スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベラ@オーチャードホール4月13日を聴きました

2年ぶりの来日コンサート 東京初日を聴いて参りました。

あ、自慢します。

渋谷駅から迷わず、まっすぐオーチャードホールに行けましたっ

何年たっても渋谷はアウェー、渋谷駅からオーチャードホールって案外近いのですね・・と今更。

平日夜というのに会場は満席(2年前が嘘のよう)、人数が入っている割には穏やかで静かな雰囲気に、どれだけリベラのコンサートを楽しみにしている人たちが多いのかということを肌で感じました。

ホワイエに張り出されたメンバー表みても、プライズマンさんとラルフとステファンと、2年前可愛らしいMCしていたカシウス少年、つい目がいってしまうカヴァーナくらいしか分からない。(真面目なファンでないのですみません)どんなコンサートになるのかちょっとドキドキです。

コンサート前のアナウンスがメンバーin 日本語。
真っ暗闇の舞台に、6人が登場。
コンサートが始まりました。

Jubilate deo からLieraへ。おおそう来ましたかと感動です。

舞台照明・舞台後方に映し出される映像が今回とても美しかったこと。
弦楽四重奏入りのサウンドも非常に綺麗でした。

今回のツアーメンバーの最年長がラルフとステファン。
コンサート初となる 生命の奇跡・Eternal Light 看板ソリストの二人がシャビーな声で歌うのには不覚にもうるっとしました。
ミニベンが2年前自分の声と格闘するようにうたっていた姿と重なりました。

コンサートで聴くのはお初のSong of Life。
個人的に リベラにしてはメッセージ性の強い歌だと思います。
ラルフのしなやかな声とその歌に惹かれます。(今更)


プログラムのなかで印象に残ったのはGrateful Herat
リリカルなコーラスワークにじんわり来ました。
リベラがラテン語の典礼歌詞を歌うのもそれなりに好きなんですけど、プライズマンさんのアレンジで英国アンセム(になるのかな)も聴いてみたい。

Grateful Heratは、ウィンチェスターコレッジやアンソニーウェイ、聖ポールのアルバムにあり、「いい曲」とその昔自分で書いていました。これ

Far awayで舞台センターに登場したのはちみっこ。
あどけない声で、まっすぐ歌う姿に会場はほろり。
プライズマンさんのピアノは、小さい音でさりげなく旋律を弾いてソリストをサポート。
この先どんな声に成長していくのかな、と会場はソリスト君の親戚一同になっていたに違いありません。

曲の合間に入るMCは日本公演初お目見え君たち。
この1年どんなふうに成長していくのかなぁ。

プログラムの中で聴こえてくるスコーンと突き抜けるようなリベラ特有の高音は誰かいなと声の持ち主を探すとそれは必ずラルフでした。
凄いなあ。
コンサート中ずっと仁王立ち姿に 気迫を感じたステファン。
公演終了まじかに見せたほわっとした笑顔に心打たれましたよ。

アルバムで聴くことができない、ほんわかと愛らしいリベラ。
ライブでありながらも、ちみっこが多くてもコーラスワークは完璧。
タリスのカノンなんかではぞわっとするようなハーモニーでしたよ。

とはいいながらコンサートが始まると同時にあふれる涙をこらえきれない方もおられたようで10歳±2歳のコドモたちには、リベラの音楽を漏らさず 大事に聴きたい満席の会場の雰囲気はきびちいものがあったかしら?
(フィリピンでのコンサートがどうだったかわからないのですけど)
あの雰囲気は大人のプロプレーヤーだって緊張するだろうなぁ。

コンサートを〆るアナウンス

アリガトウ ゴンザマス

会場の緊張も一気にとろかしてましたよ。

今年はどんな曲を聴かせてくれるのかを楽しみにしています。



スポンサーサイト

Best of Angel Voicesを聴きました

東京の桜は昨日のモーレツな雨風にもってかれたと思いましたが、これから満開になるようです。
朝は外堀、夜は靖国通りと桜を眺めながるのがここ毎日の楽しみです。

リベラ2年ぶりの来日公演に合わせてこのようなアルバムがリリースされました。

来日記念盤

来週末、いよいよコンサートですね。

コンサートの予習に、思い出に。
EMIさん、頑張るなあ。

メンバーの直筆メッセージ(プリント)入りだとか。
EMIさん、やるなぁ。

コンサートプログラムはこのアルバムとほぼ同じになるのでしょうか?

