スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Singa is ins're Freud -Volkslieder-

Singa is ins're Freud Volkslieder

Singa is insre Freud

やや、驚いた。アルバムは各国アマゾンでは品切れです。「再入荷の見込みなし」ってマジですか。
ありゃぁマーケットプレイスにも出ていないんですね。
国内アマゾンでは取り扱いありましたっけ?
おや、まぁ。

唯一購入できそうなのは、合唱団のショップ
在庫あるのかなぁ。


やや、聴いて驚いた。
ミレニアム以降のアルバムの中では出色・・・個人的に。
合唱がウマイ。

アコースティックの器楽伴奏が楽しげで、サウンドそのものがナチュラルで美しい。
2002年5月ウィーン・ホーフブルクカペレでの録音とあります。
アコースティックな伴奏やアカペラ、そして彼らの声が最も美しく響くであろうホーフブルクカペレでの 民謡の録音。
これには驚いた。
スタジオ飛びだして、これまた凄いところで録音していたんですね。

録音に参加したのはモーツアルト、シューベルト、ブルックナーの3コア。(→コア名は明記されていませんが、カペルマイスター3名のお名前、録音時の5月に日本ツアーをしていたのがハイドンコアだったそうなので。)
2002年5月といえば、時期的に2000年、2004来日組メンバーが加わっていたかもしれませんね。
そして、この3つのコアは2002年3月からGoes Popの録音作業も並行しています。
かなり忙しかったのね。

オーストリア+ドイツ民謡を丁寧に編曲したアルバム、そういったコンセプトのアルバムとしては今のところ最新録音。
相変わらず器楽伴奏がおおきいようと思う曲も数曲、これはもう仕方ないし、諦めます。
久々のアカペラの歌を聴けるのは嬉しいですよ。

収録曲は
01. Singa is ins're Freud
02. In die Berg bin i gern
03. Und wanns amal schen aper wird
04. All mein Gedanken, die ich hab'
05. Waldhansl
06. Ist wohl ein schöne Zeit
07. Vom Zillertal aussa
08. Drin im Haslgrabn
09. Wann du durchgehst durchs Tal
10. Der Lahnsadler Holzknecht
11. Es steht ein Bleamal ganz alloan
12. Der Summa ist aus
13. Wia lustig is im Winter
14. Ja wann da Schnee
15. Juchhe Tirolerbua
16. Es gibt schene Wasserl
17. I bin weit hergangen
18. Wohl ist die Welt so groß und weit

中にはここ4-5年のコンサートで耳にタコができるくらい(ワタシだけ)聴いた曲も登場です。

Singa is ins're Freud、バイオリンの前奏、ソロの歌いだし→ソロ3人ユニゾン→ソプラノ・メゾ→大人数2部→ソロ2番手→以下省略→ソロ3番手以下略・・という構成です。
1番手ソロはどことなくルーカスK君を思い出す声だし、2番手君の軽くかかるビブラート、3番手君のしっかりとした低音、なかなか楽しい曲でアルバムの幕開けです。

In die Berg bin i gern、ハープの伴奏に乗せての3部合唱。
高い音域のメロディーラインで歌うソプラノ涼しげです。きれいですねぇ。

Und wanns amal schen aper wirdアコーディオンの登場。
ダンス付で披露してくれましたね・・あれ、いつでしたっけ?
それと比べるとテンポ緩めでフレーズがなめらか。3部合唱のなかでソプラノがおとなっぽいです、このソプラノの中に なんかすごいのが一人いるぞ。



All mein Gedanken, die ich hab'アカペラ、おおう、懐かしい。Around the worldの再録。
フレーズのとり方がマルシック先生のときと違います。こちらのソプラノがまた涼しげで高貴な歌声ですよ。
一方メゾ・アルトがしっかりしっとり。これだけ聴いたら60-70年代風です。
途中のDu,duの掛け合い、彼らのDuの発音がまろやかで好きです。
ワタシはどんなにがんばっても村○○ジさんのあのギャグになってしまいます・・とほほ

