スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月16日ウィーン少Aプロ@オペラシティ

満席御礼寸前の客席と舞台のうえのベーゼンドルファー。
今年の最終公演が始まります。
昨日の公演で、ハーモニーにツアーはじめの頃にはなかった艶がでてきたなあと漠然と感じていましたが、今日それが確信に変わりました。(何書いてんだか)

ガウダーテは看板ソリストコンビ Michi&アッシャー組。
合唱ももたつくことなくよくまとまりさっそうとした雰囲気。
なんだか良いコンサートになる予感が。
ラストのMichi少年の装飾音符の入ったオブリガートソロがびしっと決まってました。

ガルス Pueri Conciniteはレガート・テヌート系でしっとり。う~ん、なんていうんでしょう、水の質感。
指揮者が違うと音楽って全くかわるんですねえ。

モーツアルトのカンタータもつややかで滑らかな演奏でした。
聴いた感じではところどころ3声? 前半途中のソプラノ2の内声部が印象に残り、帰宅途中そのあたりのフレーズが頭の中でリピートしてました。

白状します。
M.ハイドンのアニマノストラのKim先生が弾くピアノの前奏部分(プログラム曲の中で最も長い前奏)でワタシ、心をわしづかみにされました。ウィーン少のコンサートで初めての体験です。
同じ曲を取り上げた2009年の編曲名人だったカぺルマイスターさんが、今日は大丈夫かと毎回ひやひやしていたのとくらべると大違い。
私が聴いた中では、ベーゼンドルファーをあんなに綺麗に鳴らしたのは歴代カぺルマイスターのなかで先生が初めて。柔らかいタッチと流麗なピアノの響きがぴったりでした。
Michi,アッシャー、マサヤ少年たちのソロアンサンブルも合唱も見事に決まりお見事でした。

メンデルスゾーンのludate Pueriも慎ましく華やかに。
ボーイソプラノとアルトが醸し出す雰囲気でじんわりと沁みる演奏でした。
メンデルスゾーンはご本家トマーナか英語歌詞だったら英国聖歌隊がマイベストなんですけど、ウィーン少の歌うメンデルスゾーンも優美でいいですね~。

ヴィルト先生日本初演の曲紹介はマリオ君。
今日は完璧にこなしました。

今年もコンサート中の曲目紹介は団員さんが担当していて、いろんな意味で客席を沸かせてました。
何気に日本語MCが一番上手だったのはアルトセンターで、クールに歌っていたイヴァン少年。

曲は エヴァン・先生の楽譜&カンペメモ撤収担当少年・Michi、カルロ少年たちのソロアンサンブルが登場しますが、Agnus daiではじまり、Dona nobis pacemで終わるボーイズ4声にしてはとても骨太な曲。
Michi少年のソロが映えてました。
Tomorrow shall be my dancing dayはアッシャー少年のソロがマッチするチャーミングな曲。
ぐぐったら11番まで歌詞があるそうです。(!)
アッシャー少年はソロ以外のときはソプラノ2を歌うので、そのぶんソロフレーズが目立ちます。
歌詞の♪My love, My loveにどぎまぎしちゃう不届きものはきっとワタシだけですね。

ローレライは歌い出しの♪Ich weiss nicht was soll es bedeuten~のフレーズは爽やかでしたがその後、気温30度、湿度60%、真夏のまったりしすぎたライン川的な雰囲気(いったことないです)。

セルビア民謡は、5月に聴いたときはわりとさっぱりで、昨年のほうがいいかなあなんて思ってましたが、最終公演では粘っこく泥臭い(良い意味で)雰囲気に変わっていました。
アコーデイオン担当のミハイル少年は先生の指揮をがん見。
昨日のように客席に向かってにっこりという雰囲気はなかったです。
先生とピアノを連弾するカルロ少年は目の前を指揮する先生の腕がぶんぶんしていても、まったく動揺せずクールに弾いていて、曲の雰囲気が変わる箇所ではしっかり先生の横顔をみて確認してました。