実はリベラの前身セント・フィリップス・クワイヤー時代のアルバムを最近聴きました。

Best of Angel Voices
Best of Angel Voices

最近のリベラサウンドに馴れてしまうと、おお、なつかすぃという感じ。
1990年代前半にはどんな受け止め方をされたのかなぁ、なんて思って聞いていました。
現在普通に入手できるリベラの古い音源になるのかな。

実はこのアルバムは Angel voices 1&2からのコンピレーションだとこの記事を書いているときに気づきました。

しかもAngel voices 1&2持ってるし・・

収録曲は
メンデルスゾーンのO for the wings of a dove, フォーレのレクイエムPie Jesu、といった王道曲のほか、英国聖歌隊お得意の バーゴンNunc Dimittis H.パリーのJerusalem For the Beauty of the earth,
How can I keep from singing? All things bright and beautiful やシベリウス フィンランディアに歌詞をつけたBe still, My soulといった名曲も収録されています。

あとは珍しいSailing, Amazing Grace, Enya作曲のEvening falls、A.L.ウェッバーのClose every door to meなどといった最近の録音ではお目にかからないラインナップも。

ワーナー、EMIとレーベルのステップアップとともに音楽がさらに洗練されていくのは周知の事実です。
そこに一貫しているのはボーイソプラノの美点は最大に、欠点を最小にとプライズマンさんの姿勢。

ワタシの個人的ツボはOliver Putland君がソロのAdoramus Te。
アレンジがものすごいことになっています。






コンサートで取り上げてくれ・・ませんよね。



Winter Songsをやっと聴きました

寒いです。


そしてなんだか忙しかったです。
お正月明けから1月末までの記憶が吹っ飛んでいます。

毎晩帰宅すると、そのまま寝落ちしてました。
リビングで行き倒れていたとある夜。
やけに静かで、寒いなあと深夜に目が覚め、外をみたら銀世界だったなんていうこともありました。

かぜも光も、春はそこまできている・・だけど寒い。
暦の上では春といいながらも季節はまだまだ冬。
冬が終わらないうちにと
今更リベラのクリスマスアルバム聴きました。

ウィンター・ソングス
リベラ
B005MJVMSI



昨年はクリスマスアルバムを1枚も聴かなかったので・・・クリスマス定番曲をどんなアレンジでくるのかな、と期待感↑。
アルバムの冒頭を飾るトランペットのファンファーレで始まるJoy to the world。
ハープのアルペジオの伴奏が華やか、そしてリベラのコーラスがふわふわと柔らかい。
あれ、リベラの声ってこんなにソフトでしたっけ?
ソプラノオブリガートソロはキャッチーだし、ラストのコーラス冒頭に入る低音が良いアクセントになっています。

ドイツのクリスマスキャロル定番Still Still、弦楽器の伴奏で素朴な曲が大変身。
2コーラスに登場する変声後の兄さんたちの甘やかな声にはびびりました。

たった3つの音で繰り返されるリズムのメロディーライン。ソプラノユニゾンで始まるCarol of the bell、オブリガートがふぶく雪の様。

ミステリアスなスキャットで導入されるVeni,Veni,Emanuel 実は昨年12月24日聖夜のメサイア@サントリーホールのアンコールで聴きました。
アカペラの揺らぐような旋律に会場が静まり返ったことを思い出しました。
16世紀の古謡、中世の曲とリベラってあいますね。

キングスカレッジのnine lessonsのストリーミングは毎年聴きくようにしています。
トップバッターのOnce in Royal David’s Cityは独特の緊張感。がちがちの声で、聴いているほうもつられて緊張する聴き方に馴れているだけに、リベラのソロはさらっとなんでもないようにうたっていて、しかもウマい。曲後半の低音部がのびやかで、3から4部コーラスとなっているのはまるで英国聖歌隊。

O holy night
ラルフと相方の声の相性、いいですねえ。
途中のヴァイオリンとオーボエ、フルートのアンサンブルが室内楽的で気に入りました。
フレーズが流れるように美しく、リベラのコーラスワークが滑らかです。

White Christmas
ヴァースの部分の難しそうなリズムの旋律をしっとりとうたうのは、発音からして一瞬ジョシュかなぁと思ったのですけど、ステファンですか。
ひゃあうまい。
この部分だけリピしました。
ステファンの歌い方も好きです。
歌い手とその歌い方によっては泥臭く感じるこちらの曲(それも味わいがあってたまにきくにはいいんだけれど)上品でオサレにアレンジされていて楽しいです。

ブリテン登場。Corpus Christ Carol
ハープの伴奏のみで声が似ているステファン&ジェームスコンビで粛々とした歌がしみじみします。
ブリテンとリベラ、この組み合わせもイケますね。

In Duici Jubilo
ドイツのクリスマスキャロル、しっかりリベラテイスト。
かっちりとしたドイツ系合唱団の歌できくのとは全く違う新鮮さが、あるような、ないような。

