スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月3日 サントリーホール Aプロ

空気が澄み、新緑がまぶしいゴールデンウィーク東京初日。
ああ、毎年同じこと書いてます。


ぐるっと客席を見渡すと 75%くらい埋まってました。

さて、本番。
舞台袖の扉が開いて、客席の視線が一斉に舞台へそそがれます。
明るく照らされた舞台に堂々と登場!と思いきや、左右袖口で同時入場のタイミングつかめずに見合って、数回フライングしたあとに登場・・・ちょっと笑えてしまいました。

舞台にならんだ団員さんをみて「うわっ豆い」と思ったのは私だけでしょうか?
ベーゼンドルファーの高さから頭一つくらいしかないよお・・・・
プログラムをざっとみても、10-11歳の若手が多い。(フライヤーではメンバー23人(+先生)ですが、フライヤーの印刷が終わってから2名が追加されたのですね。)
毎年恒例、ヴィルト先生も客席にいるし、大使館関係者(推定)の方もいらっしゃる。
そして今年初めて見かけた「WSK Guest」のネームカードを首から下げた方々もいらっしゃる。
こりゃ きいているほうがキンチョーしてくる・・・

オリバー先生、お久しぶりです!
と、心の中で御挨拶してたら2016年東京初日最初の曲が始まりました。

で、のっけから驚いた。
先生の日本語御挨拶が格段とうまくなっていたことはおいておいて、日本初演となる「休暇旅行」の出だしのソプラノがぽんと言う感じで高音(たぶんト音記号:五線譜の一番上に埋まっているEだと思うのですが・・)を飛ばしてきたこと。
のびやかで、これまたきれいにそろっている。
自然体で、さらりと歌いだしている・・ように見えました。

バッハのカンタータは 「16分音符×32分音符入り乱れ、対位法でどのパートも主旋律に聞こえてくるバッハの音楽」じゃなくて、演奏するには難しい ゆったりとした曲。
じんわり来ます。
繊細だけどきっちり音量おとしている。
ウィーン少がうたうバッハっていいですねえ。
本家本元お膝元トマーナとも違った雰囲気が好きです。

フォーレのレクイエムからピエ・イエズス
アルト側トップ前列・後列の2名が歌をうたいつないでいきます。

ステージ中央にソリスト君が2名登場して並び、ピアノの前奏に続いて先攻ソリストが約4小節うたったあと、なんで後攻ソリストがうたわないのかな、あら、曲が違ったわ、と気づく次第。
ピアノの前奏で気づけって感じですよね~

ウィーン少がフォーレのピエ・イエズスをコンサートプログラムに採用って珍しいのでは・・?

英国聖歌隊・少年合唱系CDを集めると曲目がかぶるベスト3に入るのがフォーレのレクイエム。
ボーイソプラノアルバムではこのソロ曲が頻出です。
ええ、ワタシもしこたま持ってます。
いっぱい聴きました。
ミシェル・コルボの旧版だって持ってます。

生で聴くの初めてなのに、気が緩んでた、しまったっ・・です。
ウィーン少公式ではマックス様のCDにしか音源残っていないのでは・・?

先生のピアノに乗せられた、澄んだ歌声にじんわり。
移ろっていく音階が正確に、とても丁寧に歌われてました。

シューベルト作曲ブラームス編曲のエレンの歌は 先生のピアノ伴奏からどきどき。
優美な歌から 勇ましい感じの曲調になります。
がっちりとしたハーモニー、ときどきソロと聴かせますね。

リベラでもおなじみの gaudate 、ちみっこがてくてくと舞台前方に登場しソロパートを歌って、歌い終わるとてくてくと隊列にもどっていきました。
メンデルゾーンはたおやかに。可憐な感じでした。
ウィテカーのグロウがまた素敵な曲で、
鍛冶屋のポルカは前奏のあとの 一打撃に「くるか、くるか、」とおびえてました・・。

このコアだったら、他のシュトラウス作品も聴きたい。
朝の新聞とか、天体の音楽とか、南国のバラとか・・
あら、やだ、ワタシ シュトラウスファミリー苦手だったのでは?