伝統曲と世界の歌で聴かせる音楽の表情の豊かさを楽しみました。

そうそう。
この日になって Michi少年がソプラノ前列センターにいる理由がわかりました。
ウィーン少の舞台配置は、基本型は先生の左側にソプラノ、右側にアルト。今年は1列目がソプラノ1、2列目がソプラノ2という配置ではなく、成人合唱団と同じ配置だったんだと最終日に気づいた次第です。

え~このまま後半に突入したいところですが、FC2が重くて入力に時間がかかるため、残りは後日。




続きを読む »

スポンサーサイト

6月15日 ウィーン少Bプロ@オペラシティ

土曜日昼下がりの客席は満員御礼寸前の満席。
Bプロの始まりです。

5月初めに同じホール、似たような席で聴いた繊細可憐な歌声は 力強く、しっかりとしたモーコア@2013の歌声になっていました。
記憶にのこる5月とは少し異なる歌声に少しとまどいながらも、コンサート楽しんで参りました。

フレーズの終わりのハーモニーががオペラシティにぼわんっと響く瞬間にうわーたくましくなったなあと感じたりしてました。

パーセルの来たれ芸術の子ら ユニゾンから2声に展開する2回目の主題のところは華やかで何度聞いても(今年は2回目)わくわく。ヴィオールをかき鳴らせ ではMichi少年のソロパートのメリスマが丁寧に歌われていました。
聞け・静かにではフレーズの終わりにでてくるMusica(推定)の響きがとてもきれいでした。
ナスコのアヴェマリアは4声、5月にはなかった艶めいた響きで、素晴らしかったです。
サンサーンスのアヴェマリアはうつろう和声に聴きほれました。
今年のコアはアルトの響きがふくよかで柔らかくいいですねえ。

ソロ曲は天使のパン。
今回もMichi少年のソロ。
合唱の入ってくるところをKim先生がピアノで再現してくれていることに気づきました。
文句言ってすみませんでした。

シューベルト詩篇23はたおやかな女声合唱風から 男声4部的な仕上がりになってました。
ある意味新鮮な感じ。

さて、前回Bプロで記憶がすっとんでいた 世界の祈りの歌シリーズ。
楽器が入ったり、ソロアンサンブル付きで面白かったです。
このコアのジャンベ担当のビヨン君、プロフィール写真では眼鏡っこですが、実物はその昔のマックス様を髣髴させる容貌。イケメンさんでした。(どうでもいい感想)
マン・クント・モーラーは6人のソロアンサンブルがありましたが、ここでニコラス少年とアコーディオン担当ミハイル少年の爆音系ソロにびっくり。
ミハイル少年の張りのある声と歌いっぷりの立派さに今回もおおと思ってしまいました。

しか~し、テンポが前のめりになってしまい、キム先生左足でどんっと舞台を踏みならしテンポ修正してました。

ジェイガナラヤはさっそうとグルーブ感たっぷり。

第2部、流浪の民は手に汗握りました。
曲の途中のソロがソロアンサンブルになっていました。出番を間違えたメンバーがおりましたよ。
全体的にチゴイナーさんたちの森のはずれでの夜の語らいが、なんだか全員で徒競走している感が。

後半はこのようにして疾走テンポではじまり、加速していきました。

オーストリア民謡ではアコーディオン準備のミハイル少年が、楽器の肩バンドを両腕に通し、背中で左右のバンドの間を固定するベルトを止めながら、客席に向かってにっこり。
「すみませんねえ、何せ楽器が重くて準備時間がかかるもんで・・」的な微笑みをうかべていました。

2部のソロ曲はピエ・イエズス。Michi&アッシャー組。
低音部分を歌うアッシャー少年の安定感と声のつややかな美しさにはびっくり。
ソプラノ同様音域の広い旋律を滑らかに歌っていました。
フレーズの処理を Michi少年にぴったり合わせてくるところがいくつかあって、直立不動で歌っているのに(関係ないですね)こやつできるなあと思った次第です。

