スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50年代の歌

3月3日動画を張り逃げしたWohin?、シューベルトの美しき水車小屋の娘の第2曲、小川のほとりにたたずむ若者が さらさらと流れる水面を眺めてもの想う風景が思い浮かぶほど、情感ある世界とりわけ小川のせせらぎそのもののピアノが印象的。
ざっと調べたところこちらのWohin?はCDには収録されていないし、ひょっとすると楽曲自体の録音もこれしかないかもしれません。

手持ちのレコードを調べてみると、1980年リリースのこちらのアルバムに発見しました。

15pc-125.jpg
クリアでぴかぴか磨いたような音になっていて、聴き比べてはて、これって同じ録音なのかいな、と思うくらい別の音楽。ジャケット裏の解説には同じ音源であることを示すデータが記載されているのですけど、不思議。
80年リリースでありながら実は55-60年代の録音だとは・・・。

79年リリースのコンピレーションアルバムにも発見しましたよ。

SFW115-16.jpg

録音状態によるばらつきが無いように、サウンド調整されていてびっくり。
アナログらしい空気感がしっかりあって(レコードで聴いているから当たり前なんですけど)、知らずに聴いていると、若干古めの録音かしらと思う程度。ところがどっこいまさかまさか50年代の音源だとは気付かないです。

こちらの2枚組には、さすらい人の夜の歌が収録されていまして、これがまた佳品、絶品。
しかも後半のソロの気高く美しいことといったら・・永久保存版。
短い曲ながらデジタル化の過程で消えてしまった楽曲だと思うとなんだか愛おしいです。
国内レコード各社からリリースされたコンピレーションアルバムは あまり気に留めなかったのですけど、侮れないですなぁ。

同じレコードでも初期盤で聴くのと大量にプレスされた盤で聴くのでは音楽が違って聴こえるらしい・・です。
それもそうだけど、再生装置でもっと変わるそうで。

嗚呼なんて奥深いアナログ道。
嗚呼なんて罪深いオーディオ道。

ものすごく憧れです、ああでも踏み込んだら大変だろうなぁ。

来日協議中とのことですが、今年のBプロに登場するシューベルト詩篇第23番ます ってどんな曲なんだろう。

↓は50年代の合唱バージョンの鱒です。


[高画質で再生]

Die Forelle  [ブログ引越し]


合唱版鱒、お気に入りです。



スポンサーサイト

いずこへ?

50年代の歌です。



[広告 ] VPS


音量小さくてすみません。

“野ばら” ウィーン少年合唱団コンサート ~キュイバヒャー指揮・ピアノ~

野ばら

“野ばら”キュイバヒャー指揮・ピアノ、とあるこちらのレコードを聴きました

チロルの少年たちが黒ヤギさんつれて大集合的なジャケット表紙、時代を感じるタッチにほのぼのぉ~。
写真片隅の文字を読みびっくり、なんと映画のばらのワンシーン。

野ばら2
↑拡大してみました。

こりゃ驚いた。

EPICレーベルのリリースですがプレス・発売時期の記載はありません。
ジャケット裏の解説に「1955年、59年と来日し・・」の文章のほか、「今回来日したメンバーには15歳の年長さんがいる」とか、公開された映画「野ばら」(制作1957年、国内での公開時期59年?)の内容について触れているので、F.マイヤー先生率いる59年来日組のツアー後のリリースです、たぶん。15歳のメンバーがたしかにいらっしゃいました。(→古いプログラムで確認)

国内リリース時期はアバウトながらなんとなく推定できるのに、録音年月日に関してはミッシンぐぅ(古)
フィリップスから「ポピュラー名曲の夕」というタイトルでほぼ同じ曲目のレコードがでいます。
以上から推測すると1950年代前半もしくは半ばあたりまでの録音でしょう。