ハイドンのオラトリオ四季からって初ではないでしょうか?
数年に1度、混声4部で作曲された古典派声楽曲が登場するのもウィーン少コンサートの楽しみです。
(あ、カルミナ・ブラーナは毎年登場してた。)
のどか~な春の田園風景が目の前に広がるような感じで、ハイドンいいなあ~と。
4名のソロアンサンブルも良かったです。

日本の歌シリーズ、ここだけは譜面ファイル広げていました。
きれいな合唱だけど、ちょっとこわごわ・・という感じも。ツアー後半に期待です。

花は咲く、先生のピアノ前奏は柔らかく、そっとしみ込んでくる感じ。
痛むところにそっと手を添えてくれるような・同じ歌を歌ってもコアによって曲の感じがかわるんですねえ。

ガーシュインのサマータイム、あのブルージーさはどうやって出るんだろうか・・、でてた気がします。
セルビア民謡、懐かしくなりました。グルービーな旋律と和声。
エーデルワイスはイヴァン少年のソロギターでシンプルに。
あれまあ、ソロを歌って楽器も演奏・・すごいです。
ショショローザはこじんまりとした感じ、青きドナウは壮大に。

アンコールのふるさとは3番歌詞に短いソプラノソロオブリガートが。
(2012年最後のほうのコンサートでイヴァン少年がさらりといれていたやつです)
ところどころで先生の歌声もきけたし、こどもの曲紹介も最小限で好感もてました。

歌をきいていておやと思ったのはパートの配置。
大概は、舞台むかって右手がわに低音が集まり、2段目に上級生の渋いアルト2というような配置です。
しかし今年は、ソプラノ後列目のまんなかにアルト2(上級生たち)がおりました。
右手側はソプラノ2とアルト1ですが、いろいろミックスされていたように思います。
となると 3声・4声、いや2声であっても だれがどのパート歌ってるかわからない・・となってしまいました。

コンサートホールの音響で合唱の低音と高音、伴奏ピアノの音が混じるのではなくて、舞台の上である程度混ぜてから響かせる感じでしょうか。
その結果 どこできいてもバランスよく、そしてハーモニーがまろやかに聞こえるのかもしれない、なんて推測しています。
 
演奏者からすると、両隣りが違うパートだと自分のパートがしっかり歌えていないと大変です。
ほとんどが暗譜、個人の技量が確立されていないと難しい配置だなあと感心した次第です。

まだまだちょっぴり固い感じも、東京初日らしくて良かったです。
これから1カ月、どのように歌声が変わっていくのか楽しみです。

続きを読む »

スポンサーサイト

1957年の野ばら

暑いですね~

いかがおすごしですか?


Ponko310様、コメントありがとうございました。

コンサートは楽しいし、音楽は流れるようにきれい。
かろやかで、かわいらしくて、あかるくさわやかな今の歌声もいいけど。

ときおり、リアルタイムにきいていないのに50-80年代のウィーン少の歌を聴きたくなります。

ワタシがいちばん大好きな 野ばら はこれです。
https://www.youtube.com/watch?v=NzzeKJCBCEE

主役のアンデ少年の歌、(ご本人が歌っているのか、団員さんによる吹き替え、どちらでしたっけ?)にあわせる、ピアノを囲む団員さんの歌声がとても好きです。

濃密でつんとした 技巧をまったく感じさせない、歌声と音楽。


これもお気に入り。

https://youtu.be/uGI8pCFh6zU?list=RDNzzeKJCBCEE



ウィ-ン少2015ツアー 感想その2 2015.6.14Aプロ@オペラシティ

しとしと雨が降る日曜日の朝。
コーヒー飲みながらウィーン少日本ツアー2015(再放送)を観てしまいました。
ちょっと贅沢な時間。

さすが、WOW WOWさん。
スコアにあわせた綿密で自在なカメラワーク@高画質。さらにさらに、ホールの音響に近い音声が素晴らしい。

でもね。
ラシーヌ賛歌、プエリ・コンシニテと、ブラームスの花婿、ガムラン 
なんで削るんですかあ~(涙)
コンサートライブ番組としては、まとまりがいいけど・・・かえすがえすも残念でござる。