花は咲くでお客さんの涙を誘い、ふるさとでしんみり。

花は咲くの歌詞はずっと 震災を経験した私たちの歌だと思っていましたが、震災で亡くなられた方々の思いをこめた歌にも聴こえてきたから不思議です。

法被の数が増えて、にぎやかなソーラン節。
打楽器やヴァイオリンにマリオ少年の先導するどっこいしょの掛け声に耳を奪われがち。
しかもワタシたちの脳にこびりついているおじさんのしぶ~い喉の塩辛声で歌われるソーラン節のイメージを取っ払って、ジックリ聴いていると数学的な面白さがありました。
打楽器のワイルドなリズムもあり実は複雑な構成になっていて、じつはBプロ後半の目玉だったかも・・・。

プログラム終盤のウィーン名曲集はステージの上の団員さんたちが生き生きとした表情で歌い出し先生のピアノも饒舌に表情豊かになっていました。
アンコールは美しく青きドナウショートカット版とトトロ。

大きな拍手と歓声がとびかう大盛り上がりの最終Bプロでした。

コンサートの予定演目が終わってみれば 休憩時間はさんでるのに15時30分を少し回ったところ。
例年(昨年は無かったような気がします)、ツアー中少なくとも1回はこういう足早なコンサートがあったので、今日はそれかな~と。

客席から退出するとき偶然耳にした親子の会話。

父(推定30代後半)「うをおお、すごく楽しかったなー」
息子(推定小学校中学年)「うん!」
父「Bプロよかったなぁ」

Aプロも聴かれたんですねえ・・・

終演後の客席やホワイエにのこるほんわかとした温かい雰囲気は、ウィーン少のコンサートならではで、本当にいいなあと思います。


明日はツアーの〆、ラストコンサート。
楽しみです。

続きを読む »

5月4日 ウィーン少Bプロ@オペラシティ

「今日はサントリーでBプロだ」と思い込んでいて、溜池山王にむかうところでした。
あ~危なかった。

午後の日差しが降り注ぐオペラシティのホワイエは大勢のお客さんでにぎわっていました。
客席は前の日同様、ほぼ満席。
タケミツメモリアルのホールの響きとモーコアの歌声の相性はきっとよいに違いないと楽しみにしながら開演を待ちました。

パーセルの 来たれ汝ら芸術の子よ は昨年のプログラムにも登場していましたね。
華やかで明るくオープニングとしてこんなにうってつけの曲はないなあと今年も実感。
Strike the violのソロはMichi&アッシャー組でした。
見よ自然は喜びわれらに示した は昨年のプログラムを聴いてから好きになった曲。
♪What the Graces require and the Muses inspireのモチーフがいいんだよなあ~。

作者不詳(プレトリウスのお名前が)の きけ静かに と ナスコ Ave Mariaはアカペラの小品. 両方とも聴いた感じでは3-4声。
素晴らしかったです。
今年の特徴である清楚な歌声とクリアなハーモニーとマッチした選曲で、さすがだなあと感激しておりました。
サンサーンスのアヴェマリアは、とてもきれいでした。
ソプラノの声と旋律があっているし、アルトが入ると移ろっていく和声がしっとりとしていて、2声とは思えない豊かな響きに満足。
ウィーン少のフランスものもいいですねえ。

本日のソロ曲はフランクの天使のパン、合唱つきじゃないのが惜しい。Michi少年の声と曲の雰囲気あっていていい選曲だなあとおもうのですが・・。
後半のソロの旋律を模倣するように合唱が入る部分がお気に入りなので、ソロだけだとちとさびしいなあと

譜面ファイルを広げての合唱だった シューベルト詩編23番。
2006-2008あたりのコアはアンサンブルが危なかったような記憶があり、大好きな曲だけにどうなるかとドキドキしてました。
ピアノの前奏のあと、4声がたおやかに歌いだす瞬間の美しさ。
きっちりとしたアンサンブルでした。