Have yourself A Merry Little Christmas
ピアノが印象的、とろけるように甘いアレンジと声にびっくり。
個人的にはchoir boys派です、ワタシ。
この曲を聴くと映画[若草の頃]で、クリスマスの夜に主人公の末の妹がわんわん泣きながら庭にこさえた雪だるまを破壊するシーンを思い出してしまいます。
口に出すことができない、ひょっとすると自分で自覚すらしていなかった感情が何かの拍子にわっとあふれでてしまった後には、甘く優しい、そして寄り添うような旋律がじんわりと沁みるのかも。
あ、ワタシのことではありません。
たしか、あの映画は戦争中かそのあたりの作品だったことを思い出してつい・・。

Sing the story
プライズマンさんオリジナルのクリスマスキャロル、ソロがすっきり系。

Coventry Carol
ソプラノソロスキャットのあとに登場にするのが、リベラ、いやほかの合唱アルバムでは聴いたことのないアルト・テナーの声、ぎょっとしました。
ファルセットでも地声でもないナチュラルな少年の声。
ジョシュですか。
コンティヌオのチェロとオルガンの伴奏、これまた雰囲気よいです。
そしてコーラス部分にまさにろうたけた渋いバスが登場してさらにぎょぎょ。
堂々としたバスは誰ですか?メンバー表をチェックしましたけど・・・。
ボーイソプラノのみの高音域で複雑なコーラスワークが持ち味と思っていたリベラのまったく新しいスタイル、いいですねぇ。
この曲がアルバムイチオシという感想をあちこちで見かけました。
ワタシも入れてください。

First Noel
涼しげなソプラノユニゾンとそのあとの2部のコーラスがかわいいらしい。
登場するソロのちびっこ声でひざかっくん。
のんびりとした♪のーえる、のーえるのコーラスを聴いていると、力が抜けます。
しかしラストは兄さんたちが参加し曲がぐっとしまり、おなじみの超高音オブリガートも加わりリベラワールドに。

Jubilate duo
プライズマンさんのオリジナル。ソロも対旋律うたっている子もうまい。
曲の盛り上がりがリベラテーマソングの展開と似ていますが、あっちが開放なら、こちらは自分自身の内面に目を向けているような・・。(意味不明)

While Shepherds watched their Flocks
英国らしい曲調と英国らしいアレンジ、結構好きです。



Lullabye
アルバムラストを飾るビリー・ジョエルの曲。
深みのあるピアノサウンドがいいなあ。
途中の3人のハモリが何度聴いてもじいんとします。
一番低いパートの声の優しさはミニベンですかね。
前のアルバムやyou tubeの動画と雰囲気が違って聞こえるのはワタシだけかなぁ。

Jupiter
浅田真央ちゃんの凄絶な美しさと流れる音楽に、きっとこのアルバムをお買い求めになる方もいらっしゃるのではないかと思います。
何回かテレビでみて、誰のソロかなと気になっていたんですけど、マイケル・エド・ジョシュだったんですね。
なんとなくエドさんがいるような気がしていたんだけど。
いつの間にかリベラに姿をみせなくなったエドさん。
元気かなぁ。

こちらのアルバム10月に英国先行で発売になり、国内でも11月には販売がはじまったと記憶しています。
ワタシはタワレコの店頭で購入しました。
こちら売れてます」コーナーに同じアルバムジャケット4枚並んだのをみて、あら売れているのね、よかったわ、と親戚のおばちゃん気分になりました。
しかーし同じジャケットでも輸入盤2種類、国内盤もどうやら2種類、お値段も4通り。
(だったと思う)
ペーパークラフトといったオマケにも少し惹かれましたが、リベラのアルバムでは初である[話題の高音質CD]を選びました。
長く聴いているとときおり耳がしんどくなる初期のアルバムと比べてまろやかな音質と深みのある音に、新鮮さを感じました。

アルバムが発売されると間もなく収録曲はyou tubeであらかた聴けるようになっていてその人気っぷりはさすが。個人的にはそれらの圧縮されたサウンドではなく ジックリ聴くにはアルバムのほうが格段に音が良いと思うのですが・・・

今回は2005年からリベラの高音ハーモニーをけん引していたメンバーがいろんな楽曲に低音域に登場していて、ハーモニーがぐっとしまっているように思います。
今までのアルバムにも変声後の声が入っている楽曲がありますが、ボーイソプラノユニットの枠組みを少し取っ払った現在進行形のリベラサウンドです。
こうなったら兄さんたちメンバーだけの曲も聴いてみたい。
プライズマンさんよろしくお願いいたします。

録音がちょうど昨年の4-5月、ちょうど1年後にあたる春の来日公演ではどんなハーモニーを聴かせてくれるのかなぁ。







続きを読む »

