart:Meine Wünsche,K.539私の願い    
8.Robert Schumann:Die Schwalben,Op.79 No.20 つばめたち    
9.Robert Schumann:Kinderwacht,Op.79 No.21子供たちの見張り    
10.Johannes Brahms:Wiegenlied Op.49 No.4子守歌
11. Robert Schumann:Frülingsgruß,Op.79 No.9春の挨拶
12. Felix Mendelssohn Bartholdy:Abschiedslied der Zugvögel,Op.63 No.2渡り鳥の別れの歌
13. Franz Schubert:Seligkeit D.433幸福  
14. Felix Mendelssohn Bartholdy:Herbstlied,Op.63 No.4秋の歌    
15. Max Reger:Mariä ;Wiegenlied,Op.76 No.52 マリアの子守歌
17. Robert Schumann:Schön Bluemelein,Op.43 No.3 .田舎の楽しみ
18. Wolfgang Amadeus Mozart:Das Kinderspiel,K.598美しい花    
19. Engelbert Humperdinck:Der kleine Sandmann from Hänsel und Gretel眠りの精


シューマンの作品にLiederalbum für die Jugend Op.79「少年のための歌のアルバム」なんていうのがあるんですね。はじめて知りました。

収録曲の約半分がシューマン、メンデルスゾーンの歌曲となっています。
ピアノ伴奏はウィーン国立音大教授であられたロマン・オルトナー先生。
これまたすごい先生が登場です。

多分5-6人のソリスト君がレコーディングに参加していると思われます。
ソプラノソリストはニグル君を彷彿させるまっすぐな声のソリスト君(1,13等)と、すこしビブラートのかかるラブリーボイスでaの発音がユニークなソリスト君(2,6,9,10,11,15等)。マツナー君に似た感じのおそらくメゾよりのソプラノ君(8,12,)。凛々しく、いかにもボーイアルト君2名かなと当たりをつけました。
元気いっぱいで可愛らしいソプラノソリスト君たちの中、5のペアで高音を担当するソリスト君が大人っぽい声(ルネ君似)で、相方の低音君もつやつやした声を聞かせてくれ、このアルバムの中ではお気に入りです。
悲しいかな駄耳にはこれしか聞き分けられなかったです。
もしかしたらもう少し参加した団員さんがいるかもしれませんし、もっと少ないのかもしれません。

ソプラノソロ曲 2,4,6,9,10,11,13,15,18
アルトソロ曲7,16
デュエット曲1,3,5,8,12,14,17,19・・・ソプラノ+メゾ、メゾ+アルト、ソプラノ+アルトといった組み合わせがあり多彩です。

LPで聴いたら印象が違うかもしれませんが、CDで聴く限りでは一生懸命さがありひたむきで勢いがあります。
サウンドをあまり加工していないせいか、録音の音が鮮明で、どの歌もストレートでいろんな意味で胸に迫る感じがあります。

実はDubois君やRaduさんwith聖フローリアンのM.Stumpner君の柔らかめのソロを聴いたあとで、このアルバムを久しぶりに聞いていたのためか、当初ストレートな声に「おんやぁ、これがtheウィーン少のソリストだっけ?」と戸惑いが。
ウィーン少ファンとしてはこれではヤバイと、インナーカナルヘッドフォンで、ひたすらリピしまくり今日で3日め。
耳をウィーン少モードに切り替えて聴くと、ソプラノソロのラブリーボイス君はユニークですが、ソリスト君たちはやっぱりウィーン少の声だし、なんといってもウィーン少の音楽だわ、と思えてきたです。洗脳されたかも。オルトナー先生のピアノが上品で、耳障りがよく、なんといっても聞き飽きないのが不思議です。

このアルバムに登場するソリスト君の一部は、年齢の若い団員さんや中堅どころ君たちなのかもしれないな、とも思いました。もしかしたらこの録音から半年ないし1年後にはもっと艶ややかな歌声を聞かせてくれたのかもと想像していました。
そこで華奢な体で、全身を使って大きな声で歌おうとしていた2007年組のコンラート君が頭に浮かびました。来日当時はストレートな声の印象が強かったコンラート君が、その後シルクロードのサントラで、滑らかにそして表情歌かにシューベルトの歌曲を歌っていましたよね。あれにはびっくりしましたよ。

心身の成長とともに変化するのが少年の声。

コンサートをきいている限りでは、今年のシンタロウ君やガブリエル君、昨年のマヌエル君やルーペルト君、ヒビキ君、カヨーデ君たちと安定したソロを披露してくれたメンバーがいるんだし、ソングブックをシンタロウ君たちでレコーディングしたら(録音条件も同じ→これ重要)、案外いけるんじゃないかなぁ・・なんて。