Waldhanslはバイオリンとアコーディオンの楽しげな伴奏。
つんと澄ました歌声がどこか懐かしい。手拍子入り、拍の表と裏で2グループに分かれてぱちぱちぱちと小気味よいリズムで手拍子していたコアを思いだします。
2008年組いや昨年?・・・実際聴いたものと比べるとCDの方がキーが高めかな。

Ist wohl ein schöne Zeitはハープとバイオリンの伴奏に乗せて。
昔からよくとりあげる曲だと思うのです。ゆったりとした旋律と、抑揚の効いた表現。
柔らかくしっとりとした歌に おおなかなかいいぞと。

Vom Zillertal aussaアルトのソロではじまるアカペラ、跳ね回るような旋律と統制のとれたハーモニー。
コーラスワークが抜群です。ワンフレーズソロの3、4番手のアルトソロはちびっこさんかな。
声はこどもこどもしているけどなかなかしっかり歌っています。

Drin im Haslgrabn、これもいつかのコンサートで聴きましたね。
全員でのユニゾン、ソプラノのろうたけた声が目立っています。

続く3曲はアカペラ、メゾ・アルトのがっつりしたハーモニーが楽しいです。
Wann du durchgehst durchs Tal ここ数年のコンサートで聴いたんだけど、これほどアルトガ魅力的とは。むむ。
Der Lahnsadler Holzknecht、Es steht ein Bleamal ganz alloan ともにおちついた歌い方とその艶、ボーイアルトの魅力満開です。

Der Summa ist ausのソプラノユニゾンはきっちり。
高い音への跳躍で、ちょっとよろけちゃうかな。3パートのバランスがよいです。

Wia lustig is im Winterはリコーダーとハープの伴奏付。ゆるゆる優しげ。
Ja wann da Schneeはアコーディオンとハープ、ソプラノの跳ねまくる旋律が難しそう。。

Juchhe Tirolerbuaは賑やかにトランペット入り。



これを聴いていたら、その昔赤倉温泉スキー場で、一日中でっかい音でヨーデルがかかっていたゲレンデを思い出してしまいました。山の天辺でさんざんしごかれたあと、ふもとのホテルに戻る途中で耳にしたあのヨーデルには和みました。

Es gibt schene Wasserl・・たしかこれもコンサートで聴いていて懐かしいはず。
I bin weit hergangenはアカペラ。絶妙なハーモニーですよ。

Wohl ist die Welt so groß und weit
トランペットが登場のマーチで元気いっぱいです。
間奏では打楽器の音が入ってますね。あんまりに賑やか過ぎて、歌を聴いているんだか伴奏聴いているんだかわからなくなりましたが、歌も威勢いいです。元気いっぱい、こういう曲聴いてみたいですね~。


いつだったか、ファンクラブの集いで会場からの質問に「同じ水準の4つのコアに、それぞれの個性や持ち味があります」と答えていたカペルマイスターさんがいました。
それを聞いて、聴き手としては、そのとき来日した組の個性=現在のウィーン少の歌声となるのは必然だけど 本拠地にいて毎日(でないにしても)4コアの歌声を耳にしている関係者の方からすれば、=じゃないんだなぁと当たり前のことに思い当たったのでございます。

そのことを念頭において、ソプラノパートの声質、アルトパートの重量感の違い、各パートのバランス、ハーモニーの精度、この4点から責めてみたのですけど・・・曲が違うと聴き分けるのは難しいです。

試聴はドイツアマゾンで可能、探せばiTuneにあったような気がします。

追記:JPCさんでもCDでの取り扱いは無いですが、試聴とDL形式での購入が可能です。




スポンサーサイト

Vienna choir boys Amazing Grace

Vienna Choir Boys: Amazing Grace
Vienna Choir Boys: Amazing Grace

2000年5月、Achauにあるスタジオでのレコーディング。

このアルバムが超好き!という方のお怒りとお叱りを受けるかもしれません。

今日聴いての感想

カラオケテープかと思いました。

ああ、すんません、まじですみません。
朝6時に職場からの緊急コール、出勤してアドレナリン全開で午前中いっぱい働き、午後は横浜でお勤め、帰り道くたくたになりながら運転しながら聞いたものですから・・