この曲に関して、少年合唱でのベストワン@ドイツ語歌詞は CD化もされずVHSとLDにしか残っていないだけどインパクト大の92年組日本公演の演奏
英語歌詞バージョンではウェストミンスター93年のCDが双璧を成します。
コンサートで聴くことができて幸せだなあと余韻に浸ってると、いきなりアフリカへジャアンプ、気づけば近所のインドレストラン(うそ)。

ジェイガラナヤ~をきくとどうしても近所のインドレスランを思い出してしまうんです。
そういえば昨年のオリバー先生がピアノを弾く手をとめ、椅子から立ち上がり客席向かっていきなり歌い出した瞬間、客席が「?!」となるリアクションが割と好きでした。
客席の年齢中央値と「?!」の度合いは比例してましたっけ(どうでもいいか)
昨年のこと思い出して、どんな感じだったか記憶がございません。

そうそう。
打楽器を演奏するときに、椅子を使わないのがシュバルツ先生以降のモーコアの伝統なのかしら?
床の上に胡坐をかいて演奏していて、これが地の底からどんすかどんすかいう感じの音響効果があって面白いです。

休憩時間にリアルファン友とホワイエでしゃべっていたら、2009年のメンバーの姿を見かけました。
まあ、すっかり大きくなって(当たり前)なんて感慨にひたってると、隣にいたファン友がいない。
あら、どこかしらと見渡すと、本人に握手してもらってました。

2部は流浪の民でスタート。
ソロがひょこひょこ出てくるのですが、先生テンポ早くしすぎて、はらはら。
早口ソングパッター・ペーター・ポン、歌詞を聴くより旋律や曲のつくりが楽しい曲なんですねえ。
とはいっても、頻出の演目でもっと違うモーツアルトを聴きたいです、ヴィルト先生。

オーストリア民謡はニコライ少年のどこに声飛ばしているんだ?的な声量にびっくり。

花は咲く・ふるさと は何度聴いてもじんわりとくる曲ですね。

歌の終わりに舞台のヘリにガーベラを置くのですけど、花の部分が床に触れないよう、そっと客席側におく子もいれば、床にぱっと置いちゃう子もいて、その違いが面白いなあなんて思ってました。(どうでもいいこと)

色違いの法被をきた打楽器2人にヴァイオリンソロ付きとてんこ盛りのソーラン節は マリオ君のどっこいしょの掛け声が勇ましかったです。力まず淡々と歌っていたのが印象に残っています。

本日のソロ曲はロイド・ウェバーのPie Jesu シンタロウ君とギニアさんのあの動画が目に浮かびます。
今回は鉄板コンビMich&アッシャー組。
アッシャー少年の安定感は抜群。
Michi君の声って不思議ですね。鈴のようでいて、ウィーン少の伝統の声。
B.シュミディンガー、M.マツナー、Sプレーヤーさんたち系の声ではないかと思うのですけど、皆様いかがでしょう?

来日公演初となるシュトラウスのポルカはきっちり、他は駆け足でコンサート終了。
アンコールは2曲。

Bプロもサービス精神旺盛なプログラムでした。
個人的には目玉は前半の宗教曲がとてもよかったです。

今日の午後は大阪Bプロ、どんなコンサートになるのかなあ。


続きを読む »

5月3日ウィーン少Aプロ@サントリーホール

季節は巡り巡って風光るから風薫る初夏に。(→あってますよね)
ゴールデンウィークの幕開けとともに2013年WSK月間が始まりました。

連休初日のサントリーホール、客席はほぼ満席でした。
客席でプログラムを眺めながら、今日はどんなコンサートになるのかな、ファンのひとりとしては、今年はどんな歌を聴かせてくれるのかな?と開演を待つ時間は東京初日コンサートで最も楽しみなひとときでもあります。