このアルバムでは、ソロそのものを聞くというよりは少年の声による歌曲が楽しめました。
ウィーン少のソロを堪能するのであれば、アーノンクール&レオンハルト御大のカンタータ大全集、マタイやヨハネ、もしくは90年代半ばまでのアルバムに収録されているソロ曲のほうがいいかもなんて思いますが・・・

聖フローリアン少年合唱団とRadu Marianさん

数年前、聖フローリアンのCDを探していたときに発見したこのCD。
作曲家も全くわからずジャケットの美しさに惹かれてお買い上げしました。

Ramhaufski/Hochreiter: Gloria
Ramhaufski/Hochreiter: Gloria

時は17世紀後半から18世紀初頭。
オーストリアのラムバッハ修道院で音楽活動をしていた、B.L.RamhufskiとJ.B.Hochreitherのミサ曲集です。お二方とも活動的に作曲活動をされていたようですが、いまとなっては作品のほとんどが散逸されてしまった模様。
2002年からこの修道院がコレクションしている音楽蔵書を対象にリサーチが行われ、そこでHochreitherの作品がまず見つかり、Hochreither の前任者だったRamhufskiの作品の一部が隣の修道院で見つかった・・というような経緯が詳細な解説と資料写真満載のブックレット(イタリア・英語・ドイツ語)にありました。
解説を担当されたのはオーストリアのバロック音楽研究をなさり、このアルバムでの演奏を担当するG.Letzbor先生。

Letzbor先生率いるArs Antiqua Austriaの古楽メンバーによる管弦楽に乗せて合唱は聖フローリアン少年合唱団から8人の精鋭メンバーと、Radu Marianさん,  ビュルツブルグ少年合唱団のOBであるMarkus Forsterさんなどが参加。

この手のCDにしては珍しく演奏者のプロフィールは一切なしでクレジットのみというシンプルさ。

Ramhufski Missa a 23
17世紀中頃の作品。どこか牧歌的で、素朴なメロディーに親しみが沸きました。Radu Marianさん率いるオトナ4人組と、8名の聖フローリアン少年合唱団員+オトナ2人の混声組による掛け合いがとても楽しく、オケをはさんで交錯する合唱は見事です。オケにはバロックトランペットとティンパニ。それは賑やかです。

Hochreither Missa ad multos annos
初演が1705年4月だそうで、Ramhufskiのミサ曲と比べると旋律が滑らかになり、合唱や管弦楽の構成が複雑化して洗練された雰囲気です。こちらの3本のバロックトランペットアンサンブルとティンパニが晴れがましい雰囲気を盛りたてています。終曲のアニュス・デイはティンパニーのロールで終わっていました・・・初めて聴きましたよ。
こちらでの合唱はソプラノ2名+アルト、テノール、バスの5声+合唱のハーモニーが華やかです。
Radu Marianさん とボーイソプラノのM.Stumpner君の2重唱(高い旋律をRadu Marianさん 、低い方をM.Stumpner君が歌っている)があったりと面白いです。
聖フローリアンのM.Stumpner君、大活躍です。ボーイソプラノとしてはかなり上手です。Raduさんと比べると(比べちゃいけない)所々もたつくところがありますが、思い切りがよく堂々と歌っています。声もきれいです。
ところどころにはいる8人の合唱もきっちりとしていて、相変わらず高い水準をキープしています。
ああ、きっと。聖フローリアンには団員や指導者の国際化なんていう問題はないんだろうなぁ・・・


初めて聴いたときに、まずたまげたのはRadu Marianさんのソプラノソロ。
柔らかく響く耳に心地良い。シルクの布がするするっと落ちてくる感じとでもいうのでしょうか?
声だけ聴いてバロック音楽を専門としている女性ソプラノかと思いましたが、少年ぽい声の持ち主であっても女性の声から消す事ができない特質を感じなさせないし、かといってボーイソプラノにしてはフレーズを長く歌い、軽やかで自由自在なテクニックにどことなくオトナを感じさせるし。これはスゴイ。
ちょうどこの頃はハリー君やルイ君といった突出したボーイソプラノ君たちがいましたが、彼らと比較してもテクニックや声は明らかに凌駕しています。
おお、これは物凄いボーイソプラノがフローリアンにおるぞ、(思いっきり勘違い)マックス様以来だぞ(違うって)!と興奮していましたが・・・ブックレットを確認するとフローリアンの団員さんとは別扱い。
Radu Marianさんについて調べた結果、カウンター・テノールであることを知りましたよ。こりゃびっくり。