収録曲

1.Amazing Grace     
2.Edelweiss      
3.Das Wandern Ist Des Muellers Lust     
4.Sakura     
5.Sur Le Pont D'avignon     
6.Tiritomba     
7.Auld Lang Syne     
8.Wien, Wien Nur Du Allein    
9.Santa Lucia     
10.Kalinka     
11.Greensleeves
12.Im Prater Blueh'n Wieder Die Baeume     
13.Hevenu Shalom Aleichem     
14.Muss I Denn Zum Staedele Hinaus

世界民謡集 2000年版。
収録曲はアメリカ・日本・フランス・イタリア・英国・ロシア・ドイツ・オーストリア、イスラエルの民謡。
おそらく音源初登場曲もあって、ラブリーなラインナップと思います。

しかぁし。

こってこてのアレンジと爆音のような伴奏が、せっかくの合唱やソロをぶち壊し。
オトナたちそんなに張り切らんでも・・・・
じつは合唱が物凄くきれいだったり、じつはソロがよかったりするだけに惜しい、惜しい。

どでかい伴奏に埋もれるボーイズの合唱。
合唱を聴くためにとボリューム最大にしても、伴奏しか聴こえてこないのですよ。
あんまりだわ。


ティンパニーのロール付、壮大な超スペクタルな前奏ではじまるamazing grace。
2部合唱は清らかですが、伴奏に埋没されてます。
オケ伴とエレキギターと打ち込み系ドラムの中間部のソロ・・どうにかならないかなぁ。
のんびり、ゆるゆるしたエーデルワイス。途中に現れるソロはまさに500年の伝統の賜物。
伴奏が賑やかです。
Das Wandern Ist Des Muellers Lust、アルトが元気いっぱいでなかなか合唱が楽しげ。
Sakura
お琴風の伴奏。もしかしてエレキギターでやってるのかな?
二つの歌詞を交互に歌っています。

さくら さくら
弥生(やよい)の空は
見渡すかぎり
かすみか雲か
においぞ出(い)ずる
いざや いざや
見に行かん

さいた櫻
花見て戻る
吉野の櫻
龍田の紅葉
唐崎の松
常盤(ときわ)常盤
深みどり(→彼らはこの部分を「いざゆかん」とおき変えています。)

「さくら」のもともとの歌詞を聴くのは初めてです。
合唱だけはいいです。


ポップいアビニヨンの橋(track5)


あっかるいシシリア民謡(track6)
track7は蛍の光・・あれ、ソプラノパートがよれている。無理に2部合唱にしなくてもねぇ。

全員参加のウィーンわが夢の街'track8)。賑やかすぎる伴奏にがく。

今年のシンタロウ君の艶々と丸みをおびた声でのソロ良かったなぁ。
シンタロウ君曲によって歌い方替えていたのね、と今更感慨ひとしおです。元気かなぁ。

やりすぎですって、カリンカ


Santa Luciaでは思いっきり脱力・・はああ。すでに合唱がダルそうに聴こえます。
グリーンスリーブスは、64年組のシャーリング少年のソロを彷彿させるソリスト君が良かったです。
もしかしたら、アルトも短いソロなのかな。

哀愁漂う昭和歌謡と化したHevenu Shalom Aleichem
ラストのmuss i denは元気いっぱい。


ソリストにはChristpf Zanger君, Peter Högling君, Sebastian Pfeiffer君らの名前がクレジットされております。
合唱はカペルマイスターのお名前からすると、3コアが参加したみたいです。

全部通して聴いていると、どうも、伴奏と合唱の一体感がないのですよ。
カーステレオのせいかなと思って、ヘッドフォンで聴いてみたのですが、これは変わらず。
合唱ならではの微妙な間とか、ブレスや、一瞬のゆらぎみたいなのがなくて、あわただしいのです。
しかも、ところどころで合唱と伴奏のピッチが微妙に合わなかったりして。
伴奏録音だけしていて、それにあとから合唱をのせたのでしょうかねぇ?
ダイナミクスもなくて、ずっと一本調子。
なんとも大味な仕上がりです。