収録曲は

野ばら
Bruederlein fein
Aba Heidschi
かりうどの歌
流浪の民
きこりの若者
ABC
さすらい

聴け聴けひばり
いずこへ
ジロメッタ
こだま

以上13曲です。
お目当てはBruederlein fein、Das Echo、La Giromettaの3曲。

古ぼけた音のウェルナーの野ばら。
自由奔放でいながら品のあるアーティキュレーション。
緩やかな2番、歯切れのよい3番、バラのほのかな香りのような音楽。
半世紀近くにわたって国内でリリースされてきたアルバムタイトルを眺めていると、多くの日本人にとって 野ばら×天使の歌声=ウィーン少なのではないかと思う今日この頃。
ウィーン少の野ばらってたくさん録音があるような気がしていましたが、案外同じ音源だったりするのです。

それから実はワタシ、コンサートでリアルに聴いた記憶がありません。
2006年のハイドンコアがミュージックフェアに出演したときにシューベルトの方を歌っていたっけという具合です。
83年組の野ばらは、クリーミーでこっくりとした合唱、永久保存版です。

シューベルトはピアノ伴奏つきソロ&ウェルナーはアカペラで。
ことしのBプロにウェルナーの方が登場、わあ楽しみ。
アンコールもしくはサプライズでシューベルトお願いします、先生。

Bruederlein fein、ピアノ伴奏つきで、ゆったり目のテンポです。
どうもタイトルそのものの邦訳がばらばらで、可愛い兄さん、かわいい兄弟、素敵な(お)兄さん(ちゃん)、おー兄弟、などなど。
訳しにくいんだろうなぁ、きっと。
昨年のプログラムで久々に登場したのに、途中からカットの憂き目にあってしまった残念な曲。
昨年の歌は割とさっぱりだったと記憶しています。
こちらの50年代のメインボーカルの声は硬質な声ではきはきした歌い方。2番ではオブリガートで登場、メロディーラインを歌うメゾの子はソフトな声いい感じです。ほんの少しもの悲しい雰囲気。バックのコーラスが繊細です。
Bruederlein feinといえば、映画野ばらにも登場していたし、フロシャウワー先生の60年代、70年代、83年公演と実は彼らの十八番のレパートリー。いずれの演奏も趣があります。なかでも50年代の演奏は風情の中にも粋みたいな感じがあってお気に入りです。

Aba Heidschi、柔らかいハーモニーと穏やかなピアノの伴奏、ため息のようなパウゼやリタルランド。
こんなのを聞かせれたらギンギンに目が覚めまする。(→ワタシのためには歌っておりません。)

Es wollt' ein Jagerlein jagen(かりうどの歌) アカペラの3部合唱、はつらつとしたハーモニーで楽しげです。ついでに全員でクレッシェンドとかしてる、すごいわぁ。

お待ちかね流浪の民、
ささやくようなボリュームでの合唱パートの導入部分を聴いているとZigeunerさんたちの集う様子を物陰から気付かれないように覗き見している気分。
中島みゆき的な情念爆発っていう感じの合唱の盛り上がりのあとの、短いピアノの間奏がとてもドラスティックな場面転換になっていてドキドキ、突如現れるソロパートの鮮やかなこと。
軽やかに登場するソロを聴いていると、理想の演奏だわ、なんて思ってしまいます。

Die Holzknechtbuama(きこりの若者)、アカペラの3部での民謡、ソプラノがヨーデルでぽんぽん跳ね上がる旋律を軽々と歌い、アルトぼわんぼわんという低音でベースラインを担当しています。
うっひゃあ、こんな低い音域聴いたことないです。

ABC
たしか、この録音だけはCDで残っているんですよね。同じ音源かは不明。
♪あーベーつぇーでー・・の歌詞のみでテーマ、2-3部合唱、ヴァリエーション付きでトータル4番までありますが、最後のヴァリエーションなんかはとくに難しそう。
何度聞いてもかわいいらしいおされな歌です。