カウンターテノールの声というのはどちらかというと肉感的な女声に近いもんだと思っていただけに、Raduさんにはボーイソプラノ特有の繊細があるこの声に驚きました。


当時の音楽を様式そのまま再現するのに困ったのはやっぱりソプラノソロだったと書いてありました。
Radu Marianさんナシでは語れないこの演奏・・・・もしかしたらオケも合唱も当時より上手だったりして。
Radu Marianさんにとってもこちらは公式録音としては初期のもの・・といっても3年前ですが、最近のご活躍は嬉しいです。

録音は2006年2月ラムバッハ修道院で(ジャケット裏の写真)
どうりでみんな寒そうなわけだ。
img021.jpg

続きを読む »

トーマの心臓を読みました。

トーマの心臓がノベライズされたと店頭で知り、手にとったこの本。
白とシルバーの美しい装丁。

トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)
トーマの心臓 Lost heart for Thoma (ダヴィンチブックス)


以下、隠します

続きを読む »

Sebastian de Brossard Petits Motets

マックス様のCD2枚を立て続けに聴いたら、満足。

歌詞の意味を調べ、歌詞を見ながらじっくりマックス様の歌声を聴いた結果、おなかいっぱい状態でした。R.シュトラウスの歌曲は今の私には濃すぎました。
こういう状態になるとなぜか新たに音楽を聴けなくなります。
たとえるとワインをお供にイタリアンのフルコースを5時間かけて食べまくり、〆をエスプレッソにしとけばいいのにグラッパをあおりくらくら、しばらくイタリアンは食べなくていいや・・という感じと同じです。(実話)


数日間の音楽断ちのあとでこれを聴きました。

Sebastian de Brossard Petits Motets
img019.jpg

聖アレッシオの舞台で 天使が集団で実在したらこんな感じかしらと妄想想像をかきたてるような演技と歌を見せてくれたカーン聖歌隊児童合唱団。ろうそくの柔らかな明かりに照らし出された舞台上 天使のいでたちで、そわそわきょろきょろしたり、頬杖ついたり、どこか遠くをみてぼおっとしたり・・個性溢れる仕草は目の保養でした。カーテンコールでソリストの子が興奮しまくった様子で、思いっきり相方に話しかけていた姿は微笑ましかったです。
オトナたちの豊かで濃い歌と較べれば、華奢そのもの歌声でしたが、(おそらくテレビというデバイスのため)ふんわりとはかなげな歌の中にきりっとした輪郭を感じ、興味深々。

手持ちのCDにこの合唱団所属のソリスト君が参加したアルバムを発見。
こちらのソリスト君とカーン児童合唱団がつながらなかったのは、やっぱり語学の問題ですね。はい。
実は少しまえに日参サイト様でこのCDの存在を知り どうしても聴きたくなって確かどこかかのマーケットプレイスで手にいれました。(ASIN : B00004SU4X)

期待を裏切らない内容でした。

セバスティアン・ド・ブロッサールのモテット集、録音は1999年、教会の中で行われたのかな。
収録曲はたったこれだけ。

1.O Jesu! quam dulce nomen tuum 
2.O plenus irarum dies 
3.Beati immaculati  
4.Silentium dormi  
5.Miserere mei

セバスティアン・ド・ブロッサールはシャルパンティエ、クープランとほぼ同時代、中期・後期バロック時代のフランス人音楽家なんですね~。お初です。

ボーイソプラノとバスをメインに少人数の合唱を、テオルボとバロックチェロ オルガンだけ古楽器のシンプルな伴奏で聴く事ができます。
冒頭の曲は8分半の長丁場のトレブル・ソロ、2,4曲目はオトナ男子と器楽伴奏の歌、3曲目ではAlain Buetさんとトレブルのデュエットです。13分と長いのですが、ソプラノ、バス、2重唱、と様々な歌が続きます。次から次へと旋律が現れて、ドラマティック。5では合唱が参加です。トレブルソロ→合唱トレブルソロと交替に現れる合唱がちょっと英国聖歌隊っぽくてきれいです。合唱にCyrille Dubois君も参加しているのかなぁ?

トレブルソロをつとめるのはCyrille Dubois君14歳。
品のあるさらりとしたボーイソプラノですが、しっとりと響く声が美しいです。
装飾音符もらくらくこなしていますし、オトナとの2重唱も堂々としています。

you tubeにあがっているのは1番目の曲です。




たまたま横浜帰り、ちょうどベイブリッジ・鶴見大橋にさしかかったところで聞きましたので、ちらっと目に入る海とうっすら雲のかかった夏の空が目の前に広がり、音楽と風景がマッチして贅沢な気分になれました。極楽極楽。

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<07 | 2009/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。