F.Jaonoska先生による合唱のアレンジは凝っていてユニーク。
コンサートプログラムにあるように、アカペラやシンプルにピアノだけの伴奏だったら、このアルバム好きになれそうなんだけどなぁ。



シルクロード@アマゾン

ふらんすアマゾンで、Les Petits Chanteurs de St-François de VersaillesのCDを探していて
意外なものを発見してしまいました。

国内で探してみたらこんな感じでした。

Vienna Boys' Choir - Silk Road [DVD]

DVDは現在お取り扱いありませんとのことですが、『在庫切れ』というのはアマゾンでもいくばくか取り扱いがあったのかと驚きです。

サントラCDはこの通り

Silk Road
うぉ~、11月17日発売予定ですかぁ。
これはこれは。
お財布に優しいお値段設定ですねぇ。
クリスマスプレゼントにいかがですか~とても楽しいアルバムですよぅ・・なんちゃって。

こちらに収録されているハク・アリ途中の長いソロは、コンサート同様今年の来日組のガブリエル君本人が歌っていると思っております。
クレジットされているガブリエル・カウフマンの名前と、プログラムにもらったご本人のサイン(フルネーム)が同じにみえるのですよ。
でも、なんといってもあの歌い方はガブリエル君そのもののような気が致します。

正直に申し上げます。
実はいまだにシンタロウ君と同じくらいガブリエル君の歌が忘れられないでいます。はい。

ちなみにサントラCDはUKとフランスで11月9日発売予定。
アメリカでは17日発売予定となっていました。

I am from Austria

I am from Austria

I Am from Austria

おや、国内でも取り扱いがあったんですね、知らなかった~
リリースされた当時はドイツアマゾンかJPCにしかなかったのに。

2006年秋にリリースされたこのアルバムを聴くたび、レコーディングに参加していたであろう2006年組のことを思い出します。

その舞台でカラヤンが祈り、レニーも踊ったという日本のクラシック音楽の聖地であるサントリーホールに、ウィーン少年合唱団のコンサートを聴きにいくということは なんちゃってクラオタの私にはドキドキの出来事でした。
客席は満席、舞台の上には見慣れたフル・オケではなくピアノと25人のセーラー姿の少年たち。事前に2005年組の映像で予習していたとはいえ、実際目にするとこんな少ない人数でだいじょうぶかしらという余計な心配が杞憂に終わり、ホールにふんわりと拡散する歌声に感動しました。
またコンサート後さらに5月のまぶしい日差しの中、カラヤン広場ではじめて間近にみる団員さんの姿と、ファンの姿に圧倒された事を今でも懐かしく思い出します。

このCDの印象を一言で表すならガラスキャニスターに入ったキャンディーのようにカラフル、そしてSweet。
ウィーン少がリリースしたCDの中で最もスタイリッシュなジャケット写真。来日したメンバーが数人います。ただ、青みが強い色彩のため、ジャケットに写る少年たちの肌の色がみんな蒼白で、なんだかマダム・タッソー監修の蝋人形のようにも見えますが・・

収録曲は

1 A Wonderful Day
2 Sing’ In the Rain
3 Over the Rainbow
4 Chim Chim Cher-ee
5 Prepare Ye the Way of the Road
6 If I Were A Rich man
7 Loreley
8 Heidenroslein
9 Wir Wollen Gemeisam Singen
10 Sandmannchen
11 Danny Boy
12 Morning Has Broken
13 I Am From Austria


曲目を並べて、眺めるとわくわくです。ほとんど どの世代にもよく知られていて しかも愛されているナンバーばかり。クラシカルなポップナンバーかつ耳に馴染んだ曲ばかりを集めています。これをウィーン少できけちゃうの、うわぁ・・という感じのアルバムになるのかなぁ。

もともと過去の音源から(90年代からさかのぼりLP時代まで辿りました)ウィーン少のファンになり、2006で初めて彼らのコンサートを聴いた後だっただけに、CDを聞いたときそのできばえにう~ん・・となってしまいました。
2002年以降kochレーベルからリリースされたほかのCD同様、一部を除き伴奏が目立ちすぎて彼らの声そのものをあまり楽しめないアレンジと、コンサートではビシっと決まるユニゾンがときおり揺らいでしまうことに違和感を感じてしまいました。
結果、数回聞いた後しばらくCD収納棚で熟成させることになってしまいました。