2006から(2011を除き)欠かさずこの日はサントリーホールで聴いていますが、合唱はいままで聴いた中でもっとも繊細で可憐な感じでした。
対照的だったのはKim先生のテンション。

なんといってもピアノが抜群にうまかった・・

感想をまとめると 繊細可憐な合唱+パワフルKim先生 (意味不明)

プログラムはリベラでおなじみGaudeteでスタート。
Michi少年(プログラムにソプラノ1ソロと記されてます→誰が書いているんだ?)のきらきらとした美しい声質のソプラノと しっとりした柔らかい声のアッシャー少年のソロデュエットが華々しい。
打楽器が入ってるせいか おんなじ曲でもリベラともブルックナーコアとも違う雰囲気。当然か。

ガルスのPueri conciniteは昨年のプログラムにも登場してました。
旋律がぽんぽんとはじけるような明るさだった昨年とは違って、今年は粘っこくしっとりとした雰囲気でした。
これまた指揮者によってこんなに変わるんだと思いました。

さわやかなハーモニーだったモーツアルトのカンタータ、(この曲はヴィルト先生のお気に入りなんでしょう)やハイドン弟のアニマノストラを聴いていると、ウィーンにゆかりのある大御所の作品はウィーン少が歌うとしっくりくるなあと。

アニマノストラは3人のソロの掛け合いが聴きどころ。Michi少年の声って、両手を少し広げて歌う姿は堂々としていてとても12歳には見えません。メゾのソロはアッシャー少年、アルトはマサヤ君。大きくなりましたねえ。
アンサンブルが若干固いのは東京初日ということだからでしょう。
バックのコーラスも可憐な感じです。

ボーイソプラノがとても映えるM.ハイドンのこの名曲、音源そのものが少なく、ボーイズを起用したものは、知る限りではチューリッヒとウィーン少のみ。
コンサートに頻出の割にウィーン少は1975年のクリスマスアルバムに収録されているっきりで、CD化されていないんですよ。

メンデルスゾーンのLaudate Pueriはメンデルスゾーンの作品のなかでもワタシのお気に入りの1曲です。
先生の華麗なピアノとモーコアの皆さんの清楚な柔らかい歌がマッチしていてじんわりと感激しました。
ボーイズのみの2から4部で歌われる宗教曲は、華奢ではあるけど声の美しさや清らかさは成人女声とでは比べ物にならないと思っております。
ボーイズで歌われるとメンデルスゾーンの旋律の美しさが際立つんですよ。
個人的にAプロの白眉。

ヴィルト先生の日本初演となる曲はラテン語典礼文の歌詞と英語歌詞が混じる不思議ぃな雰囲気。
たしかソロアンサンブルがあったような・・・。
きっちりと仕上がっていて、聴きごたえあり。(譜面をみながらだったから?)
曲が終わって客席で聴いていたヴィルト先生が立ち上がって皆で拍手・・なあんてことはなかったです。

Tomorrow shall be my dancing dayは英国聖歌隊お得意のクリスマスキャロル。
こちらはアッシャー少年が堂々としたソロを披露。

コダーイのジプシーがチーズを食べるときも、昨年のコアのダイナミクスが耳に残っていて、それと比べると全体的にながれるような、さらっとした雰囲気。
セルビアのニシュカ・バニャは打楽器とアコーディオン+先生とピアノ連弾、3人のソロはエヴァン・フィリップ少年たち。
昨年さんざん聴いたためか昨年のコアのドスのきいた(?)演奏のほうがワタシは好きです。

休憩時間中、客席で流暢なドイツ語でヴィルト先生に話しかけている日本人少年がおりました。
偶然通りかかったのですが、ヴィルト先生がにこやかに「おお、元気かいな」的な返事をしているのが聞こえて参りました。
昨年あるいは3年前のメンバーではなかったかと思います。