さすらい
ぼやっと聴いていると、♪だすわ~んだ、わ~んだと一緒にくちずさんでいます。
明るく勇ましい曲調にさらっとはいるハーモニーがお、シューベルトの合唱曲らしくていいわあなんて思ってしまいました。ただ解説を読みぎょぎょ、美しき水車小屋の娘 の第1曲と記載がありました。これは誤りです。
あ~驚いたぁ。
50年代から60年代頃に美しき水車小屋の娘の第1曲の録音がありますね。


こちらも合唱バージョン。いや驚いた。
合唱バージョンが存在するんだぁ。
力強く、勢いのある歌です。
音楽が流れるように美しいです。

きけきけヒバリ
明るい元気な歌声で軽やか。
このあと何度か録音されていて、こちらも重要なレパートリー曲のひとつとなっていますね。
合唱がハイレベルなんだな~50年代。

いずこへ
ソロの声が個性的で驚きます。
おそらく年齢の若いメンバーかな。あどけないよくとおる声で30年代のソリストっぽい雰囲気で強烈な印象が残る歌声。

La Girometta
30年代の奇跡の録音を聴いていらいジロメッタ好きとなったワタシ、大喜び。
50年代の真面目くさったジロメッタ聴いて涙にむせびました。
遊び心満載の合唱と音楽、巧いんだなあこれが。


[広告 ] VPS

音量小さっ、スミマセン。

ええいついでに、パヴァロッティ御大のこの動画のせちゃえ~っつ!!
パヴァロッティ御大


DasEcho
ラッソのこだま、音源としては初です。そしてこのあと録音されていません。
ふつう以上にウマイです。(→ジロメッタで興奮しすぎて力尽きました。)

50年以上前の中古レコードゆえ、完璧でクリアな音を期待しては酷というもの。
ぱちぱちノイズに目をつぶれば、なんとか聴くことができるんだからよしとするしかありません。
Around 85の顔を見て、緊張のあまりあちゃこっちゃ時空を超えた話を聴きながら「実はこの人昔はすっげ~イケメンまたは美人さんだったに違いない」と常日頃、無駄に鍛えている想像力をフルに稼働させて聴いていました。

それでも。

50年代の彼らの歌声、音楽は非常に美しい。

このあと、歌声に磨きが加わりさらに大人っぽくなって、まさに黄金期を迎えるのは皆さま御存じのとおり。
50年代の歌声はこれからまさに花開かんとする原石の輝きで素直で若々しくて大好きです。
しかも合唱が素晴らしいです。
ピッチの正確さとハーモニーの純度の高さ、どんな指示にも的確に反応できる個々の能力やスキルの高さは不可欠ですが、50年以上昔の音楽を何故に美しいと感じるのだろうかと考えていました。
レコード解説に「ウィーン少年合唱団の演奏の特徴は何よりもその美しい表情にあると思います。美しい声、アンサンブルも見事。その優美な歌い方の表情はウィーンの伝統からでたものでほかの合唱団には真似できないもの」といった一文があります。

まあ、そうなんだろうなぁ。

古ぼけたレコードの音を聴いていると、音楽自体にも 高速化、デジタル化の過程に置き忘れてきたものとしか思えない、たっぷりとした情緒とか風情があり、民謡や世俗曲ならではのほどよいほぐれ方は聴いていて楽しいです。


せっかくだからと、PCに一度録音してみたのですが、音のゆがみがあまりにひどくてがっくし。
イスカンダルから届く通信のようなぎゅわああんとかひゅわあんといったサウンドになってしまいました。

粗大ごみとなったBOSE VIAだったらAUX端子にレコードプレヤーつないでMDスイッチポンで録音できあがりだったのに、新しいオーディオには4989。

試行錯誤を経て納得のいく録音ができとりあえずほ。

あ~あ、何やってんだか,ですね。




50年代のきよしこの夜

昨日のアルバムについて記事を書きながら、収録曲がYou tubeにアップされていないかなと探してたどり着いた動画のうちの一つ。

1956年クリスマスの映像だそうです。






天上からふりそそぐ まさしく天使の歌声です。

Ständchen,La Pastorella ,Sphärenklänge

今週頭に届いたEP2枚。

WSK-EP2.jpg WSK-EP3.jpg

シュトラウスの『天体の音楽』が目的だったのですけど、実物を見てひっくり返りました。

収録曲が半分かぶってる!