11日のプエリ・コンシニテでは、後ろで腕を組む往年スタイルのソプラノパート数名が 後半コーラスに登場する♪apparuitの飛びつき音であるPaのとき ぴょこっと背伸びしたのをもう一回見たかった。

14日のラストコンサートに感動したのは、どんな曲でも豊かな残響をきけたこと。
曲の最後の音がホールにふわっとただよう。そして客席に音が降ってくる感じ。
例年ツアー終了近くになるとありがちな「がなりたてるような大音響」ではなく、今年は和声の移ろい、旋律の細かい部分までクリアに聴こえてきました。
そしてどの曲もフレーズのおわりがぴたっと決まる。
2006年以降はじめてでした。

豊かな音響に、ステージに近い席じゃないほうがもっと良かったのかも、なんて思ったりしてました。

さて思い出が消える前に後半の感想を。

舞台にメンバーが整列してさあ、後半始めようかというときに あれ、あれ、頭数が足りない、がああん・・といった先生の小芝居に客席大うけ。
そういえば、この日先生は燕尾服ではなくスーツでしたね、気のせいか動きも軽やかでした。
民族衣装に着替えたメンバーが、舞台そでから楽器を持って登場。
リコーダー、ヴァイオリン、チェロとピアノ。
たのしげ~なのんびりした雰囲気の 羊飼いの女は 後半フィリップ少年のフェイクは、ホイリゲでビール飲んで気分がよくなった感じ?→いったことないです。

ご機嫌ですね は、アルトトップでほとんど身動きをしないで淡々と歌う、眼鏡のエリアス少年のMCではじまります。直立不動でときおり先生の様子とソプラノに目線を走らせる安定感に実は毎回注目していました。
リュウセイ君の鼻笛、♪てーてーてりれてりれてりれ、あれ、まあどうやって音階を吹いているんだ?と疑問に思いつつもぼこぼこというユーフォニウムの音と合わさり愉快。
ツアーはじめは 団員さんの楽器登場の多さに、歌を聴きたい、でも楽器を演奏する様子も見たい、ああ、どうしたらいいのかしら的な煩悶(贅沢)に面食らいましたが、歌声と一緒に楽しむにはこれもあり、と思いました。

ウェルナーの野ばら
アカペラがそれこそ清らかで柔らかい歌声に客席しーん。
フレーズがながくとられていて、1番・2番・3番コーラス共通で、ラストに登場する♪Röslein, Röslein, Röslein rot, Röslein auf der Heidenのフレーズにうっとり。
慎ましく盛り上がる♪Röslein, Röslein, Röslein rot,のrotの響きがきえる寸前に、〆となるRöslein auf der Heidenのフレーズがそっとはじまる瞬間と、Röslein aufのあとすこし間があくところが好きでした。(マニアック

ブラームスの花婿は55年組のコンサートで登場したがっつりアカペラ。
ソプラノはブラームス特有の飛び跳ねまくる音階も軽々こなし、肉厚な内声部がすっきり。
パートのバランスもよく、難しい曲もさらっと歌いこなしてしまう今年のコアに脱帽です。
こちらの曲、たぶん70年代の復刻CDにあると言い切ってしまいましたが、じつはアナログ音源にあるかしら的な超レア曲の1つでした。リアルファン友2号のお姉さま嘘言ってすみません

ふるさと 
1番歌詞は懐かしみを込めて、客席の皆さんにとってのふるさと(今風に言うと地元)の情景を思い起こさせ、2番は囁くような音量に3番歌詞は堂々と力強く。
Wikiには「生まれ故郷から離れて学問や勤労に励む人の心情を歌っている」とあります。
子どもの頃飛び歩いた山や小川が懐かしい・・けど結局のところは2番歌詞「父ちゃん、母ちゃん、友達 元気かなあ、会いたいなあ・・・」というこころの呟きがあるからこそ、立身出世して故郷に錦を飾るぞ的な3番歌詞が引き立つのか、なるほど~というように故郷を思う心模様が立体的にメリハリつけて演奏されていました。
毎年恒例曲のひとつでしたが、アーティキュレーションが見事で、心打たれました。