後半は 軽騎兵序曲のメロディー(だと思うんだけど、草競馬だったかな、いやそれは違うか)を2階P席でバンダトランペットソロが奏でるという意表をついた演出でスタート。
ア・ワンダフルデイは聴いているときもちがじんわり暖かくなる曲ですね。
歌詞の中にある♪Yellow balloonのフレーズがお気に入りです。

さて堂々とした吹きっぷりだったので、(後半部分でよろけたのは愛嬌)トランペット少年は大きいお兄さんかと思いきや、すたすたとステージに戻ってきたのは、エヴァン君。
会場の皆さん大喜びでした。

愛を感じては、アッシャー少年のソロ。
英語の発音がなまってないきれいだなあと思ったらアメリカ出身なんですね。
舞台前に進んでソロを歌うのですが、合唱が入って旋律がソプラノパートに移ると、目だないようにソプラノ2の旋律を歌っていたようです。

ジブリメドレーではお客さんほっこり。

舞台そでに向かい、受け取ったピンクのガーベラを胸に掲げて舞台前方に1列で並び歌ったのは今年の目玉「花は咲く」会場はしんと静まり返り、涙をぬぐうお客さんの姿が目に入ってきました。
来日前に発売された音源を聴きましたが別の雰囲気となっていました。
コンサートは演奏者と客席で作り上げるものなんだなあと思いました。

つづくふるさとは歌詞迷走傾向・・このコアのアカペラは独特の清涼感がありますねえ。

オーストリア民謡は、ダンス付きだったり、ソロアンサンブルがあったりとお楽しみ満載。
どっちの曲だったか記憶がとんでますけど、アコーディオン担当のミハイル少年のアルトソロの豊かな声量と堂々とした歌いっぷりに、この子は将来オペラ歌手になるのかなととんちんかんなことを思うてました。

アコーディオンは舞台に近い席だったので楽器を観察しましたら、いわゆる小中学校にありがちな鍵盤つきの楽器ではありません。家に帰ってぐぐってそれがバンドネオンということを知りました。
鍵盤アコーディオン=昭和歌謡のイメージしかないワタシにはカラフルな音色が楽しかったですよ。
しかしですね、両方の手に細かいボタンがびっちりついていてどうやってボタンの位置を覚えるんだろうと・・。

本日のソロ曲はシューベルトのAn der Musikソロはソプラノ後列トップ位置にいるアッシャー少年。
爽やかな仕上がりでした。

ジーツィンスキーのウィーンわが夢の町ではヴァイオリンをニコライ少年が担当、ソプラノソロがMichi少年。
ニコライ少年はマックス2000の客席に全く動じることなく、腕全体を使ったやわらかいボーイングで楽器を弾いていました。
ソプラノの旋律と一緒なので埋もれちゃうのが惜しいです。

シュトラウスの作品はなんだか駆け足、やれ、「響きが足りない」(→舞台に近い席なんだから当然ですって)などと曲の間 批判の雨あられだった 隣のおばさまは、青きドナウに関して「あれまあ、ずいぶんと端折っているわねえ」とマットウなことを申しておりました。
鍛冶屋のポルカではマサヤ君がトンカチで金属の板を叩く効果音担当。
ピアノの前奏、歌の入る休符のところでがっちいいんと力いっぱい叩いたので、その後の記憶がとんでます。
トリッチトラッチは、意味わからなくても昔の歌詞のほうは好きだったなあ。

アンコールは2曲。
アフリカ民謡と日本語の合唱曲(とてもきれいな曲でした)

歌だけではなく、お楽しみ満載で(?)誰もが楽しめて、飽きずに時間を過ごせる構成になっていました。
エネルギッシュなKim先生と、ソプラノの可憐な声とアルトのほんわかしたハーモニーの感じが心地よいです。

アルトパートにものすごく綺麗な声の持ち主がいるようで、それが誰だが気になっています。

来月のツアー終了前にどんな変化を遂げているんでしょうねえ。

続きを読む »

プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<10 | 2017/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。