Eternal Light、いい曲ですね。

前に進んでいるんだか、立ち止まっているんだか、それとも後退しているんだか皆目見当のつかない毎日。

あせったり、おちこんだり、なんだかせわしない。

日曜日の午前2時すぎ、職場からの緊急コール。
夜闇のなか車とばして勤務先へ。

ひと働きしているうちに、夜が明けました。

そして、ぶ厚い雲の隙間からのんびりと青空がのぞく午前7時過ぎに帰宅。

午前様、ちがった朝帰り。

うす曇り、ぼんやりとした日差しに、ああ、もう冬だなぁと思いながら、聴いたのがこちら。





動画に添えられた歌詞を眺めながら聴いて、木漏れ日の中にいるような明るい色調に、ああ、いい曲だなぁと。

You will never lose your way
Because the eternal light will find you
And guide you every day.

この部分のリベラのハーモニーにじんわり。


リベラ4月12、13日と来日するんですね。ばんぶう様からのメールで知りました。(遅)


Peace New Editonをようやく聴きました。

ピース・ニュー・エディション(DVD付)


泊まり勤務入りの疾風怒濤の週を終え、日曜日は家で虚脱。
リビングの床にひっくり返りながら、なにか聴こうかなと取り出したのが↑。
アルバムPeaceにボーナストラックとDVDつけてゴージャス仕様。

リリースは昨年11月、購入したのはえ~いつだったかなぁ。

実は聴いていなかったのです。

Peaceの復習って感じでぼんやり聴いていました。
シンセサイザーの音と人の声、とりわけボーイソプラノってなかなかfitしない、どちらかというと苦手です。しかし、このアルバムを通しで聴いて、リベラ≒エレクトリカルサウンドという個人的な思いこみが無くなりました。

リベラにしては 静かな曲ばかりですが、澄んだ歌に 深みと落ち着きを感じます。
どの曲も旋律が美しいし、メンバーのソロがしっとりとした声なのがとても良いです。

あれ、peace聴いてそう思ったのかしら?

ベルリンフィルとの共演だった、くるみ割りのプロモで、メンバーが「いつもとレコーディングの仕方が違って、新鮮だった」みたいなことを話していて、おや、リベラのレコーディングってどうやっているんじゃろかと、と興味をもっています。

リミックスもミキシングも初期に比べてこなれてきて洗練されてきていますね。

このアルバムの目玉はトム・ジョシュ・ミニベンのソロと、JBとかリアムが加わったふくよかな重みのある低音パートと、めきめき力をつけてきたリベラ・ヴォイスのメンバーが織りなすソプラノハーモニーですね。

トムの硬質なノーブルな声とバックのコーラスが見事な Ave Virgoは何度聴いても素晴らしい。
うん。

それにしても、ジョシュもうまいなぁ。
どのパートを歌っても、その柔らかい声とすっきりとした発音はすぐに、ああ、ジョシュだってわかりますねぇ。
ドイツ系合唱団の力みまくったりりしいボーイアルトに馴れていると、Faithful heartでのふわっと漂うようなアルトヴォイスにはドキドキです。途中に現れるアルトのハーモニーは優しいし、ソプラノ若手2人のスキャットは何度聴いても渋い。

フランクの天使の糧、プライズマンさんにかかると別の曲です。ダニエルのソロとありますが、英国聖歌隊の声ですなぁ。

千住明さんのエターナル。
しっとりとしたなかにも明るい親しみやすい曲です。ソロが可愛い声です。

さて、トラック14を聴いて2重に驚いた。
まずは、永遠の青年詩人と思っていた ビリー・ジョエルがパパ目線の歌を作っていたという驚き。
そして動画。



ジョシュの少し大人びた笑顔にやられました。
PVのラストシーンは、いつか僕たちがいなくなっても、子守歌は絶えることなく続くんだよという 詩のラストのパラグラフに相当するのですが・・・本来なら「私達は死んだらどうなるの?」という小さな娘に対するビリーパパの答えなんですね。
全然違う物語になっていてこれまた驚きですわ。
(動画のコメント欄が動画のメタファーめぐってえらく盛り上がっています。)
全然関係ないし、わかる方も少ないと思いますけど、個人的にこのPVみていて、なぜだかポールマッカトニーの pipes of peaceのミュージックビデオを思い出してしましました。

愛らしい声のラストのクリスマスソングは、アレンジも良いし・・・って11月にはクリスマスアルバムが出るそうです。

あ~やっと、トムとジョシュとミニベンの声が聞き分けられるようになったのに、もうあの声を聴くことはできないんですねぇ。




プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<10 | 2017/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。