花は咲く、今年はリュウセイ少年のリコーダーオブリガート入り。
震災で亡くなられた方から、生き残った私たちに対するメッセージであるこの曲を聴くのが 心理的につらいっていう方まだ多いと思います。
昨年のコアの団員君のピアノとはまた違って、先生のピアノは聞き手のこころの奥にあるなにかを掘り起こすような前奏でした。
リコーダーのオブリガートは忘れないよ、ということばだけでなく、亡くなられた方に寄り添う私たちの気持ちを表しているのかなあ。
胸の前に淡いピンクのガーベラを掲げた皆さんをみていて、ツアーに向けて準備していたけど、キャンセルになった2011ツアーに思い当りました。
プログラムが決まって、レッスンに励みツアーを楽しみにしていた団員さんたちは卒業してしまって、いまはどうしているのかなあ・・と途中先生のアドリブの入ったピアノ伴奏にそんなことを思ってしまいました。

カニン隊版アカペラの「虹の彼方に」はハーモニーに厚みがあり、内声部の旋律が印象的でした。
ABBAの曲は軽快に。
サウンドオブミュージックは楽しく。
一人ぼっちの羊飼い、フィリップ少年の冒頭ソロの途中で先生のピアノがこんがらがってしまいましたが、フィリップス君とても上手にさらっと歌いこなし、さくっと復活。
あれは仕方ない。指揮して、ピアノ弾いて、譜めくりまである。
両手3セット必要です。
そういえば、カニン先生こどもに譜めくり一度もさせませんでしたねえ。

フィリップ少年といえばWow ×2のインタビューで、「合唱は一人ではできないことが みんなとできて楽しい的」なことをさらっと言ってのけていました。ソリストであっても合唱団の1メンバーであることをきちんとわきまえていて、みんなで協力して歌詞を覚えたりするのが楽しいって。
ううう、なんてすごい少年なんだ~
舞台の上ではもちろん、熱狂的なファンの前でのサービスでも落ち着いた対応をしていたそうです。

水兵のポルカ、ヨゼフの作品ってどこか理系っぽくて好きです。
旅行先の佐世保とか長崎で迎えた早朝、港から聴こえた船の汽笛を思いだしてしまうような音型が出てきて面白いし、ラストのフリがかっこいい。

ここで先生の口上
ったのしみだけましたかああ(中略)また 60年後ここでお会いましょう、の言葉に会場大爆笑。
ひゃあ60年後! ワタシは、お迎えがきて確実にあっちにいるだろうけど。
60年後にだれかが、私たちと同じようにこうやってコンサート楽しんでくれたらいいよねえ~ウィーン少の皆様も、客席の皆様も。
笑って拍手しながらも 今年のツアーコンセプトである「未来への祈り」や希望を感じる瞬間でした。(しまったBプロのコンセプトだった)
美しき青きドナウは、テンポ揺らしまくりで、ウィーンフィルのニューイヤーコンサート的なサウンドでした。
ピアノのコーダで最後の音が鳴りはじめるころから、客席から拍手が。

アンコールはアメージンググレイス。
ソロは東京初日にファンサービスに登場してニコニコと可愛らしい笑みをしていた少年。
まだ線が細いけど、とてもきれいな声でした。

2曲目はいきものがかりのありがとう
2011のツアー目玉曲を4年間歌い続けてくれたんだ、と思うと東京初日で涙ぐんでしまったというリアルファン友2号のお姉さまのことばが印象に残っています。

ここで、先生から今回のツアーを最後に退団するメンバーの紹介とそれぞれとHUG。
会場からは暖かい拍手が。

ラストはお若いプレエフェクトの2名が加わって、ブルックナーコア勢ぞろいで Prepare Ye The Way Of The Lord。
おお、懐かしい2006年の曲ですね。
遠慮がちにタンバリン叩くプレエフェクトの男性のとなりで、うれしそうに打楽器を叩く団員さんの姿が微笑ましかったです。
曲の途中で卒業生が舞台を降りて、会場通路を駆け巡り客席とハイタッチしてました。

舞台に再度集った皆様が高く掲げる「またお会いしましょう」の文字。
(各カードの裏には↑とObenの文字と番号がふってありました。サポートするアーツさんのお気遣いですね )に万雷の拍手の中 今年の日本ツアーが終了しました。
affettuosoという音楽用語がぴったりのラストコンサートでした。