うおおお、またやってしもうた~

うふふ。
あはは。
・・・・もう笑うしかないですねぇ。

ほんとうに、ぶあかちんです。


まあ、写真でしかお目にかかったことのないジャケットを実物で拝見できたし、
レコードの版質もそれなりに問題ないし、格安で手にいれることができたので良しとします。

ジャケット写真が気に入ったのでこちらを聴きました。

WSK-EP3.jpg

収録曲は

Schubert Ständchen Op.135 D.921 (Lacovich)
Schubert La Pastorella D.513(Lacovich)
J.Strauss Sphärenklänge (Brenn)

リリースデータはありませんが、F.Brenn先生とP.Lacovich先生のお名前がクレジットされておりますので、
いずれも50年代あたりの録音ですね。

当時のフィリップスからリリースされた宗教曲・シュトラウス作品・民謡の入ったEP6枚組セットからのオムニバスになるのでしょう。
このEP6枚セットに関しては、当時の最新録音だったのか、SPの音源からの移行なのか、これまたわからないです、
残念。

あと。
このジャケット写真、オルガンのパイプの前に並ぶカソック姿の皆様は、ウィーンの団員さんなのでしょうかぁ?
たしか、このモノクロの写真は、コロンビアからのレコードジャケットの裏にもありました。
いつの頃の写真なのでしょうね。

いつもの如く簡単な感想を。

セレナード
テンポが心もち速いのですが、ソロと合唱がおり成す音楽にじいん。
合唱の声はかわいいのです。一方ソリストの歌がとてもオトナの雰囲気で印象的です。
セレナード'75君もいいけど、このセレナード'50君いいなぁ。

羊飼いの乙女
いいですかー、書いちゃいますー、70年代の羊飼いの乙女より、はるかに合唱がウマイです。
比較するにあたり、いちおう、70年のほうもレコードできいてみました。
録音技術が違うというアドバンテージが70年代にあったとしてもですね、50年代のこちらのほうが良いです。
ただ、声の感じはギレスベルガー先生の薫陶をうけた70年代のほうが透明感があるかな。
50年代の歌声はストレートです。

天体の音楽
ヨゼフ・シュトラウスの作品。
合唱用にアレンジされています(あたりまえか)

you tubeでクライバー&ヘッツエル先生がニューイヤーで弾いている動画を発見し、これですよ、これ
オケバージョンを聞いてうっとり、ついでにクライバーの指揮にもうっとり・・
シュトラウスのワルツにしては少々地味?なんておもいましたが、落ち着きのあるいい曲だなぁと。

50年代のバージョンも、かなりエレガントです。
全曲を通して、なんといっても目立つのがオトナっぽいソプラノソロ。
度肝抜かれました。
なんだかとっても難しそうなことをかーるがるとこなしているんですよ。
ここにもスーパーソリスト君がいました。
すごいなぁ。
合唱のほうも、次から次へと現れるワルツの雰囲気をきっちりと聴かせてくれます。
曲良し、合唱良し、ピアノも良し、です!


上述のEP6枚セットからは、いろんな音盤が作られて世界中に散らばっているようですね。
たしか、いくつかの曲は今現在CDで聴く事もできます。
音盤のEP→10インチ→LP→CDという進化の過程で、このEPに収められている3曲ははいつ頃まで残っていたのでしょう。
そんなことが気になってしまいました。





プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<03 | 2017/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。