しかし最近になって聴きなおしてみると、聞き手に緊張感を強いない 明るく楽しくそしてSweetなCDだな~という印象にかわりました。

前半のtrack1から6までは2006年、2007年のコンサート・プログラムを思い出しますね。
Prepare Ye the Way of the Roadのソロで若干手に汗握りますが、これはテンポがゆるすぎちゃうからですよ。そう、オトナたちのせいであって、ソリスト君のせいじゃないもんね(→思いっきりコドモの味方。)・・・と自分の中で折り合いをつけました。
If I were a rich manのソロはAdam Urosevic君のようです。表情豊かで巧い!声も綺麗ですよ。録音が2006年4月とありますから、日本ツアー直前のレコーディングだったんですね。2006年のコンサートでは余裕しゃくしゃく、堂々とした楽しいパフォーマンスを見せてくれて とても印象的でした。
野ばら(track8)眠りの精よりお花たちは眠る(track10)は、ハープ+通奏低音の伴奏がシンプルで合唱も本領発揮。

track9 Wir Wollen Gemeisam Singenはエルカ・ヴィルトさんと、ゲラルト・ヴィルト先生の作品。4部合唱でがっつり歌っています。ソプラノ・ソロのオブリガートがなかなかですよ。躍動感があって、歌ってたのしい!と思えてしまいます(単純)結構好きかも。
パグパイプの音(これ本物の音?)で始まるダニーボーイ(track11)ソロを歌う少年は誰でしょう?
淡々としながらも味のある歌い方で、最初はTilman君かなと思ったのですけど、年齢的に違うかなと。2008年のTilman君の素朴なふんわりとした歌声が耳に残っているだけに、Tilman君に軍配。
〆はI am from Austria りりしいボーイアルトのユニゾンで始まります。途中のソロはAdam君とBCSDにありますが、少し違う気が・・ポップスの歌い方なのかな、カッコイイです。ライナーノーツによるとこれはAn unofficial anthem of Austria的な曲だそうで、聴いていてもとても楽しい曲です。いつかウィーン少のコンサートで聴けたら嬉しいなぁ。

50年代から80年代のウィーン少プラチナ時代特有の 大人びた発声による合唱ではありませんが、その伝統を受け継いだ現代風の歌声を聞かせてくれ、合唱がまた楽しいですし、一つ一つの曲のもつ雰囲気を大事に作り上げた感じはいいのですが・・。
ただ、どうしてもコンサートできく彼らの歌声とCDに収録されている合唱にギャップを感じてしまいます。
それは、もしかしてレコーディング方法の影響かしらと思っております。(あくまで個人的見解ですよ)
2007年のプログラムの中に、レコーディング風景のショットがありますが、ヘッドフォンを装着してる子がいるのを発見。このアルバムの収録風景ではないかもしれませんが、最近のウィーン少のレコーディングは、スタジオやコンサートホールなんかで、全員が並んで歌うのをマイクで音を拾うスタイルじゃなくて、一人一人がヘッドフォンから流れる音楽にあわせるスタイルなのでしょうか?
ライナーノーツには器楽担当の名前が記載されておらず、さきに伴奏だけスタジオ録音してあとから歌をのせたのかな?・・・なんせシロウトですからわかりません。
もっとライブ感のあるレコーディング(教会とかコンサートホールなんかで)をしていてくられたら、もっとこのCDに対して違う印象がもてたのかもなぁとも思います。

・・・などといろいろ好き勝手な事をいいながらも、リラックス気分の時に聞くにはうってつけ、くせになるわ~と アルバム丸ごとしっかりipodに入れて聴いています。

公式のゲストブック情報によると新しくリリースされるCDはKochレーベルではない模様でして、どうか日本国内での入手が可能、それが無理ならアマゾンとかJPCのような大手から購入可能でありますように・・・とお祈りするばかりです。

続きを読む »

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<06 | 2017/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。