更新が滞りがちのこのブログに サラ様、PONKO310様コメントを、拍手を下さった皆様ありがとうございました。



続きを読む »

ウィーン少2015年ツアー 感想 その1 2015.6.14 Aプロ@オペラシティ

んにちは

ウィーン少2015日本ツアーも今日で千秋楽。
チケットの売れ行きがもっとも好調(@アーツさんのサイト)だったこともあり、ほぼ満席。

個人的に心に響く印象深いコンサートとなりました。

昨日はBプロ後半を泣く泣く諦め 研究会@虎の門に。
研究会が終わって懇親会のあと 酔い覚ましに偉い先生とおしゃべりしながらぶらぶら溜池まで歩き、地下鉄に乗って帰宅しました。
明日はウィーン少2015ラストコンサート。
カニン隊ブルックナー組のみなさん、最終日の前の夜をどんなふうに過ごしているのかしらねえ、
あら、ワタシもしかしておもいっきり近所を通ってきたのかしら?
・・・・なあんてことを家に着いてから思いついたわけです。

さて。
2011の来日コンサートがキャンセルとなり、2007年以来のブルックナーコア。
なんと8年越し。
カペルマイスターはトマーナで研鑽をつまれたカニン先生。
とても楽しみにしておりました。

そして 来日60周年を意識した今年のプログラム、AもBも両方好きでした。(前半)


最終公演の印象について忘れないうちに・・・・

DumontのSalva reginaは入場しながらのユニゾンです。
先生に先導された団員さんたちが 古風な旋律を歌いあげる声が会場に立ち上っていく。
聴き手にとっては、日常から切り離される瞬間でもあります。
客席のざわめきも、拍手もない演奏をいつか聴きたいと願っていたら、11日の芸劇であっさりかないました。
清楚な響きのアカペラユニゾンのこの曲、2009年以来好きな曲です。

先生の強烈なピアノではじまるカルミナ・ブラーナ。
変声前のボーイズのみの4声は貧弱なんかではなくおどろくほど猛々しかった。
ぞくぞくするようなピアニッシモ、迫力あるフォルテ、爆発的なフォルテッィモ、ラストにかけてのながーいクレッシェンド。
圧倒されました。

はいここで んにちは

・・・・ある意味、これにも毎回圧倒されました。

F.SchbertのSalve Regina
あれシューベルト兄ってウィーン宮廷聖歌隊のメンバーだったっけ?という突っ込みはやめておいて、経済的にフランツを支えたお兄さんの曲とあれば身内同然でも良いですよね。
きれいで、素朴な旋律とすっきりとした和声。
きっと良い人だったに違いないと確信しました。

モーツアルト Laudate dominum  K339
フィリップ少年のソプラノが美しく、先生の控えめなピアノがステキでした。
ソロの旋律のあと、音を重ねるようにバックのコーラスが入ってくる瞬間、あまりに天国的すぎて肌が粟立ちました。

そう。
舞台の上でおどけたり、客席を笑わせたりと みごとなエンターテイナーっぷりを見せてくれましたが、実は先生のピアノは聴き手にとって、表現が豊かでありどきどきちょろっとしたミスタッチがあっても合唱との一体感がありました。

確か去年はピアノのふたが空いていて、先生ががんがん鳴らすから、ピアノきいてんだか合唱きいているんだかわからなくなった記憶があるし、いつだったかは忘れましたが先生がピアノ伴奏に徹していて肝心の合唱がまとまらなかったり・・
カペルマイスターさんのピアノって重要なのですね。

メンデルスゾーンの Veni Dominum 
ウィーン少が歌うメンデルスゾーンは格別です。
中間部の旋律にぐっときました。

本日のソロ曲は サンサーンスのアヴェマリア。
中音域を丁寧に歌うフランチェスコ少年(本日は赤いフレームのオサレな眼鏡かけてました →どうでもいい情報)とフィリップ少年のデュエット。
サンサーンス独特の和声がとてもきれいでした。
ツアー中の本日のソロ曲は ウェッバーのPie Jesu、ファン友の話ではセレナーデがあったそうです。
聴きたかったなぁ。

フォーレのラシーヌ賛歌 今年のプログラムで一番楽しみでした。
ウィーン少が歌うラシーヌ賛歌を聴くのは初です(1955年のプログラムにありますが)。
・・・たぶん音源もないはず。
これが期待以上。
メゾピアノからピアノくらいに音量を下げて歌われたのですけど、その柔らかい響きに

・・・・やられました。

滑らで清らかな質感。
成人女声合唱では聴けないたおやかさ。
フォーレ特有の美しい旋律と柔らかく甘い合唱とピアノにノックアウトされました。
こんな素晴らしい演奏を聴けるなんて・・と感激しまくりました。

そしてヘルベックのPueri concinite、Aプロ前半の白眉ですね。
確かクリスマスの曲。

ワタシはこの曲をきくと 映画 のばら での トニー少年とウィーン少年合唱団の邂逅シーンを思い出してしまいます。
ソロをつとめるフィリップ君の歌はルネ少年やマックス様をほうふつさせるたっぷりとしたボリュームとまさにウィーン少のソプラノソロの響き。
突き抜けるような高音と、後半のオブリガートは見事でした。
そして演奏を終えて感激した(と思われる)先生とソリストが舞台上でHugしてました。

クリスマスでもないのにこの曲を 無性に聴きたくなってCDを探していました。
1989年録音マックス様、あったあった、1979年ドミンゴ→違う

You tubeでは動画で残っているのが奇跡としか言いようのない78年日本公演での演奏
ソリスト素晴らしいです。
https://www.youtube.com/watch?v=X3e_-KTgEdo

そして2007年の来日にはあどけなかったソリストの2年後&カニン先生の演奏動画
https://www.youtube.com/watch?v=N_QXKDvTxhk


シェーファーのガムラン
シロフォンを黙々とたたくラファエル少年と合唱でいろんな音が飛び交う音楽としてとても楽しい曲。
オーストラリアで発売されたアルバムJubilate Deo で好きになった曲です。
実は 英文ライナーノーツにあるJavanese Gamelanの解説を 「日本の群馬」とおもいっきり読み間違えていたのはヒミツです。

シェーンブルの人々はロベルト少年のヴァイオリン付き。
使っているのはおそらく分数楽器だとおもうのですが、オケのコンマスみたいに堂々と弾いてました。

そうそう。

カニン先生は弦楽器のチューニングにとても厳しいようで、舞台上でかならずチューニングをします。
楽器登場のツアーでは初。
Aの音だけでなく D,G,Eとピアノで音をとりながら確認させるという徹底ぶり。
そういえば、いままでのカペルマイスターさん方はあまり気にしていなかったようで、本番前にいちおうチューニング済ませていても(推定)舞台上に楽器を置いておくだけでも弦ってっ結構緩むのものなのね~と どうでもいいことを発見しました。
今回のツアーで登場した弦楽器はすべて全弦アジャスター付きでした。(どうでもいいですね)
そういえば、いつかのコンサートではチューニング中にこんがらがったのか、面倒くさくなったのか、先生に楽器差し出そうとしていたのが微笑ましかったです。

前半ラストは さんざん煽って、テンポゆすって、ちょっと駆け足だった雷鳴と稲妻。
あんなに奔放な演奏聴いたことないです(笑)

前半はこれにて終了・・・40分弱でした。


Exultent Superi Couperinを聴いてました

ご無沙汰しております。

10420223_913341678718254_3926474702618054609_n.jpg

仕事の帰りに千鳥ヶ淵からこんな夜桜の写真を撮ってました。
すでに葉桜ですが・・・

桜が満開の頃になるこの季節、英国聖歌隊の歌を聴きたくなります。
ことしはこちらを聴いていました。

Exultent Superi

フランシス・クープランのモテット集。
2011年3月録音とあります。

ニューカレッジがオリジナルレーベルNovumを立ち上げ、破竹の勢いでアルバムをリリースしていますね。
どのアルバムも紙ジャケットの装丁が美しく、(こういう美意識って英国だなぁと思います)
格調高い英文ライナーノーツはざっと目を通すだけでしびれます。

アルバムコンセプトは明確、肝心要の音楽の完成度はべらぼうに高く、
加えてリスナーを唸らせる計算し尽された肌理の細かいレコーディング。

こんなにそろって、お値段お手頃価格!

もちろん国内でも購入できるし、amazonやiTune(New collegeではヒットしませんが、
なぜか Higinbottom先生のお名前で検索するとでてきます)でMP3ダウンロードだってできます。
このうえなく便利です。

聞き流すだけの音楽だったらデジタルコンテンツとして十分。
だけど。
じっくり聞きたい音楽は、音盤を手にする楽しみを味わいたい。

そういう方は、ぜひニューカレッジのサイトでCDをお買い求めください。

クリスマスシーズンとかぶらなければ、発送は迅速だしRoyal mailはヨーロッパからの送料のなかでダントツにお安い。
梱包はミニマムで丁寧です。

ニューカレッジのファンとしては
Buying directly from the Choir supports our future recording, touring and concert projects.
この一文に
「ええ、そりゃもう喜んでっ」ってつい、ぽちるわけです。

飾ってよし、聴いてよし、読んでよし・・・三方よし(意味違うか)でいうことありません。

曲目は。

Resonent organa à 3 et symphonies. Pro Sancta Cecilia
Tantum ergo sacramentum à 3
Ornate aras. Elevation à voix seule et Symphonie
Lauda Sion Salvatorem. Elevation à 2
O Domine quia refugium. Precatio ad Deum à 3
O misterium ineffabile. Elevation
Ad te levavi oculos meos, à voix seule et symphonie. Psal. [122]
Domine salvum fac Regem à 2
Exultent superi à 3 et symphonie

ひとことでいうなら少人数で奏でられる世界は透き通るよう。
英国聖歌隊が何故にフランスもの?なんていうのは野暮。
ヒギンボトム先生、フランスバロックはお手の物なんです。

四捨五入すると500年前の音楽、先生が少し手を加えて現代によみがえる世界は
聴いているだけで幸せな気持ちになります。

バッハのモテットを耳と脳をフル回転させて聴いた後なんかだと、
こちらのモテット(フランス語だとモテ)、旋律はやさしく、和声もすっきりとしています。
さらに、曲のタイトルと注意深く歌詞を聴いてはじめて on demandにしか神頼みしないワタシには 
あら宗教曲だったのねと気づくような、そんな印象の曲です。

今日こんなことがあったけど、これでよかったのかなあ、
いまこんなことを考えてるけど、神様どうでしょう?
なんていうちょっとパーソナルな距離感を感じさせる音楽だなあと思います。
・・ってワタシの場合は日本の神様ですけど。


さてニューカレッジはご存じのとおり、名トレブルの宝庫でございます。
数年に1人の割合で、聞き手を唸らせる高水準のソリストが登場します。
今回もlay clerkさんと互角いやそれ以上の美声とテクニックを惜しげもなく披露するソリスト君が二人おります。
それは華やかで知的な歌声だなあと思います。
まずはレコーディング当時のトップソリスト、
華やかでいて透明度の高い声Jonty Ward少年。
http://www.youtube.com/watch?v=UPJo9wpHU18

2012年にデッカからリリースされたイルミノーサ(ヒーリングミュージックアルバム進化版)にも登場していて、ダイアモンドのような華やかな歌声にちょっと注目してました。

そしてInigo Jones少年。
この二人の掛け合いが素晴らしいのが Lauda Sion Salvatorem. Elevation à 2



もちろんバックのトレブル君たちの合唱も相変わらず安定していて上手です。
ソロに起用されなくても、たとえコドモの期間限定の声であっても、
そのとき持っている才能を最大限に伸ばし、
水を漏らさぬアンサンブルに仕上げることができる指導者の力量を感じずにはいられません。
3年周期でメンバーが入れ替わってしまう団体(トマーナ800周年ドキュメンタリーで語られていた言葉ですが)において優れた指導者・音楽監督が変わらないことはとても重要なのですね。

あらら、ヒギンボトム先生退官されたのですね・・。
ありゃあ。
プロフィール

hiromian

Author:hiromian

日々のこと、少年合唱のこと、少しずつアップしてまいります

calendar
<10 | 2017/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。